スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
AU Employment Change on February 16, 2012
2012-02-16 Thu 10:33


対象: AU Employment Change Data
予想: +10.0k
結果: +46.3k
乖離: +36.3k

新規雇用者数は大幅に上ブレ失業率も予想5.3%で実際は前月5.2%より低下の5.1%という内容。
1分でものの見事に60pipsの大陽線で、Fiboが機能するには十分な値幅
機能する値幅売買が活発化・交錯するには十分な乖離で、例えば0%→23.6%の間でスプレッドを
 差し引いても利益が見込める値幅。今日の場合は大よそで14pips程なので、スプ引いて12pips程度。)

てっぺんの1.0738あたりからは次の足で早々に23.6%まで下落
まず上からのスケーリングインでのショート一段目を早々に買い戻し。
次のポイントとしては、bidで1.0730あたりの上の重さがあり、何回も戻されていたので、
そこからのショート目標は38.2%辺りで4~5pips程。
ここは既に勢いが低下してきているので、ロットは抑え目
次は38.2%を勢い良く割って50.0%に近づいた際の、押し目でのロング
ユーロドルが下値を試しててオージーにも波及する気配はあったが、指標の数値を考えれば押し目はロング。
安全に38.2%までならば3pips程度、更にリスクを取ってホールドしたならば、23.6%
それか先ほど上値が重くなって戻されたポイントの、1.0730あたりだっただろうか。
最後にやはり1.0730あたりを明確に抜けずに何度も戻されたので、そこからのショートも有りだった。
(加筆:その後SMA75を下抜け、SMA100とFibo50.0%も抜けて61.8%へ。1.07より下はSMA200で堅い。)

Fiboで計ってのトレードがメインだったが、TLも普通に機能していたので、割と取りやすかった感はある。
今日は22時半に米新規失業保険給付者数がある程度で、スペイン債入札米住宅指標
米PPI、地域銀行についてのバーナンキFRB議長講演TIIPS債入札等はノイズ程度
若干のリスクとして、大幅な乖離が出やすいフィラデルフィア連銀景況感指数が0時にある。
まだまだ、市場のテーマはギリシャ支援政治問題、それとPSI交渉の行方
ヘッドラインリスクが大きいので、安易なポジションのホールドには要注意
スポンサーサイト
別窓 | 指標 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<UK BOE Minutes on February 22, 2012 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | UK BOE Inflation Report on February 15, 2012>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。