スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 利下げが既定路線のRBA、NFP、そして英総選挙。
2015-05-02 Sat 14:50

RBA May 5
(利下げ予想が圧倒的に優勢 @ BBG)

5/4 (月) ※日本休場
10:30 (AU) au
 建築許可件数 - よく大きくブレる指標。
10:45 (CN) cn
 HSBC製造業PMI - 改定値なのであまり動かないだろう。
16:55 (GE) de
 製造業PMI - こちらも改定値。改定値であれば独だけで十分。

5/5 (火) ※日本休場
10:30 (AU) au
 貿易収支 - 一応。
13:30 (AU) au
 RBA政策金利 - 利下げ予想が圧倒的に優勢。事前に大きく下落していればbuy the factか。
17:30 (UK) gb
 建設業PMI - 製造業やサービス業PMIよりも注目度は劣る。
21:30 (US) us
 貿易収支 - 久々に単独発表。最近はあまり動かないが、GDPに与える影響は大きい。
23:00 (US) us
 ISMサービス業 - 動いて20、30pipsといったところ。

5/6 (水) ※日本休場
7:45 (NZ) NZ
 失業率雇用者数増減 - 重要指標なので動く事は動くが、NZDは流動性が低く難しい。
10:30 (AU) au
 小売売上高 - 最近は乖離しても0.3%程度が多く、動きも限定的。
16:55 (GE) de
 サービス業PMI - 改定値。独サービス業PMIでも改定値ならほぼ動かないだろう。
17:30 (UK) gb
 サービス業PMI - 英サービス業PMIは動く。最近の英指標は持続的に動きやすい。
21:15 (US) us
 ADP雇用統計 – 小幅な乖離なら戻しやすいが、大きく乖離すれば安易に逆張りはNG。
22:15~ (US)
 イエレンFRB議長発言 - 経済やガバナンス等についてのパネルディスカッション。
23:00 (CA) ca
 Ivey PMI - 一応。

5/7 (木)
10:30 (AU) au
 新規雇用者数失業率 – 直近4回に限れば、3回は一方的な動きになった。
----- (UK) gb
 総選挙 - GBPが大きく動く可能性のある総選挙。7~8日は要注意。
21:30 (AU) au
 新規失業保険申請件数、建築許可件数 - 10、20pips程度動けば上出来。

5/8 (金)
11時頃、たまに12時頃 (CN) cn
 貿易収支 - 前回の3月分貿易収支の大幅悪化は記憶に新しい。注目される。
17:30 (UK) gb
 貿易収支 - 一応。
21:30 (US) us
 失業率NFP - 6月利上げはほぼ無いだろうが、今は相場が材料不足気味なので動きやすそう。
  〃  (CA) ca
 失業率雇用ネット変化率 - NFPと同時だと非常に厄介。


RBAによる利下げは先月据え置き直後から浮上していたので、もはや織り込み済み
前日、または直前にAUDが売られていればbuy the factに繋がりやすい。
しかし、声明で追加利下げの示唆または強いAUD高牽制があればまた別

金利市場の予想では、Fedが利上げを行うのは12月。(チャート参照)
6月に利上げを行う可能性は限りなく低く一回のNFPでそれが変化する空気でも無い
だが目先、円とドルの材料は不足気味な感があり、動く材料を市場は待っている気もする。
利上げ時期を左右する事にはならなくとも、やはりNFPらしく大きく動くのかも知れない。
bandicam 2015-05-02 13-06-34-429
(MSが金利市場を元に算出している利上げまであと何ヶ月指標。現在はあと7.62ヶ月。)

最後に英総選挙。
英国、欧州に詳しいと言えば、ロンドンFXの松崎さん。
これだけ詳細に解説してくれる方は他に居ないと思う。
投票時間、各党党首、各党の説明、更には連立政権予想にポンドへの影響まで網羅している。
これを全て、自分で時間をかけて無料の情報のみで調べているから驚きだ。
この記事だけでも十分に価値があるのに、無料となるとただただ感謝するしか無い。
http://www.central-tanshifx.com/market/market-view/sf-20150313-01.html

投票時間は現地時間7日7~22時、日本時間15時~翌朝6時
開票は恐らく前回と似たようなものになると思う
http://londonfx.blog102.fc2.com/blog-entry-913.html
投票締切後、大体6~8時間かけて徐々に地域ごとの結果が判明する感じだろう。
となると、日本時間7時~14時辺りにかけてGBPが大きく動く可能性が高い。

来週には詳細な発表時刻が出まわると思うので、逐一アップデートするよう心掛けたい。
特に8日の日本時間7時~14時はヘッドライン相場になりやすいので、ポジション管理に要注意。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 |
<<CESIと通貨の相関性 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - busy week。FOMC、日銀、RBNZ、英米GDP速報値も。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。