スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - busy week。FOMC、日銀、RBNZ、英米GDP速報値も。
2015-04-26 Sun 08:38

4/27 (月)
特に無し。

4/28 (火)
7:40 (AU) au
 スティーブンスRBA総裁講演 - 5月利下げは既定路線になっているので、非常に注目される。
17:30 (UK) gb
 GDP速報値 - 速報値なので注目度は高い。
21:45 (CA) ca
 ポロズ総裁証言 - 金融委員会にて。21時45分に冒頭スピーチの原稿が出るとの事。
23:00 (US) us
 CB消費者信頼感指数 – 最近は基本的に10pips程度の動きが多いが、時々20~30pips程度動く。

4/29 (水) ※日本休場
21:00 (GE) de
 CPI m/m - 16時から各州のCPIが発表されるので、その方が重要か。
21:30 (US) us
 GDP速報値 - 米GDPはよくブレて動きも大きくなる事が多い。
23:00 (US) us
 住宅販売保留 - 小粒な指標。5~10pips程度の動きで終わるだろう。
27:00 (US) us
 FOMC会合 - 6月利上げ期待はかなり後退したが、それを左右する重要なFOMC。

4/30 (木)
6:00 (NZ) NZ
 RBNZ政策金利 – 先週、RBNZ総裁補佐が利上げは考えていない、との発言でNZD急落。注目される。
13時台? (JP) jp
 日銀政策決定会合 - 1日開催。過去の例からすると13時頃~14時辺りの発表が見込まれる。
15:00 (JP) jp
 展望レポート - 半期に一度の展望レポート。
15:30 (JP) jp
 黒田日銀総裁会見 - 追加緩和期待は盛り上がってはいないが、有無に関わらずいつも以上に注目される。
18:00 (EU) EU
 HICP速報値 - 予想±0.0%。QE実施後なので結果を受けて積極的なEUR売りは出にくい環境。
21:30 (US) us
 個人消費、個人所得、新規失業保険申請件数、PCEデフレータ - デフレータはブレにくいが注目の的。
  〃  (CA) ca
 GDP m/m - 未だにカナダ指標は大きく動いているので注意。
22:42 (US) us
 シカゴPMI - 42分頃に会員向けに発表。すぐにツイッターで出回る事が多い。

5/1 (金) ※独、香港、中国、伊、仏休場
8:30 (JP) jp
 CPI - 一応。
10:00 (CN) cn
 製造業PMI - 予想50.0。オフィシャルのリリースなのであまりブレない。
10:30 (AU) au
 PPI q/q - PPIだが四半期に一度のリリースなので一応。
17:30 (UK) gb
 製造業PMI - 最近のイギリス指標は、初動に続いて継続的に動く事が多い気がする。
23:00 (US) us
 ISM製造業、ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) – U-Michは確報値なので無視して良いレベル。


一旦簡単に更新。

今回の日銀会合は、1日開催で展望レポートが出る会合
なので時間的にはいつもより遅くなり大体13時頃~14時近くまで伸びる事が多い。
過去3回のリリース時刻は下記の通り。

2013年 10月 13:14、2014年 4月 12:51、2014年10月 13:44

意外なようだが、外人勢は1日開催という事を知らない事が多い。
なので勝手に追加緩和期待を抱き、円売りを入れてくる場合も多いように思える。
その場合は追加緩和無しとのヘッドラインで円買いが増幅される事になる。
今回に限っては追加緩和期待は盛り上がっていないが、勝手に期待して裏切られるのが市場
例のごとく先走って円売りになる可能性は高いので、冷静にヘッドラインを待ちたい。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 |
<<来週の予定 - 利下げが既定路線のRBA、NFP、そして英総選挙。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - ECBとBOCは波乱は考えにくい。英総選挙を控えGBPはよりボラタイルに。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。