スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - まともに取引が出来る今年最後の週。
2012-12-16 Sun 01:55


12/17 (月)
22:30 (US) 
 NY連銀製造業景気指数 - ブレの大きい指標。予想外の大きな反応に注意。
23:30 (EC) 
 ドラギECB総裁議会証言 - 先日のマイナス金利示唆が記憶に新しい。要注意。

12/18 (火)
 9:30 (AU) 
 RBA議事録 - 2013年もレートカットが見込まれており、上下に良い反応が出そう。
18:30 (UK) 
 CPI y/y - 最近の反応としては、乖離が大きくとも反転しやすく、動きも長くは続かない。

12/19 (水)
 8:50 (JP) 
 貿易収支 - 乖離も動きも滅法少なくなったが、後から蒸し返され動く事も多いので一応注意。
18:00 (GE) 
 IFO景況感 - 最近のIFOは安易な逆張りは危険。上なら余計、ストップ誘発に注意したい。
18:30 (UK) 
 MPC議事録 - 市場もほぼ100%据え置きで織り込んでいた会合なので、動意は薄いか。

12/20 (木)
 6:45 (NZ) 
 GDP q/q - 乖離が大きくなりやすく、天井/底に張り付く形の反応が多いので、順張りで。
---- (JP) 
 日銀政策決定会合 - 14/19人が緩和予想 @ ロイター。一部には慎重論も。
---- (JP) 
 白川日銀総裁会見 - 正式なインフレ目標導入についてなど、今回は注目点が多い。
18:30 (UK) 
 小売売上高 - 既に20日なので、どんな反応が出るかは運次第。
22:30 (US) 
 GDP確報値、個人消費、新規失業保険申請件数 - GDPも確報値で、動きは限定的か。

12/21 (金)
 0:00 (US) 
 フィラデルフィア連銀景況指数、中古住宅販売件数 - 前者は乖離が大きい傾向。
18:30 (UK) 
 GDP確報値 - GDP確報値だが、米のそれよりは多少期待出来る。が、既に21日。
22:30 (CA) 
 GDP m/m、CPI - 米指標と同時刻なので反応は期待しづらい。
 〃 (US) 
 耐久財受注 - 最近は滅多な事では動かない指標になった。
23:55 (US) 
 ミシガン大学消費者信頼感指数 - 先日は思わぬ乖離が出たが反応は限定的。今回も同じか。



感覚としては既にかなり取引量は落ちており来週は一層顕著になりそう。
なので、choppyな動きが多くなると思われ、指標も例外では無い。
一応直近数ヶ月の反応は見ておくと参考にはなるだろうが、この時期の動きはどうなるかは読みにくい
十分注意して、リスクを普段よりも抑えて臨みたいところ。

RBA議事録IFO景況感、そして我らが日銀政策決定会合が注目の的になるだろう。
依然としてRBAは来年の利下げも見込まれており、OISからは来年中に計50bpの利下げが読み取れる。
最近は一層RBAとしては通貨高も意識しており、豪ドルへの強い言及にも注意したい。

日銀政策決定会合は、単純にロイターを見れば、19人中14人が追加緩和予想で、74%というところ。
だが、一部のメディアでは追加緩和に慎重との声があり、直前まで情勢は流動的かもしれない。
追加緩和が無かった場合は勿論、一時的にしろ大きく円ショートの投げも出ると予想されるので注意。
日銀会合の結果は、順当であれば12:40~13:00あたり、早ければ12:10~12:20、13時を過ぎれば予測不能。
詳しくはtwitterを参照 → https://twitter.com/kuroneko_island/favorites

ところで、12月も終わりになるとレベル感を無視した一方的な動きも多くなる。





去年の12月の28~30日辺りのAUD/USD、GBP/USDの1分足チャートだが、実に怖かった
もうそろそろ反発するだろうか、と思い逆張りで手を出すと、すぐにまた高値/安値を更新したり、
反発という反発が無いまま、終始買われたり売られたりといった、普段はあり得ない動きになったり。
まだ最終週では無いのですこし早いかも知れないが、年末にかけては本当に注意した方が身のため。
最後の最後で利益を大きく吹き飛ばすような事にならないように、くれぐれも用心したい。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - 特段の材料は無く、引き続き円の動向を注視したい週。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 中銀会合はRBAだけ注目。NFPはエコノミスト間でも意見大割れ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。