スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - US WEEK。WSJの記事により急遽FOMCに視線が注がれる事に。
2013-07-27 Sat 02:33

7/29 (月)
23:00 (US) 
 中古住宅販売件数、住宅販売保留 - 動いて10pips程度。

7/30 (火)
12:05 (AU) 
 スティーブンス総裁講演 - うつ病患者等の支援団体主催の昼食会での講演。関係無さそう。
23:00 (US) 
 CB消費者信頼感指数 - 最近は動きが鈍いが、下方向のストップは巻き込まれやすいか。

7/31 (水)
21:15 (US) 
 ADP雇用統計 - NFPを占う上では重要だが、戻しやすい指標。
21:30 (US) 
 GDP Q2速報値 - イメージとしては、下ブレしやすいという印象。
 〃 (CA) 
 GDP m/m - 月次GDPな上に米GDPと同時刻なので、あまり影響ないだろう。
22:42 (US) 
 シカゴPMI - 22時42分に会員向けに発表され、45分には軽度の事実売り・買いになりやすい
27:00 (US) 
 FOMC会合 - 利上げ開始の目安となる失業率6.5%が6.0%に変更の可能性もある。

8/1 (木)
10:00 (CN) 
 中国製造業PMI - 公式のPMIなので、極端な下振れは無いように思われる。
10:45 (CN) 
 HSBC製造業PMI - 改定値なので影響は限定的。
16:13 (SP) 
 スペイン製造業PMI - 今はスペインへの注目度は低い。
16:43 (IT)  
 イタリア製造業PMI - 同じく、イタリアへは市場の視線は注がれていない。
16:48 (FR) 
 フランス製造業PMI - 改定値なので影響は限定的。
16:53 (GE) 
 ドイツ製造業PMI - 最近この指標への注目度が下がっている上に、改定値。
17:28 (UK) 
 英製造業PMI - 英PMIは欧州PMIとは違って動きやすい。
20:00 (UK) 
 BOE会合 - 政策金利、QE枠の両方共据え置きが確実視されているが・・・
20:45 (EC) 
 ECB政策金利 - BOEと同様に据え置きが確実視されている。
21:30 (EC) 
 ドラギECB総裁会見 - 前回、唐突に微妙なフォワードガイダンスを始めたので注意したい。
 〃 (US) 
 新規失業保険申請件数 - NFP直前なので、普段よりは多少動くかも知れない。
23:00 (US) 
 ISM製造業景況指数 - NFPを控えているのでかなり重要。大きく動くだろう。

8/2 (金)
10:30 (AU) 
 PPI q/q - 先日のCPIを受け利下げ確率が下がっているが、一応PPIにも注目してみたい。
21:30 (US) 
 NFP失業率 - 今回のNFPが良ければ9月QE縮小は規定路線に。



元々は、中銀会合はサプライズ無しでNFPだけに注目が集まっている週になるはずだった
が、BOEFEDにはそれぞれサプライズがある可能性が出てきたので、慌ただしくなるかも知れない。

まずはBOE
西原さんと共同でメルマガを配信している、欧州事情に非常に詳しい松崎さんが配信してくれた記事によると、
BOEが聞きなれない"remuneration rate"という金利を引き下げる可能性が50%ある、との事。
日本語での解説や日本語の記事を探してはみたが、それについてはサッパリ見つからない。
リンク先の記事では、"The remuneration rate.... is the rate given to UK banks that pari their reserves
with the BOE" とあるので、ECBの中銀預金金利や日銀の超過準備金利と同等のものだと思われる。
もし引き下げが行われれば、そのショックはかなりのものになるだろう
が、ゴールドマンサックス以外でそのような予想は聞かないし、話題にもなっていない
五分五分の可能性とまで言い切る根拠が分からないが、カーニー総裁のサプライズには注意すべきだろう。

そしてFOMC
元々は金曜日のNFP次第で9月のQE縮小が行われるか決まる、と目されていたものが、突如WSJの著名
FEDウォッチャー、Hilsenrath氏(画像)の記事により、金利ガイダンスの変更の可能性が取り沙汰された。
利上げ開始のゴーサインである失業率6.5%目標が、6.0%にまで引き下げられる可能性あるらしい。
真偽は勿論不明だが、実際にそうなればUSDロングの大幅な巻き戻しは避けられないだろう

前回のFOMCでは大きくUSDが買われUSD/JPYはリスクオフを跳ね除けて大幅上昇した
それを考えると、例え株式がリスクオンとなってもUSD/JPYUSD売りの流れで下押しするかも知れない。
それよりは、USDストレートの買いを主体に行った方が単純明快でやりやすいか。
ただし、既にUSDロングの巻き戻しは進んでおり仮に何もなければ反動も大きいはず
何もなくても、何かあっても大きく動くFOMCになりそうだ。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - RBAとBOEインフレレポート。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - PMIウィーク。参院選の余波が気になるが、夏休みに向けて動かなくなりそう。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。