スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 第一週目はCenbank + PMI Week。
2012-06-30 Sat 14:35

        (Bank of England, located in the City of London)  

7月2日 (月)
  8:50 (JP) 日銀短観・大企業製造業業況判断指数 - 最近は影が薄い指標。無視して良いレベル。
11:30 (CN) HSBC製造業PMI (確報値) - 確報値だが、中国のPMIには要注目。
16:45、16:50、16:55、17:00 (IT、FR、GE、EU) 製造業PMI (恐らく全て確報値) - 一連のPMIで方向性が定まるか
17:28 (UK) 製造業PMI - 3日後のBOEを控え、余程乖離しなければ方向性は出ないか。
23:00 (US) ISM製造業景況指数 - 米経済回復期待が著しく萎んでいる中、NFPに向けて注目。

7月3日 (火)
10:00 (CN) サービス業PMI - オフィシャルなPMI。指導部交代を控え、極端に悪い数字は出しにくいか。
13:30 (AU) RBAキャッシュターゲット - 現状、利下げを見込むエコノミストは皆無。声明次第。
17:30 (UK) 建設業PMI - 大幅に乖離すれば10-20pips動く程度。

7月4日 (水)
10:30 (AU) 小売売上高 - ストップをヒットしなければ、RBA後で然程動かない可能性。
11:30 (CN) HSBCサービス業PMI - オフィシャルPMIよりも信頼性は高い。前日と反対の方向ならば、動くか。
16:15 (ES) スペイン6月サービス業PMI - スペインとイタリアのPMIや鉱工業生産は、目下少し注目する必要。
16:45、16:50、16:55、17:00 (IT、FR、GE、EU) サービス業PMI - PMIで流れが出来る可能性も。
17:28 (UK) サービス業PMI - 最近は動いてもすぐに戻し、ゆっくり動き出す事が多い気がする。

7月5日 (木)
17:40頃 (ES) スペイン中期国債入札 - EUサミット後の流れ次第だが、ECBを控え、ある程度堅調かもしれない。
20:00 (UK) BOE MPC - 8/41人は75bln、30/41は50bp、1/41は25bpのQE拡大を見込んでいる。
20:45 (EU) ECB 政策金利 - 12/57人は据え置き、40/57は25bp、5/57は50bpの利下げ予想。
21:15 (US) ADP雇用統計 - 翌日のNFPに向け、要注目。
21:30 (US) 新規失業保険申請件数 - NFP直前なので、乖離が大きければ信頼性の低いADPより動くかも。
  〃  (EU) ドラギECB総裁記者会見 - 更なる利下げ、SMP等についてなど、注目する点は多い。
23:00 (US) ISMサービス業景況指数 - ISMサービス業は、動いても20-30pips程度だろう。

7月6日 (金)
16:00 (ES) スペイン鉱工業生産 - 極端に悪ければ、20-30pipsマーケットを動かす可能性もある。
21:30 (US) 非農業者部門雇用者数 - さすがに4回連続の悪い数値となれば、市場の反応が怖い。
 〃  (CA) 雇用ネット変化率 - 米NFPの影に隠れて、注目度は低い。

AU = オーストラリア、CA = カナダ、CN = 中国、ES = スペイン、FR = フランス、
GE = ドイツ、IT = イタリア JP = 日本、UK = 英国、US = 米国



PMIと中央銀行の会合、そして雇用関連統計と、盛り沢山な一週間。
中国の突然の利下げもあり、来月にも再度預金準備率を引き下げるとの観測がある中、
中国関連のPMIには注目が集まるだろうし、中国経済の深刻度を見極めたいところ。
EUサミットで目先は欧州債務問題が一服すると見込まれ、マクロ経済指標には注目が集まると思う。
その上で、米経済と中国経済が世界を牽引出来るか確認する、重要な週になる。
さすがに米雇用統計の4回連続の大幅な下方乖離は見たくは無いが、多くの景況感指数が
悪化を示唆しており、少々米経済の先行きに不安がある、というのが市場参加者のコンセンサスだろう。
7月からは季節要因が無くなると言われているので、それがどう影響するか。
住宅指標等の改善は続いているので、一方的に悪化ばかりが見込まれている訳でも無い
NFPと同時にカナダ雇用統計が発表されるが、NFPと同時発表では注目されないだろう。
もしNFPとカナダ雇用統計が両方共同じ方向に乖離すれば、対円では凄い威力となるんだろうが・・・。

RBAキャッシュターゲットは、この会合での利下げはほぼあり得ない
声明で更なる利下げを示唆するか、好調だったGDPを受け少々タカ派な声明になるのか。
今回金利の上下によるスパイクは無いので、数分に渡り徐々に発表される声明でどう動くかに注目。
BOE会合では、50blnポンドのQE拡大は既に大幅に織り込まれている可能性が高い。
25blnのみであればポンド買い75blnならばポンド売りで、50blnだと材料出尽くしのポンド買いも有り得る。
50blnの場合は事前の織り込みが大きく影響し、声明が吟味されると思うので、事前に売られているようで
あれば出尽くし+声明を無難に通過でポンド買い戻し、反対であれば調整売りの可能性が高いか。
ECBの政策金利は、25bp利下げは既にコンセンサスとなっていて、その場合の判断は難しい。
50bp利下げでユーロ売りだが、据え置きでも現状の欧州事情からすれば、株安、周縁国の債権安に
つながり、ECBへの失望も相まって、ユーロ売りとなる可能性が高いんじゃないだろうか。
実際、先月は据え置きでもユーロ買いはほとんど出ず、逆にユーロが売られる展開だった。

ドラギ総裁の会見はトピックが多岐に渡るので、事前予想は難しいが、ジリジリと大きく動くだろう。

最後に、スペインとイタリアのマクロ指標で突発的に相場が動意を見せる事がある。
大幅に悪化した場合のみだが、一応注意。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - 束の間の休息。China Week。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | さて、運命の17日、ギリシャ再選挙。と、FX業界に関して思った事。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。