スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
追記:来週の予定 - 織り込み済みの日銀と、素直に喜べない米雇用統計。カウント方式が大幅に変わったADP雇用統計にも要注意。
2012-10-28 Sun 18:29


10/29 (月) (欧州各国が冬時間へ移行。ロンドンFIXも日本時間午前1時に。)
特になし

10/30 (火)
---- (JP) 日銀政策決定会合 - 10兆円の追加緩和は織り込み済み。20兆円でも反応は複雑に。
15:00 (JP) 日銀半期展望レポート公表 - 動意付く可能性は少ないかもしれない。
---- (JP) 白川日銀総裁会見 - 会見を受けて大きく動くことは想像出来ない。
23:00 (US) CB消費者信頼感指数 - センチメント指標は大きく動く。米はISMとCB消費者信頼感指数。

10/31 (水)
 9:30 (AU) 住宅建築許可件数 - 10%の乖離も珍しくなく、数字の大きさで少し動意付く事も多い。
22:42 (US) シカゴPMI - 会員には電話会議で3分早く発表される。

11/1 (木)
10:00 (CN) 中国オフィシャル製造業PMI - 中国政府の発表なので、大きな下振れは考えにくい。
10:45 (CN) HSBC製造業PMI - 10時発表のものよりもブレが大きくなる可能性は大きい。
18:28 (UK) 製造業PMI - 今回から冬時間で1時間遅くなる。引き続きセンチメント指標には警戒。
21:15 (US) ADP雇用統計 - 今回分から、米労働局発表のNFPと96%の相関精度があるモデルに変更。
21:30 (US) 新規失業保険申請件数 - 明日にNFPを控え、今回は大きく動くことも有り得る。
23:00 (US) ISM製造業景況指数 - NFP直前なので一層注目。ヘッドラインと雇用指数の差に注意。

11/2 (金)
 9:30 (AU) PPI q/q - 四半期に一度のPPI。CPIの大幅上振れをフォローすれば一段高も。
17:43 (IT) イタリア製造業PMI
17:48 (FR) フランス製造業PMI
17:53 (GE) ドイツ製造業PMI - 速報値の大幅下振れ→ユーロ急落が記憶に新しいので、注意。
18:30 (UK) 建設業PMI - 建設業では大幅に乖離しないと動かない。
21:30 (US) NFP - GDPの好結果を受けた後で、若干上ブレの期待が高まっている。
21:30 (CA) 雇用ネット変化率 - またNFPと同時発表。トレード出来ない。



まずは日銀政策決定会合
いち早く産経新聞20兆円増額と報じ、その後日経オンライン国債を中心に10兆円増額、と報じた。
もはや国債購入に10兆円増額は規定路線で、その場合は大きく失望売り+事実売りになる可能性が高い。
一方で20兆円だとどうかと言われても、当初は20兆円との報だったので、意外感は少ない
こればかりは出てみないと分からないが、単純に20兆円の増額であれば持続的な円安は望めない
最善20兆円全額を国債を中心に買い入れ、若しくは同様に15兆円で失望を免れる程度だろうか。
上値は相当重く、余程のサプライズが無ければ、先週まで続いた円安傾向は一旦頭打ちになるだろう。
短期筋は先週金曜までの時点でロングに著しく偏っていたと見られ、そのロングは金曜の下落で
幾分解消されたとは思うが、まだまだショートになっているとは思えないので、大きな上昇は無いだろう。
15兆円~20兆円でヘッドラインが出てきても、ロングの放置だけは安心して出来ない。

ちなみに、織り込み済みで一旦は下落し、一点反転上昇した4月の日銀政策決定会合時のドル円チャート。


一旦40pips程下落し、すぐに61.8%戻し100%を通過した後は一気に161.8%戻しまで到達
その後は約100pipsという節目で頭打ちとなり、Fiboの節目節目で一旦止まりながら緩やかに下落した。
参考になるのが今年4月分しか無いが、失望+事実売りでドル円は初動で40~50pips下落と覚えておきたい。
追加緩和の内容では上と同じようなチャートになる事も考えられるので、柔軟に対応したいところ。

先日の米GDPが良かった事を受けて、米雇用統計の予想は比較的強い予想が多くなってきている。
だが1日のADP雇用統計、新規失業保険申請件数、ISM製造業でまた予想中央値も変わってくるはず。
特につい先日、Automatic Data Processing Inc (ADP Inc.) が、Moody'sと組んで、米労働局発表のNFPとの
乖離解消の為に、今回分から新しいモデルでカウントし反映させるというADP雇用統計には注意したい。

ADPのカウントモデルの変更は、以下の様なもの。→ http://goo.gl/Az3mr
・調査対象を344,000社・2100万人から406,000社・2300万人に。
・調査業種及び調査対象の企業規模を、3つのカテゴリから5つに。
・結果として、米労働局発表の「確定値」との相関制度が96%に。
(※当月:速報値、来月:改定値、再来月:確定値。)
・その為ADP雇用統計はNFP速報値ではなくNFP確定値と比較されるべき、との事。

今回のモデル変更がどう影響するかはすぐには分からないが、今後相場の関心は恐らく高まるだろう。
NFPの数値自体も、速報値・改定値・確定値とそれぞれ大きく変化する事が多いので、
NFP確定値との相関性が高まったとは言え、一番大きく反応するNFP速報値との相関性は未知数
以前より幾分注目度が増したと考える程度の方がが無難かも知れない。

最後に、NFPと米失業率自体が良い数値で出てきたとしても、素直に喜べるとは限らない
上振れするようであれば、オバマ大統領再選の可能性アップ → 財政の崖で米議会紛糾の可能性アップ →
財政の崖に有効な対処を打てない可能性アップ → 米景気後退懸念からリスク資産が売られ質への逃避 →
米金利が結果低下し、ドル円の場合は円高 といった、第1、2回のテレビ討論会後に見られたような反応が
出る可能性は十分にある。
最も、直後は数値自体に素直に反応するだろうが、そういった面で持続性は不透明になりそう。
11月6日(火)の一般有権者投票に向けた、最終の世論調査が金曜NY午後~週末に掛けて
発表され、それを受けてリスク資産やUSD全般が動意付くという可能性も考えられる。
なので、今回は特に深入りはせず、ポジションは早めに閉じる事を心がけた方が良いのかも知れない。

スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<JPMorgan G7 Volatility Index - ボラティリティの圧倒的な縮小でFXはもう終わりなのか。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 中銀会合×3に英米GDP、その他で期待出来る週。本邦貿易収支は要注意。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。