スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
検証:俗に言う【ワロス曲線w】は実際にあったのか。
2012-11-26 Mon 23:22
2011年9月19日


2011年9月20日


一部で有名な、USD/KRW(ドル/韓国ウォン)相場の奇妙なチャートを表す言葉、ワロス曲線
上下に行ったり来たりを繰り返すので、その形状が「」に似ている事からその名が付いたらしい。
認識が間違っていなければ、韓国中銀(BOK)による相場介入の下手さを称した言葉、だと思う。

元々は2005~2008年頃によく見られたらしいが、その頃のUSD/KRWの分足データはなかなか無い。
だが、検索してみると2011年9月19~20日辺りにも発生していたらしい。
それであれば1分足のデータが入手出来るので、調べてみた。

結果が上記の2枚の画像。
どこに「W」「w」があるのだろうか・・・。
個人的にはYahooやForexProsのチャートは信頼性が低いと思っていて、気になって調べた結果がこれ。
ちなみに、4日前の22日にBOKがUSD買い介入を行ったと噂になったが、下の画像がそのチャート。



日銀も昔は介入が下手で決まった時刻に同じような介入をしていた、と聞いた。
(当時実際にレート・チャートを見ていた人より。)
なので、実際2005年頃にはワロス曲線が発生していて、この数年でBOKが介入方法を変えたのかも知れない。
が、少なくとも2009年9月にあったとされたワロス曲線に関しては、疑わざるを得ない。

さて、真偽はいかほどに。


















相場があまりに暇だから調べただけで、他意はありません(-ω-;)
スポンサーサイト
別窓 | 相場分析・アノマリー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 中銀会合はRBAだけ注目。NFPはエコノミスト間でも意見大割れ。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | リスクオフの円買いというレジームに変化?>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。