スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
CA BOC Interest Rate Statement on March 9, 2012
2012-03-09 Fri 14:36


対象: BOC Interest Rate (Statement)
予想: 1.0%
結果: 1.0%
乖離: ±0%

BOCは予想通りの政策金利据え置き
景気刺激策の縮小に関しては振れなかったものの、Q1の成長見通しの上方修正を受けCAD高。
USD/CAD0.9954から0.9914あたりまでおよそ40pipsの下落。
今回もCADらしく徐々にMAに沿って下落し、下値を更新しては巻き戻しながらの展開。
上下に明確に振れながらある程度の値幅を持って推移するので、スキャルピングには絶好の機会。

40pips下落後は23.6%38.2%を徐々に回復し、そこらへんで停滞する展開に。
ゆっくりと戻る目安としてはCADにもFiboは使えるとは思うが、下の画像の様な使い方も有る。



発表直後に勢いを伴って下落した後の、反発や終値の目処を予測するのには大変有用で、精度も高い。
押し目買い戻り売りTP1TP2SLなど、色々と応用は効く。
ただしスプレッドがきちんとカバー出来て、例えば23.6% - 38.2%にある程度の値幅が無いと意味は無い。

さて15時には大注目のPSI参加率の発表。
現状、ギリシャ高官からのリークで90%を越えるとの期待が高まっており、市場も安定している。
90%越えなら取り敢えずはリスクオンでドル安・円安、下回ればCAC適用の不安感で反落だろうか。
80%台前半ならCDSトリガーの可能性が高まり即下落、80%台後半だとmoderateな感じもする。
その場合は本日22時~のEU財務相電話会議でのCAC適用の有無に注目が集まるか。

ここに結果が載るらしいが、恐らくこのサイトは非常に重くなり、通信社の方が早く伝ええるだろう。
取り敢えずは蓋を開けてみないと分からないので、この後は固唾を呑んで見守るしかない。
スポンサーサイト
別窓 | 指標 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Sから始まるオーストラリアのブローカー。SHIT | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | Mitsui FX?三井FX?w>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。