スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
BIG DAY!注目のLTRO2、ISDAの見解、バーナンキ議長の議会証言
2012-02-29 Wed 18:04
月末で為替も動意付く可能性が高い中、今日は更に注目のイベントが目白押し。

19:15~19:20 LTRO2 結果発表
22:30 US GDP(改定値)
23:42 US シカゴPMI
24:00~ バーナンキFRB議長 下院議会証言
28:00辺り ISDAによるギリシャ国債の信用事由についての見解発表

記憶に新しい、ドラギ・マジックと称えられているLTRO2がまず19:15~19:20あたりに発表。
前回は銀行の資金繰りが逼迫していてクレジットクランチに繋がる可能性があった中での
LTROだったので、予想を上回る€489blnで発表直後はリスク選好のドル売りに繋がった。
(その後程なくして、材料出尽くし+隠れQEとの見方でドル買戻し。)
が、今回はどう反応するかは未知数で、見解は真っ二つに分かれている。

Klug(が参考にした記事)では、予想の範囲内=ユーロ上昇大きく上回る=ユーロ売り
C-NEXの某銀行(PBのシティ?)の朝会レポートでは、落札額以上=ユーロポジティブ
http://www.monexfx.co.jp/market/amaya/ この方は予想以下=ユーロ↑予想以上=売り
http://fx-blog.jp/yamaoka/index.php?ID=799 山岡さんは、少ない額=ユーロ売り
つまりは、激しく上下する可能性が高く、短期のスキャルピング向け相場という事。 
以下がLTRO1のEUR/USDAUD/USDAUD/JPYUSD/JPYのM1チャート。
見る限りは、ドル円は関係無く、リスク選好ユーロ・オセアニア通貨買いになるかどうかだろう。
最近はリスク選好=ドル円買いでもあるので、リスクオンならAUD/JPYが最良かも知れない。



29日のLTROに関してのロイター調査。
30人マネーマーケットトレーダーへの調査で中央値が€500bln
29人中26人は、これが最後のLTROとなると見ており、ユーロにはポジティブ
63人エコノミストへの調査でも€492bln
やはり€500あたりが中央値で、基準となる額だろう。
面白い事に、米系銀行は予想以上を、欧州系銀行は予想以下の額を見込んでいるらしい。
地理的に実体経済を肌で感じられる欧州系銀行には注目したいところではある。

US GDPは改定値なので然程インパクトは無いだろうし、シカゴPMIもノイズ。
極端に良ければリスクオン相場をブーストさせる可能性は残るが、あまり重要では無い。
24時~のバーナンキFRB議長の議会証言では、景気見通しQE3の有無が伺われる。
米景気については足元明るいデータが揃っているが、慎重な見通しは変わらず、
QE3については依然含みを残す程度で、総じてインパクトが薄いのでは無いだろうか。
ISDAによるギリシャによる債務再編が信用事由に当たるかどうか、判断が下されるのが朝方。
9割方政治的圧力によりCDSトリガーを認定しない、とのコンセンサスがあるようだ。
但し3月にはCAC適用後に再度ISDAが会合を開く模様で、予断は許さない。
zerohedgeさんによると、最新の調査ではギリシャ国債CDSがネットで32億ドルと、
それ程大きい額では無いので、その点は救いでは無いだろうか。
むしろCAC適用後もISDAが認定しない方のが、国債市場の混乱を引き起こす可能性がある。

さて、あと1時間ちょっと。
スポンサーサイト
別窓 | 相場分析・アノマリー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<LTRO 2 on Feb 29, 2012 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | UK BOE Minutes on February 22, 2012>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。