スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - MSCI IndexのリバランスとNFP。
2012-05-26 Sat 01:52


5/28 (月)
18:10 (IT) イタリア2年物ゼロクーポン債入札 €2.5 - 3.5 bln、3カ月物(?)T-bill €0.5-0.75 bln

5/29 (火)
18:10 (IT) イタリア6カ月物T-bill €8.5 bln → イタリア国債入札への関心は現状、かなり低い。
23:00 (US) CB消費者信頼感指数 → 景気先行指標であるセンチメント指標へは反応しやすい。

5/30 (水) 
10:30 (AU) 小売売上高 → 金利先安観が依然優勢なAUDなので、反応しやすい地合い。
18:10 (IT) イタリアBTP/CCTeu入札

5/31 (木)
21:15 (US) ADP雇用統計 → NFPとの相関性は低いが、翌日に向けて反応は大きくなる可能性大。
21:30 (US) GDP改定値、新規失業保険申請件数 → GDPは遅行指標だが、下ブレなら持続的な反応も。
22:42 (US) シカゴPMI → 45分ではなく42分に発表されているので注意。
---- (--)  MSCI Indexのリバランス絡みのフローに要注意 → 半年に一回のイベント。FIX前後に注目。

6/1 (金)
10:00 (CN) 製造業PMI → HSBC製造業と調査対象が大分違うので比較は難しいが、下ブレは怖い。
17:28 (UK) 製造業PMI → 現状追加QEは遠のき、NFPを控えているので反応は薄いか。
21:30 (US) 非農業部門雇用者数、失業率、ほか → 来月ツイストオペが終了するので、非常に重要な指標。
 〃  (CA) GDP m/m → 米NFPの陰に隠れるので、ほぼ影響は無し。
23:00 (US) ISM非製造業景気指数 → ISMサービス業なので、NFP後だと余計に影響は薄め。

週初はアメリカが祝日で、ギリシャ再選挙まで時間があるなか、ゆったりとしたスタートになりそう。
火曜夜~水曜朝、木曜夜~金曜日が忙しいだけで、Sell in Mayの5月が終わってムードは停滞か。
NFPが極端な数字になれば、6月にツイストオペを終了するFedが何か追加策を出してくる可能性、
蓋然性は高まるが、6月は間違いなくギリシャを巡る騒乱が中心となるので、NFPの影響力は不透明。
6.17のギリシャ再選挙へと向けてヘッドライン相場の様相が一層強まるのは必然で、そう考えると
NFPが良い数字だったとしても、翌月曜日、火曜日辺りには消え去っている可能性が高いも知れない。

31日はMSCI Indexのリバランスがあるようで、それに絡んでフローが出る可能性があるらしい。
いつかは覚えていないが、やはり以前それに絡んだフローで大きく動いていた覚えはある。
半年に一回のイベントなので、ロンパチやロンドンFIXなどの節目を楽しみにしていたいところ。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トレーダーとして成功するには。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 中長期的なポジショニング。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。