スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
トレーダーとして成功するには。
2012-05-28 Mon 02:27

上から目線にならないよう、今日は敬語主体で。

まず、何故このブログを始めたかを説明しておきたいと思います。
BNFやcis、それに歴史に残る投資家は非常に優れた頭脳を持っていますが、僕は持ち合わせてはいません。
日々勉強して、日々相場と向き合って経験値を積み、その経験をより脳に刻む為にはチャートを保存したり、
動画キャプチャーを撮ったり、また文章にして脳みそを整理する事で、常に学ぶ姿勢を保っているつもりです。
他人に相場感を披露してお金を稼ぎたいからでは無く、あくまでも自分自信の勉強の為に続けています。
生粋の天才であればそういった事は必要無いかも知れないですが、そうはなれませんでした。

本屋で「○万をFXで稼ぐ」なんて本を手に取り、指標であれだけ動くのであれば簡単に利益を出せると盲信し、
意図も簡単に原資を日々減らし意気消沈し、そこまで切羽詰まってようやく本気で勉強を始めた一年目。
RBNZが金利を上げたというニュースをFX WAVEで見て、ロングしか無いと馬鹿みたいに確信して100枚張り、
その後RBNZの金利先高感が声明文で打ち消され、あっという間に70pips逆行して吠えたりしていました。
会社員と言う職業に全く魅力を感じず、思い切りだけは良いので専業トレーダーとして生きていく道筋、
悪く言えば、失敗すればニートとして堕落する道を着々と辿っていた為、それからは本当に必死でした。
起きて即パソコンで情報収集、昼も夜も深夜もありとあらゆるサイトを巡り、寝ようとするも将来の不安から
安々と眠る事も出来ず、何とか生きる手段を見つけようと、それは今の比では無い程がむしゃらにやってました。

その時の相場感や理解力は、今思えば本当に悲惨なものです。
特に1年目の時は、市況2の本スレや初心者スレで質問をしたり、上手くいかないと嘆いていました。
また、検索の仕方や、情報の仕入れ方というのも、今に比べてかなり稚拙なものだったと思います。
買っている投資家の手法を検証したり、単に有名なテクニカルを検証して組み合わせてみたり。
まぁよくある話で、99%のトレーダーが辿って失敗する道だと思います。

大まかに言えば裁量派とテクニカル派に分かれると思いますが、結局テクニカル派なんて言葉は、
完全にシステムを組んで裁量の余地が一切無いシステムトレーダーにのみ与えられるものであって、例えば
200日移動平均線を使っているからと言って、それが何を意味しているかというものは個人の経験や能力に
大きく左右されるもので、テクニカルを使っていても裁量トレーダーの域を全く脱していないと考えています。
つまりは、テクニカルを表示させてトレードしているからと言って、トレーダーはテクニカルインジケータそのもの
を見ているのでは無く、テクニカルを通して相場をフィルターして見ているのであって、結局は裁量の余地が
大きく、その裁量(相場感や経験、相場の方向性やコンセンサスを汲み取る力)を養う必要があると思うんです。

今の時代、知らない単語があればGoogle先生のおかげで簡単にその意味を知る事が出来ます。
英語であってもGoogleやExcite翻訳である程度は理解出来るし、書店にはFX関連の書籍が溢れ、FX業者は
こぞってセミナーを開催しており、2ちゃんねるや海外のフォーラムなんかでも簡単に質問が出来ます。
レバレッジ規制が施行された分、以前よりは少額からの成功が難しくなった事は否めませんが、昔みたいに
ドル円のスプレッドが5銭ある訳でも無く、サーバーダウンも稀で、情報も格段に入手しやすくなっているでしょう。
それにも関らず、少なくとも表舞台に突出して成功したFXトレーダーが出てこないのは何故か。
僕としては、人間の本質として怠ける傾向があり、悪い言い方であれば楽をしようとしているからだと思います。

分からない単語があれば、Googleや市況2、各種FXサイトで元ディーラーの方に聞いても良いでしょう。
まずは自分で調べ、分からなければ恥を忍んで聞く事、実に基本的ですが、一番大事な事だと思います。
うまく情報が見つからないのであれば、発想を転換して検索方法自体を変えてみたりする事も大切です。
単にタイプして検索するのではなく""を使って完全検索、site:でサイト検索、期間の絞り込みも良いと思います。
僕は疑問があれば、市況2で聞いたり、Klugで連載をしていた頃は水上さんにしょっちゅう質問をしていました。
日本語で良い情報が無ければ英語で検索をし、既に消えている情報を知りたければArchiveを検索し、
2ちゃんねるの過去ログも見て、とにかく貪欲に探究して吸収していく姿勢、それが大事なのではないでしょうか。
無ければ無いと諦めるのは簡単ですが、安西先生の言う通り、「あきらめたらそこで試合終了」なんです。

また、トレーダーというものは実に孤独な職業で、プロでもアマでも、誰が教えてくれる訳でもありません。
上記のディーラー烈士伝という、第一線で活躍したディーラーへのインタビュー録が個人的に凄い好きで、
多いに参考にもなったのですが、誰一人として安々と簡単に成功したディーラーなんて居ません。
自分で壁に直面して、それでも相場が好きで相場を離れず、自力で乗り越えてきた猛者ばかりです。
法外なお金を払って受講するようなトレーダー養成塾であれば別だと思いますが、経済新聞や各種
マーケット関連ニュース、初級者向けでは無い本等は、その人の能力に応じて文体を変えてはくれません。
相場も同じで、初心者が稼げるような介入相場みたいなものは、年1回あるかどうか。
義務教育でも無く、この職業を自分で選んだ時点で、もはや自分が成長する意外に選択肢は無いんです。
稼げないからと嘆いても、分からないからと叫んでも、誰が助けてくれる訳も無く、常に1人なんです。
過酷な事実ではありますが。
それでもこの道を進む人が絶えないのは、相場の魅力と、自分次第で無限大の可能性が広がるからでしょう。
勿論、自分次第と言いつつも運が絶対的な要素である事は否定しません。
僕もリーマンショックが無ければ今の自分は無かったと断言出来ます。

取り留めの無い文章に終始してしまいましたが、少しでも自分の考えを理解して頂ければ有難いです。
こうやって無機質で堅いブログを続けているのは、継続的な勉強という目的の他に、良いトレーダーと
巡り合いたい、良いトレーダーと巡り合って自分もより成長したい、との意思があっての事です。
幾ら相場でやられても、結局は常に変化して掴みどころが無く、飽きがこない相場を追い続けるのが
楽しく、一生の糧としてやっていこうと決めているので、そういった同じようなトレーダーに巡り合ったり、
僕の書いた事が少しでも他のトレーダーの成長に貢献するのであれば、それはこの上無い幸せです。
随分と味気の無いブログ(とtwitterも)ですが、どうぞこれからもお手柔らかにお願いします。

また最後になりましたが、日頃お世話になっている方々、今後とも御指導御鞭撻の程、宜しくお願いします。




うむ・・・ちょっと堅かったかな(´・ω・`;)
スポンサーサイト
別窓 | 相場アプローチ法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - Cenbank Week。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - MSCI IndexのリバランスとNFP。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。