スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
毎年恒例のSaxobankによる「トンデモ予想」。2013年はどうだったか。
2013-12-17 Tue 15:12

XAU

毎年Q4辺りにFX業者であるSaxobank「Outrageous Predicition」
「トンデモ予想」という予想を公表し、少しばかりネットを賑わせる。
常識に囚われない発想を促し、世界を様変わりさせるようなイベントに対し備えて欲しい、との思いかららしい。

例えば2011年末に公表した2012年の予想だと、http://goo.gl/zh2Cml

1. アップル株が2011年高値から50%下落する
× 2011年終値から73.5%程上昇し2012年に最高値を付けた
2. (債務危機で株式が短期間で25%下落し)EUが長い期間(一週間以上)に渡り銀行休業を発表
× 一時3ヶ月でDAXが18%程下落はしたが、結局はOMT発動で安定し通期で株価は上昇
3. 未だ公表されていない候補者が米大統領にまで登り詰める
× オバマ大統領が再選
4. オーストラリアが景気後退に陥る
× 2012年Q2から成長が著しく鈍化したが、景気後退にまでは陥らなかった
5. バーゼルIIIとその他規制でEU諸国の銀行50行の国有化が余儀なくされる
× バーゼルIII導入は延期され、スペインやキプロスなどで銀行国有化はあったが数行程度
6. スウェーデン(クローナ)とノルウェー(クローネ)がスイスフランに替り逃避先に
(スウェーデン、ノルウェー国債に資金が流入し独10年債より100bps以上利回りが下回る)
CHFNOK、CHFSEKは下落したが、独10年債が結局は逃避先に
7. SNBが市場に勝ちEURCHFは(年内に)1.50まで急上昇する
× 債務危機が進むに連れフロア下限辺りにほぼ張り付いた
8. USDCNYが10%上昇し7.00にまで上昇する
× 一時は年初来1.39%上昇したが、結局高値からは-2.6%下落しUSDCNY安で終えた
9. バルチック海運指数が100%上昇する
× いきなり1月から2月にかけて60%程度下落し、結局年末には年初来-58%程度
10. 小麦価格が2012年に倍になる
× 一時は19%程年初来で上昇したが、結局は年初9%弱で終わった

と、0.5/10点といったところだった。
基本的には「トンデモ予想」の名の通り当たらない


では2012年末に公表した2013年のトンデモ予想はどうだったか。 http://goo.gl/naapRp

1. 独DAX指数が33%下落し5000ポイントに達する
× 年初から終始上昇傾向で、今のところ18%弱の上昇率
2. 日本の主要な電機メーカーが国有化される
× アベノミクスで大分息を吹き返し、一応各社黒字化に成功
3. 大豆価格が50%上昇
× 夏場に掛け年初来15%弱の上昇を見せたが、現在は年初来-5%程度
4. 金価格が1200ドル/オンスにまで下落する
まさかの・・・・正解。
5. WTI原油価格が1バレル50ドルに達する
× 4月には86ドル台に下落はしたが、夏場には110ドル台に上昇し、今も97ドル台
6. USDJPYが60.00円に向かう
× 終始上昇傾向を見せた
7. EURCHFのペッグが破られ、0.9500にタッチする
× 欧州危機が鎮まり、5月には1.26に迫る程に上昇した
8. 香港が香港ドルの米ドルとのペッグ制を止め、人民元とペッグ制にする
× 未だ起こっておらず、性急に、しかも年末に起こるとは考えにくい
9. 国債利回りが10%にまで上昇し、スペインがデフォルトに近づく
× 今になってみれば年初から下落トレンドで、今の10年債利回りは4.07%
10. 米30年債利回りが倍になる
× 年初は3.04%、今は高止まりしているが3.88%程度と倍には程遠い

なんと、1つ当ってしまった
金価格が1200ドルまで下落する理由も当たっている。

「2013年の米景気回復の力強さが市場、特に金への投資家を驚かせる。この理由と低成長・失業率上昇に苦慮している中国・インドによる物理的な金への需要回復の不足が金流動化に拍車を掛ける。」

これはお見事。


Saxobankによると、今週にも2014年のトンデモ予想が発表されるらしい
当たらない、いや基本的には当たるべきで無い事ばかりだが、少し楽しみだ。


為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 相場分析・アノマリー | コメント:0 |
【更新】メジャー通貨の現状まとめ。中長期の見通しを整理してみる。
2013-11-14 Thu 03:55

【JPY】
・大規模緩和の影響で円高にはなりづらい
・未だリスク回避先としては一番で、株安時には買われやすい
・日経平均買い、円売りではセットになりやすい
・来年3月の消費増税辺りに追加緩和の可能性が残る
・最低でも向こう5年程は金融引締めの可能性が限りなく低い

【CHF】
・対EURで1.2000のフロアは未だ健在
・9/12時点で13/15人のエコノミストは2014年末かそれ以降までフロア維持予想
・欧州債務危機がかなりの規模で再燃しない限り、CHF買いは限定的

【CAD】
利上げバイアスは残っているが、低成長が続いている
 ※10/23のBOC会合声明で利上げバイアスを削除
プライマリーディーラーは2014年Q4の利上げを予想
 ※11/6時点で利上げ予想次期が2015娚Q3に大幅後退
・最近は原油高が落ち着いてきており、CADにはマイナス

【EUR】
・信用は一度落ちる所まで落ちたので、今後余り落ちる余地が無い
・OMTという一度も発動していなくとも核兵器並みの威力を持つ武器がある
・最近は南欧諸国も景気回復の芽が出始めていて、雰囲気は明るい
多少の追加利下げ、新LTRO実施余地は残るも余程逼迫しないと実現しなさそう
 ※11月ECB会合で25bp利下げを行い、実質的なゼロ下限と見られている
・残りの弾薬(追加緩和の手段)が乏しい=EURを売りにくい=底堅い
・1.37 – 1.40辺りになると欧州高官からEUR高への懸念が出やすい
プラート理事が11/13にマイナス金利・QE導入の可能性について示唆

【GBP】
・現在、追加緩和を必要と思っている理事は0名
・最近は景気回復が著しく、エコノミストの大半は成長を維持出来ると予想
・対USDではここ2年程の高値圏だが、対EURではそうでも無い
・デール委員が先日twitterで答えたように、よってGBP高懸念は現在見られない
・BOE予想より1年早い2015年後半の利上げ開始を市場は期待している
11/13のインフレレポートで41%の確率で失業率が来年末までに7%を下回ると指摘
・となると市場の期待以上に利上げが早まる可能性がある

【AUD】
・一時期より中国経済への懸念が後退している
・中国翌日物レポ金利の急騰、上海総合指数の上値切り下げなど、中国要因は不安定
BofAMLの11月FM調査では現在中国ハードランディングが最大のテールリスク
・株高が続いている時は高ベータ通貨の代表格であるAUDは選好されやすい
・現在RBAは過去最低金利まで引き下げた後、完全に様子見姿勢
・RBA理事達はAUD高によっては利下げも持さない考えで、小幅な利下げ余地は残る
・AUD高が最大の懸念で、進行具合によっては口先介入や政策行動も有り得る

【NZD】
2011年高値までは300pips程度あるが、NZD高への懸念はあるはず
RBNZ金融安定化報告ではNZD高懸念が若干トーンダウンしたように見られる
 still overvalued → elevated
・2011年高値の0.88ドル台に近づくに連れNZD高牽制は出るはず
・住宅市場の過熱から利下げ余地は無いに等しく、来年からの利上げを明言している
・過去に口先介入やNZD売り介入を突然実施した実績が何度もある
・Westpacは4月に利上げをすると予想、JPMはQ2と予想

【USD】
・政治に振り回されTapering実施時期が未だ不透明な状況
・だが遅くとも来年春までにはTaperingが始まりEasingからAccommodationへ移行
・失業率6.5%到達時期は2014年後半と2015年の二つに分かれている状況
10月政府機関閉鎖の影響を感じさせないような好調な米指標の発表が続いている
10月分NFPを受け、6ヶ月NFP平均値は9月FOMC前の水準以上に回復
・金融引締めを印象させる行動を取るのは恐らくメジャー通貨国で一番早くなる
14日24時~のイエレン次期FRB議長の公聴会が鍵になる
イエレン氏はハト派として知られるが、一方で来年はかなりタカ派な2名が投票権を持つ



現在の追加緩和余地: JPY >> EUR > AUD > CAD、CHF > GBP > USDNZD
通貨高の容認姿勢: CHF > JPY >>> AUD、EUR > NZD > GBP > CADUSD

中期的に買われやすい通貨: USD、NZD、GBP
中期的に売られやすい通貨: JPY、AUD


依然として妙味が有るのはやはりJPYショート
シンプルに考えれば、特に引き締めバイアスのある対USD、NZD
CADは引き締めバイアスを削除し、一転ニュートラル。
利上げ次期が前倒しになりそうなGBPでも株高、円安シナリオでは悪くないと思う。
追加施策が無い限りEURの下値は限定的だが、ここに来てマイナス金利やQEの話も。
不透明さが増したのは確かで、EURロングの妙味は一気に薄れたかも知れない
AUDも商品下落や中国の不透明さ、早期Taperingへの思惑から売られやすい。
鉄鉱石価格は安定しており、今のところは安定してレンジ内での推移。
Taperingが現実の物となると、EM売り+株売り+商品下落でAUDはかなり脆弱に。
Taperingの実施時期の不透明さ米議会の再度の混乱という要因は残るが、それも
遅くて2014年春までで、早期Taperingへの思惑からUSDはかなり底堅いだろう。

USD、NZD辺りは来年Q1、Q2辺りにほぼ確実に、実際に引き締め行動に
年末~来年初めからは対USD、NZD後半には対GBPでのトレードが熱くなりそうだ。

※全て個人的な見解です。


為替・FX ブログランキングへ

別窓 | 相場分析・アノマリー | コメント:3 |
ひと昔前はこんなに値幅があった。何故最近は値幅が小さいのか。
2013-11-04 Mon 17:49

最近は値動きが少ない
値幅があってもジリ安、ジリ高が多く、動意が薄い

例えば月足でEUR/USDを十数年分見てみる。

EURUSD

チャートの都合上2年ごとに値幅を算出したが、

2000~2001年:2184pips 2002~2003年:3365pips 2004~2005年:2026pips
2006~2007年:3305pips 2008~2009年:3689pips 2010~2011年:3264pips
2012~2013年:1789pips

と、こんなに少ない。
率で見るともっと悲惨だ

EURUSD %


昔のNFPの画像を拾ってきた。

Jan 04 2008 NFP USDJPY
2008年1月4日 USD/JPY 初動:96pips 値幅:134pips

Jan 04 2008 NFP GBPJPY
2008年1月4日 GBP/JPY 初動:163pips 値幅:235pips

Feb 01 2008 NFP GBPJPY
2008年1月4日 GBP/JPY 初動:126pips 値幅:220pips

最近の相場に慣れた人、一昔前の相場を知らない人ならば初動で100pips以上動いたら腰を抜かすだろうか。
指標で値幅が100pips、200pipsを超える事は珍しくは無かった
キャリー・トレード全盛期などは、EUR/JPYやGBP/JPYが1日に100pipsしか動かないとびっくりしたものだ
1日の値幅は200pips、300pipsはあって当たり前、というのが普通の認識だったと思う。

年初 2008 GBPJPY
2008年1月2日 値幅:2時間で400pips程度 変化率-1.94%

こんな事も珍しくは無かった。
今の時世、2時間で400pipsでも動いたらきっとトレーダーもディーラーも疲れ果ててしまうだろう
この脅威の値幅があったからこそGBPは「ポン様」と讃えられ、また恐れられた訳だ
最近のポン様はもはやポン様とは呼べない。

Mar 31 2008 GBPJPY
2008年3月31日 値幅:2時間半で326pips程度 変化率:+1.66%
http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=5347

Apr 01 2008 GBPJPY
2008年4月1日 値幅:半日で464pips程度 変化率+2.36%
http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=5536

Jun 02 2008 GBPJPY
2008年6月2日 値幅:3時間で269pips程度 変化率:-1.29%

200pipsを超える値幅など、今ではBOEインフレレポート位でしか見れないだろう
2008年は金融危機という特殊要因はあったが、それ以前も200pipsという値幅は不思議では無かった。


何故そんなに値幅があったのか

Jul 24 2008 RBNZ NZDUSD
2008年7月24日 値幅:79pips 変化率:-1.05%

例えばこのRBNZで大方の予想に反して政策金利が25bp引き下げられた際のNZD/USD
値幅は79pipsと、政策金利が市場予想と反した時の値動きとしては小さいかも知れない
が、変化率で見れば-1.05%で、今のUSD/JPYに換算すれば100pips程度の値動きだ

同じ時のEUR/NZDを見れば分かりやすいかも知れない。

Jul 24 2008 RBNZ EURNZD
2008年7月24日 値幅:229pips 変化率:+1.09%

値幅自体は3倍程の229pipsだが、変化率としては1.09%とほとんど大差ない
結局のところ市場というのは値幅ではなく、変化率(パーセント)の世界
ボリンジャーバンド、VaR、ブラック・ショールズ・モデル・・・ 金融の中心は所詮パーセントだ。

2007年にGBP/JPYは250円と今では考えられない程高かった
250円ならば、1%で2.5円なので250pips
対して今は157円なので、1%は157pipsにしかならない
スプレッドは当時よりかなり縮小したとは言え、値幅がこれだけ小さくなってはやはり取りにくい。

最近ドルストレートでは無く対EURでAUD、NZD辺りのトレードが旺盛なのもそれが理由なのかも知れない。
今年4月から8月に掛けて、EUR/AUDは2812pips上昇し、変化率は+22.94%だった
それに対しAUD/USDは1734pipsの下落で、変化率は-16.39%
AUDでは無くEURのファンダメンタルズの好転という要因はあるが、それを差し引いても値幅の違いは一目瞭然だ。
どの程度のボリュームでトレードするかは別として、1000pipsも値幅が大きければ断然大きいほうが魅力的だろう

だが所詮EUR/AUDEUR/NZDマイナー通貨で、値もかなり跳びやすい
スプレッドは広いし、流動性もドルストレートと比べて圧倒的に違う
つまり、それなりにリスクが高いのは確かだ。


他にも相場が動かない原因は色々とある。
・過剰流動性相場 → 金融政策で大量のマネーが流れこむとボラティリティは通常低下すると言われている
・金融政策の限界 → 個別の指標が金融政策を左右しないので、相場に流れが出来にくい。
・慢性的なテーマ不足 → 通常の相場では金利の上下がメインドライバー。金利が上下しない今、テーマは生まれにくい。
・緩慢なCPIの変動 → 下のブログ記事のトップ画像のように、通常の相場ではCPIは大きく通貨と金利を左右する
 (http://kuronekoislandfx.blog.fc2.com/blog-entry-257.html)
・リスクテイク能力低下 → 銀行の体力低下リスクテイクに対する当局の規制など。
・ヒューマンディーラーの削減 → マーケットインパクトを極力抑えようとアルゴリズムが年々台頭している。
・為替市場の肥大化 → 一昔前、為替は3兆ドル/日の取引量と言われていたが、今や5.3兆ドル/日
 (http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MSNZ636S972Y01.html)

一言でまとめるとつまり、「100年に1度の金融危機の余波」という事に尽きる。

金融危機が一度起きると、値幅が大きいので大きく稼ぐチャンスとなる。
だがそれが大きければ大きい程失うものは大きく、その後の反動というものも大きい
2008年の信用収縮から5年が経つとは言え、長い目で見ればまだまだ傷を癒している段階だ
時間的調整が完了し金融市場が正常化するまでには少なくともあと2、3年は掛かるだろう。
来年からRBNZは利上げをするが、やはりG3、G10主要国で政策金利が動かないと方向感は出にくい思う


あと何年掛かるか分からないが、いずれ市場が正常化し値幅が戻ってくる日は必ず来る
焦って過度にリスクテイクをせず、気長に構えて待っているべきなのだろう。



為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 相場分析・アノマリー | コメント:0 |
米指標から今日の米雇用統計を予想してみる。
2013-10-22 Tue 15:23

US unemployment
白:米自動車販売台数(反転) 黄:米失業率

まずは米失業率:予想7.3%、前回7.3%
この指標は、米自動車販売台数との相関性がかなり高い。(上記チャート)
自動車販売台数が下振れしたからと言って必ず米失業率が上振れする訳では無いが、参考にはなる。
これから察するに、米失業率は下振れの可能性は低そうで横ばい若しくは上振れ(=悪化)する可能性は高そう

続いて非農業部門雇用者数:予想180k、前回169k
これはかなり予想が難しい指標で、しょっちゅう大きく乖離するからこそ相場も動く
はっきり言って予想したところで外れる可能性は高いが、それでも一応予想してみたい。

まずは9月に発表となった雇用関連指標・センチメント指標を整理してみる。
尚、JOLT求人労働移動調査は7月分のものが2ヶ月遅れで発表されるで省いた。
小売売上高や鉱工業生産などのその他マクロ指標は1ヶ月遅れなので、それらも省略。
またセンチメント指標の雇用指標には予想は無いので、単純に前回と比較した


【雇用関連指標】

新規失業保険(9/7) 予想:330k 結果:292k (修正→294k) -38k (-36k) ↑↑
新規失業保険(9/14) 予想:330k 結果:309k (修正→311k) -21k (-19k) ↑↑
新規失業保険(9/21) 予想:325k 結果:305k (修正→307k) -20k (-18k) ↑↑
新規失業保険(9/28) 予想:315k 結果:308k (修正無し) -7k ( - )
ADP雇用統計 予想:180k 結果:166k -12k
ISM製造業・雇用指数 前回:53.3 結果:55.4 +2.1
ISMサービス業・雇用指数 前回:57.0 結果:52.7 -4.3 ↓↓
NY連銀・雇用者数 前回:10.84 結果:7.53 -3.31
シカゴPMI・雇用指数 前回:54.9 結果:53.2 -1.7


【センチメント指標】

NY連銀製造業景気指数 予想:9.10 結果:6.29 -2.81
ミシガン大学消費者信頼感(速報値) 予想:82.0 結果:76.8 -5.2 ↓↓
ミシガン大学消費者信頼感(確報値) 予想:78.0 結果:77.5 -0.5
PA連銀製造業景気指数 予想:10.3 結果:22.3 +12.0 ↑↑
CB消費者信頼感 予想:79.9 結果:79.7 -0.2
シカゴPMI 予想:54.0 結果:55.7 +1.7
ISM製造業 予想:55.0 結果:56.2 +1.2
ISMサービス業 予想:57.0 結果:54.4 -2.7 ↓↓
マークイットPMI速報値 予想:54.0 結果:52.8 -1.2
マークイットPMI確定値 予想:53.1 結果:52.8 -0.3

ざっと纏めてみたが、方向性は見えない。

パッと見、NFPはISMサービス業・雇用指数、NY連銀製造業景気指数・雇用指数との相関性が高い
それらを同時に表示してみたのが下のチャート。

US NFP
黄:NFP、ピンク:ISMサービス業・雇用指数、白:NY連銀製造業景気指数・雇用指数

両方とも9月分は8月より数値が低下しており、これらだけを見るとNFPは下振れの可能性が高いように見える

ISMサービス業・雇用指数 前回:57.0 結果:52.7 -4.3 ↓↓
NY連銀・雇用者数 前回:10.84 結果:7.53 -3.31


個人的な予想としては、米失業率は予想通りか予想より悪化
そしてNFPは小幅悪化~大幅悪化
(投資は自己責任で。)

あと6時間後、結果は如何に。



為替・FX ブログランキングへ

別窓 | 相場分析・アノマリー | コメント:0 |
QEやツイストオペを導入した際の各通貨の反応をおさらい。
2013-09-17 Tue 22:14

EUR/USD QE1
QE1 EURUSD (2009_3_18)

EUR/USD バーナンキ議長講演@ジャクソンホール
JH EURUSD (2010_8_27)

EUR/USD QE2
QE2 EURUSD (2010_11_3)

EUR/USD ツイストオペ
TO EURUSD (2011_9_21)

EUR/USD QE3
QE3 EURUSD (2012_9_13)

 

AUD/USD QE1
QE1 AUDUSD (2009_3_18)

AUD/USD バーナンキ議長講演@ジャクソンホール
JH AUDUSD (2010_8_27)

AUD/USD QE2
QE2 AUDUSD (2010_11_3)

AUD/USD ツイストオペ
TO AUDUSD (2011_9_21)

AUD/USD QE3
QE3 AUDUSD (2012_9_13)


ドルストレートの代表であるEUR/USDと、リスク資産や新興国通貨に影響を受けやすいAUD(/USD)のチャート。

QE1は予想外にハト派な内容大幅ドル売り
バーナンキ議長講演@ジャクソンホールは、結局は緩和を示唆する内容で全戻し以上となり結果ドル売り
QE2短い時間で大幅な全戻しを達成するも、結果としてはドル売り
ツイストオペ導入時は、米株の大幅下落に加え、一部で準備預金金利の引き下げ観測もあった為、小幅にタカ派でドル買い
そしてQE3はまた10分も掛からずに100pip程度の全戻しその後はドル売りに

こう整理してみると、サプライズの場合はその方向に、織り込んだ内容でも結局は全戻し後にドル売りとなった
となると、Taperingで織り込まれている通り100億ドルの米国債のみの減額であれば、まずは全戻しするか
その後は結果としてリスクオンでドル売り事実売りで米長期金利安金利差で更にドル売りのシナリオは有り得る
今までの逆、と想定して全戻し後に結果ドル買いになる可能性も否定は出来ないが、ドル安の可能性は高いように思える。
150億ドルの減額MBSを含む可能性も無い訳では無く、だとすると100億ドル一先ず安心してドル買いでは無いだろうか。

現状ドル円の100円以上が重く一旦3%付近まで上昇した米国債が更に買われるとは想定しづらい
となると、現状のトレンドが続行する → ドル売り、株高 と考えるのが自然な気がする。
(もし違う意見があったら教えて頂けると参考になります。)

ドル円米株のリスクオン/オフに左右されやすいし、長期金利にも影響を受ける
その為、ツイストオペ導入時に大幅ドル高になったにも関わらず、リスクオフの影響であまり上昇はしなかった
過去の動きを分析し、戦略を立ててトレードする通貨としては不向きかもしれないが、念の為にチャートを。

USDJPY QE


さて、あと29時間後



為替・FX ブログランキングへ
別窓 | 相場分析・アノマリー | コメント:0 |
BACK | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。