スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
UK BOE Minutes on March 22, 2012
2012-03-22 Thu 22:43


対象: Votes on the expansion of Quantitative Easing
予想: 9-0 ?
結果: 7-2
乖離: 2 votes

先月QEの額を£50bln増額した矢先のMPCなので、恐らく全会一致で据え置きと見られたのだが、
蓋を開けてみるとポーゼン委員マイルズ委員2名が早々に£25bln拡大を主張、とのヘッドライン。
ギリシャ問題が一先ず落ち着き、リスク資産が堅調に推移している中、まさかの出来事だった。

GBP/USD50pips程の下落。
然程長く下落は続かず、下値のTL、支持ライン、抵抗ラインに挟まれ上にブレイク。
教科書通りに抵抗ラインが次は支持ラインに変わり、押し目にしてSMA75をブレイクしSMA100の手前で失速。
GBP/USDは指標後の下落の場合、スプレッドを余裕でカバー出来る程の値幅の、数十秒~数分単位での
程良いfluctuation(上下に振れる事)があるので、スキャルピングにはかなり適したペアだと思う。
小気味良くブレイクし、戻して再度下を狙ってまた戻したり、下がある程度堅いとなればすぐ買戻しが出る。
投機通貨と呼ばれるだけあって、大きなフローが出ていない時は非常に読みやすい。

ちなみに上記のBOE公式サイトには、30分を過ぎて大体数秒~数十秒でMPC議事録要旨のPDFが載る。
情報端末には敵わないものの、Ctrl+Fでキーワードを探し、20~30秒後に自分で結果を知る事も可能。

スポンサーサイト
別窓 | 指標 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<NZ GDP on March 22, 2012 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | CH SNB Monetary Policy Assessment on March 15, 2012>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。