スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 日銀とマクロ指標が少しだけ。のどかな週。
2012-09-15 Sat 22:51


9/17 (月)
21:30 (US) NY連銀製造業景気指数 - ブレが大きい指標。その為インパクトも比較的大きい。

9/18 (火)
10:30 (AU) RBA議事録 - 印象としては、最近この指標で動意付く事は多い。
17:30 (UK) CPI y/y - 最近の傾向としては動いても20-30pipsで、長続きしない事が多い。
18:00 (GE) 独ZEW景況感 - 下振れでは最近長続きはしない。上振れなら持続性がありそう。

9/19 (水)
**** (JP) 日銀政策決定会合 - 約60-70%のエコノミストは、円買いが強まれば追加緩和、という回答。
17:30 (UK) BOE's MPC議事録 - 11月に再び基金増額と見られているので、少々注意。注目は来月から。
21:30 (US) 住宅着工件数 - 動いてもドル円で10pips以内。
23:00 (US) 中古住宅販売件数 - 同上。

9/20 (木)
 7:45 (NZ) GDP q/q - 四半期毎の発表なので、ブレも反応も大きい。
 8:50 (JP) 貿易収支 - もうオワコン…。
11:30 (CN) HSBC製造業PMI - しっかり乖離すれば、材料が少ない時間なのでAUDは動く。
16:28 (GE) ドイツ製造業・サービス業PMI - あまり乖離する事は無い。一応15:58には仏PMIも。
17:30 (UK) 小売売上高 - 最近は、乖離が少ないとトレンドになり、大きいと一瞬だけ大幅に動く印象。
21:30 (US) 新規失業保険申請件数 - 動いても10pips程度の可能性。
23:00 (US) フィラデルフィア連銀景気指数 - NY連銀指数と同じく乖離が大きめ。動きも大きい。

9/21 (金)
21:30 (CA) CPI m/m - 動いても10pipsだろう、というところ。



全般にはボチボチと適度にマクロ指標が予定されていて、暇でも忙しくもないといった感じの週。
債券入札はスペインやポルトガルが行うが、特に波乱も動意も無いだろう。
寧ろ19日18:30過ぎに結果が出るドイツ2年物国債入札の入札倍率次第で波乱が起こる可能性のがまだ高い。
が、そんな事は半年に1回程度起これば良い方なので、期待は禁物。

注目は日銀政策決定会合になるだろう。
つい1、2週間前は据え置きが濃厚と見られていたが、ドル円のレベルから追加緩和の声もある。
白川総裁は政策の透明性の確保という点で、10月の半期に一回の展望レポートでの見通しの下振れを
根拠に10月に追加緩和を行うはずだ、との予想が、今はドル円次第で有り得るという状況。
FOMC後のドル円の下落が一幅している中、今の段階では非常に不透明だという印象が強い。
ドル円が77円台半ばであれば可能性も強まるが、78円台で円買い圧力が弱ければ見送りかもしれない。
据え置きにしろ追加緩和にしろ動く事にはなるので面白い。

※日銀の会合結果及び総裁会見の過去の発表時刻 → https://twitter.com/kuroneko_island/favorites
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - 各国マクロ指標にEU首脳会議でスペインに大注目。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - ついに、ECB。そしてFOMCに向けての超重要なNFP。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。