スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 特段の材料は無く、引き続き円の動向を注視したい週。
2013-01-04 Fri 22:04




1/7 (月)
無し

1/8 (火)
 9:30 (AU) 
 貿易収支 - 最近は中国経済への警戒が遠のいたので、反応は限定的か。

1/9 (水)
 9:30 (AU) 
 小売売上高 - 素直に反応する類の指標で、高止まり/底値圏での推移になりそう。

1/10 (木)
 9:30 (AU) 
 住宅建築許可件数 - ブレが大きい指標なので、一応注意。
21:00 (UK) 
 BOE政策金利 - 政策金利、QE枠共にエコノミストは100%据え置き予想。動かないか。
21:45 (EC) 
 ECB政策金利 - refi金利は3/47人のみが利下げ予想。据え置きでほぼ間違いない。
22:30 (EC) 
 ドラギECB総裁会見 - 前回のマイナス金利討議発言の印象が強いので、それには注意。

1/11 (金)
10:30 (CN) 
 CPI - いつもながら、上振れ=AUD売り、下振れ=AUD買い。
18:30 (UK) 
 鉱工業生産 - 最近この指標で大幅に動いた記憶は無い。



特に大きな流れを作るような指標は無い、暇な週。
引き続き円安とその調整を睨みつつ取引する週になりそう。

唯一気になるのはドラギECB総裁の会見。
前回はマイナス金利について討議したとのコメント以降、大した戻しもなく大幅にEURが売られた。
赤丸がその発言時の下げで、EUR相場に大きな影響を与えたのが分かる。



昨年12/8にはドラギ総裁やバイトマン独連銀総裁が利下げに反対したとの報が伝わった。
(ECBメンバーの過半数は利下げを支持したものの、上記2名等の主要メンバーが反対で否決。)
今回も同様に利下げが協議されると思われ、refi金利の引き下げやマイナス金利については注意したい。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - 実質的に米指標しか無い珍しい週。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - まともに取引が出来る今年最後の週。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。