スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 鬼忙しい。(修正:中国指標追加)
2012-07-29 Sun 07:19

・・・・・・・・・・・・・・・・。


7月30日 (月)
(`・ω・´)

7月31日 (火)
21:30 (CA) GDP m/m - 最近は多少の乖離でもほとんど動かない。
22:42 (US) シカゴPMI - 動く可能性はある指標だが、公式に結果が出るのが45分なので少々難しい。
23:00 (US) CB消費者信頼感指数 - 非常に重要で、それなりに大きな反応が見られると思う。

8月1日 (水)
10:00 (CN) 製造業PMI - 注意したい指標。中国の指標は事前に噂が出まわる事も多い。特にAUDに影響。
11:30 (CN) HSBC製造業PMI
16:13 (SP) スペイン 製造業PMI
16:43 (IT) イタリア 製造業PMI
16:48 (FR) フランス 製造業PMI
16:53 (GE) ドイツ 製造業PMI - 各国製造業・サービスPMIは2分先にロイターにだけ流されるので時間に注意。
17:28 (UK) イギリス 製造業PMI - 流れはユーロ圏各国のPMI次第。反応しても戻しやすいか。
21:15 (US) ADP雇用統計 - 基本的に信用性の低い指標。大幅に乖離した場合のみ流れが出来そう。
23:00 (US) ISM製造業景気指数 - ADPよりも期待出来る指標。雇用指数もじわじわ来る。

8月2日 (木)
 3:15 (US) FOMC理事会 - 大方の予想は9月14日の理事会でのQE3。金利見通しと会見は無し。
10:30 (AU) 小売売上高 - 貿易収支と同時発表。大幅に下振れなら利下げの可能性を助長するが…(4/24人)
17:40 (SP) スペイン中期国債入札 - あまり影響は無い可能性。
20:00 (UK) BOE理事会 - 利下げ、追加緩和の可能性共に無し。(エコノミスト調査で追加緩和予想は皆無)
20:45 (EU) ECB政策金利 - 3/53人が利下げ予想なので、今月の利下げはオプションに無さそう。
21:30 (US) 新規失業保険申請件数 - NFP前なので重要。ドラギ総裁が会見を始めるまでの数分を左右。
 〃  (EU) ドラギECB総裁会見 - SMP再開等の対応が予定されていて、FOMC以上に重要。

8月3日 (金)
10:00 (CN) サービスPMI
11:30 (CN) HSBCサービスPMI
16:13 (SP) スペイン サービス業PMI 
16:43 (IT) イタリア サービス業PMI
16:48 (FR) フランス サービス業PMI
16:53 (GE) ドイツ サービス業PMI - 最近、ユーロ圏各国のPMIに反応する事が多い。
17:28 (UK) イギリス サービス業PMI - NFP前で反応は限定的で、今週は英指標の影響は薄い。
21:30 (US) 非農業部門雇用者数失業率 - 今週のハイライト。9月のFOMCでの政策対応の有無に直結。
23:00 (US) ISMサービス業景気指数 - ISM製造業景気指数よりインパクトは弱い。NFP後なので期待薄。



とにかく忙しく、振り回される材料が多い週。
中国、オーストラリア、英国の材料も多少相場を動かすだろうが、メインはECBFedとNFP

中国指標全般に共通するのが、事前に噂が立つ事が多いという事。
前回値や予想値とは別に、Twitterなどで噂があった場合は仕入れ、その噂の数値と比較する事が大事になる。
現状、RBAが来月の会合で利下げするとの見方は少ない (4/24人)。
小売売上高が極端に下振れすればその可能性は若干高まるが、一過性の動きになると思われる。
最近はストップを巻き込んで1分目だけで動意が終わってしまう事が多いので、注意。
ユーロ圏各国のPMIから流れが出来る事が多くなってきた最近の相場。
最大の注目はドイツだが、4つのPMIが全て予想を下回る事になれば相場はどんどん上値が重くなる。
欧州時間での流れが出来る事に繋がる可能性があるので、一つ一つは然程重要で無くとも要注意

FOMC理事会では、8月の会合で追加緩和が行われるとの予想は少ない
大方の予想は9月で、70%のプライマリーディーラーは債券購入を通じたものと予想している。
ADPやISMでNFPへの期待や失望感が高まり、NFPで全てが決まるという印象。
木曜日に発表された新規失業保険申請件数が予想より大幅に良かったので、2日の分にも注目したい。
下記はメジャーどころのFOMC予想。



バンクオブアメリカ・メリルリンチ - 来週と9月の理事会でそれぞれ追加緩和。
モルガン・スタンレー - 来週の理事会では思い行った政策対応は無し。
HSBC - FedメンバーがGDP見通しと実際のGDPが乖離していると感じれば、来週の理事会で追加緩和も。
       具体的にはMBSと米国債の買入の可能性。
シティグループ - 一層重要な新たなステップが、9月かそれ以降の理事会で取られる可能性。
バークレイズ・キャピタル - 来週の理事会では追加緩和は無し。



最大の注目はECB理事会
連日リスクオンが続いた要因となった、ECBによる政策対応が見込まれている。
具体的にはSMP(債券買入)の再開は既定路線で、金曜日に突発的にマーケットを動かし、
その後一気にEUR/USDを下落させた原因であった、"利下げや新LTRO"の可能性も捨て切れない。
金利次第を引き下げるという見方は今のところ少ないが、中銀預金金利のマイナス化は十分有り得そう。
単に預金ファシリティから当座預金へと資金が移動しただけ、という結果になった、前回の衝撃的な
中銀預金金利の引き下げだったが、実質的に意味は無くとも市場へのメッセージとしてはインパクト大
SMP再開各種金利引き下げ、新LTROなど、どれもこれもがNFPを超えるインパクトを出し得る。

が、繰り返し当局からそれらを示唆するような発言がなされた為、幾分織り込まれている感は否めない。
既に当局からは、市場が完全に期待感で満たされてしまう事を警戒する発言すら出ていた。
ドイツ連銀を説得してSMPを再開する、となれば、少なくとも一瞬はEURやリスク通貨が買われるのだろうが、
織り込んでいる分の利益確定の売り材料出尽くしの売りも向かってくる事は予想される。
市場としては、ドラギ総裁の強い発言以降、SMP再開以上の事を期待している感はある気はする。
そこら辺は、株式市場や債券市場を睨みつつ、伸び悩んだら注意が必要かも知れない。
また新LTROは、追加緩和=EURへと繋がるので、一時的にEURが上昇しても、金曜日の
発言後のプライスアクションのように、一転してEURが売られる要因ともなり得るので要注意。
政策対応への期待追加緩和出尽くし感など、実に複雑なマーケットになると予想されるので、深追いは
せずホールドは極力避け、値幅よりプライスアクションに的を絞ってごく短期で回転させて挑みたい。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - ぼちぼちと重要指標が発表も、波乱は少ない。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 久々にUSウィーク。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。