スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今週の予定 - 緩慢な週。サマーバケーション継続。
2012-08-20 Mon 03:31


8/20 (月)
無し

8/21 (火)
10:30 (AU) RBA議事録 - 最近豪州政府からA$高への言及が多い為、そこに注目したい。

8/22 (水)
 8:50 (JP) 貿易収支 - 最近はほとんど動かない指標。そろそろ注目から外しても良いかも知れない。
21:30 (CA) 小売売上高 - CPIの0.2~0.3%下振れでも10pipsも動かないので、期待するだけ無駄。
23:00 (US) 中古住宅販売件数 - 米住宅市場の底入れ関連ニュースが最近多いので、安心感は広がるかも。

8/23 (木)
 3:00 (US) FOMC議事録 - 一部で緩和期待のあった前回のFOMC会合。今週一番注目。
15:00 (GE) GDP確報値 - GDPは3段階で発表され、速報値、改定値、確報値の順なので、影響力は低い。
15:58 (FR) 製造業、サービス業PMI - 影響力は、独 > 仏 > 伊、西、ユーロ圏といったところ。少し注目。
16:28 (GE) 製造業、サービス業PMI - PMIの速報値は気になるところ。まずまず反応するだろう。
21:30 (US) 新規失業保険申請件数 - まだ今週は反応は鈍いだろう。
23:00 (US) 新築住宅販売件数 - ドル円を初動で5pips動かせたら大したもの。

8/24 (金)
17:30 (UK) GDP改定値 - 誰もが悲観的な見方をする英経済。上振れならサプライズ、下は限定か。
21:30 (US) 耐久財受注 - 金曜なので、大幅な上振れなら米金利上昇継続に繋がりやすい。



FOMC議事録だけが要注意、という印象の週。
一部で緩和期待の根強かった、前回FOMC会合での緩和を求めるハト派の声を確認する事になる。
個人的な想定は7月のFOMC議事録と同様にUSD買いの反応で、一気に方向性がはっきりする展開。
QE3への思惑が高まって一気にUSD売りという展開は想像しにくく、USD買いか方向性が出ないというイメージ。
最近は金利動向次第で一気に逃げ出す様なフローが多く、その場合は戻りが鈍い。
(ECBが金利引き下げを行った際やFOMC議事録など、金利に直結するような指標。)

(7月11日のFOMC議事録発表時のEUR/USD)

金曜日にドイツ・ギリシャの首脳会談もあるらしいが、何かが出てくるという訳でも無いだろう。
(財政赤字解消目標の2年間先延ばしをギリシャが要求し、ドイツが改めて否定する可能性はある。
 それに絡んだヘッドラインは出るだろうが、動きは鈍い・・・とは思う。 http://www.cnbc.com//id/48718170
FOMC議事録と突発的な要人発言以外は、まだサマーバケーション継続といった感じの週になりそう。
31日23時のバーナンキFRB議長の講演@ジャクソンホールまでは、そんな感じなのかも知れない。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - ついに、ECB。そしてFOMCに向けての超重要なNFP。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 今週の予定 - 英米指標中心。独政府関係者に注意。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。