スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
正常性バイアスとトレーダー - 自分だけは何とかなる?
2015-03-27 Fri 00:39

正常性バイアスとは、

自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。 自然災害火事事故事件テロリズム等の犯罪などといった自分にとって何らかの被害が予想される状況下にあっても、都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価したりしてしまい、「逃げ遅れ」の原因となる。

人間の心は、予期せぬ出来事に対して、ある程度「鈍感」にできている。日々の生活の中で生じる予期せぬ変化や新しい事象に、心が過剰に反応して疲弊しないために必要なはたらきで、ある程度の限界までは、正常の範囲として処理する心のメカニズムが備わっていると考えられる。 (wikipediaより)

という事であり、自然災害や火事以外でもトレーダーによく見られる

自分だけは大丈夫、ここはサポートされない方がおかしい、絶対ここまで上昇する・・・
そんな事を書き込んだりつぶやいているトレーダーを見た事がある人は多いだろう。
特に投資を始めたばかりの初心者に多い
そして、このリンク先にあるように、

「異常と認めればすぐに何か行動を起こさなければなりませんが、正常の範囲と思っている間は何もしなくていいと思ってしまう」
「例えば、カエルを鍋に入れてゆっくり加熱していくようなものです、リスクが徐々に高まっているのに「まだ大丈夫」と思っているうちに身体が動かなくなってしまうのに似ています」 (http://goo.gl/bMi8eF)

と、最終的には取り返しの付かない事になる事が多い
対処出来ない程不利な状況になってしまうと、もはや正常に判断を下すのは無理になる。



FX始めたら1か月で奨学金40万円を溶かしてしまった
パート1:h
ttp://www.fx2ch.net/archives/43903386.html
パート2:http://www.fx2ch.net/archives/43903417.html

この初心者がFXに挑んだという記事には正常性バイアスが詰め込まれている

「わかってる」
「これはまだ上げるやつだな30くらいまで行くんだろ 買わないけど」
「そうですね、思い込みと希望的観測です。チャートを見てるときはポジりたくて仕方がないんです。」
「上昇前に念願の底L。これはお宝になる!118突破まで持っておくんだ・・・」


絶対にこうなる、自分だけは出来る、という思い込み

「逆張り脳がどうにもできねー」
「119.30くらいで掴む計画が完全にだまされたわ」
「変な相場でやるもんじゃないわ、やすむ」
「わざと損するように買ってみようかな?そしたら利益でたりしてwwwwwwwww」
「取り敢えず、94L確保。これが底になってくれ、120まで首根っこ掴んで誘ってやる」

そしてもはや正常な判断が出来ない脳になり、最後はまともな精神ではなくなる。
詳細、続きはリンク先でご拝読を。

 

正常性バイアスの具体例でよく挙がるのが、平塚市の例だ。
1981年10月31日、平塚市で突如、大規模地震の警戒宣言が発令されたとの誤報が流れた。
それを実際に無線や友人から聞いた市民は20.1%だった。
その20.1%の内、実際に信じ行動を起こしたのが3.9%、半信半疑だった人は10.0%
20.1%の内の残り86.1%の人々は、無視し行動を全く起こさなかった
たった0.201×0.039=0.78 (0.78%)、100人に1人未満の人だけが行動したという事になる
残り99人は聞いてなかった、自分は大丈夫だと思った、まだ大丈夫だと思った、という訳だ。

トレーダーでもそうだろう。
例えば日本国債を保有している個人投資家が1000人居るとしよう。
そして明日日本が突如デフォルトし、紙くずになるという情報があったとする。
そんな突拍子もない情報が突如飛び込んできても、普通は信じられないだろう。

その情報を実際に入手出来るのは恐らく1000人の内200人程度。
800人はその情報にすらアクセスが出来ない。
そしてその200人の内、実際に多少の損を出してでも行動を起こせるのは7、8人だけ
その7、8人だけが自分で情報を探ったり、または鵜呑みにして行動を起こす。
残り190人超は、信じないまたは半信半疑で全く行動を起こさないという事になる。

恐らく、実際に起きても似たような結果になるのではないか。



個人的にはよく、80対20の法則 (パレートの法則のようなもの)で物事を測る事がある。
以前、3大格付け会社による格付け発表日をまとめ、公開した事があった。
(https://twitter.com/kuroneko_island/status/558553199108313089)

例え1000人が公開したとの呟きを目にしたとしても、実際にそれをDLするのは200人。(1000*0.2)
そしてDLした200人の内、その格付カレンダーを一応考慮してみるのは40人。(200*0.2)
更にその40人の内、真剣に行動を起こしたり、格付けによる不要なリスクを回避するのは8人。(40*0.2)

恐らくこんなところではないか。

トレーダーが1000人居て、ある程度の成績を残せるのは200人。
その200人の内、何年も生き残れるのは40人。
その40人の内、飛び抜けた成績を残せるのは8人で、結局は1000人中8人だけが大きく成功する

そんな風に考えている。

実際、日本が突如デフォルトするリスクなんてものはほぼ0だ。
しかしドイツが格下げされ、ユーロが大きく下落するリスクはそれよりも格段に大きい。
その格付発表日が決まっているというのに、それを調べない手はないだろう。

相場には無数のリスクがあり、それを自分で調査し、判断し、コントロールする技術が求められる
指標前に不要なポジションを取らない、というのも立派なリスクコントロールだ。
しかしそんな事すらも、負けが込む内に正常な判断が下せなくなり、どんどん回避出来なくなる
感覚がもはや麻痺してしまい、リスクをリスクと認識が出来なくなる
正常性バイアス・スパイラル、とでも言うべきだろうか。

 

では正常性バイアスから抜け出すにはどうすれば良いか。
自分を客観視出来る環境に身を起き、客観視出来る脳を作り、リスクに敏感になるしかない。

ではそういった事を実行するには・・・それに対する答えがあれば、一流トレーダーが簡単に養成出来るだろう。
結局は、そういった事を常に意識しつつ、相場に臨むしかないのではないか。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 |
<<来週の予定 - NFP!Q1も終わり。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - まったりな週。PMIやFed高官発言多数。米CPIに注目。>>
この記事のコメント
ドイツ格下げですか
黒猫アイランドさま

こんばんわ、MIMIです。

ドイツ格下げ(噂レベル?)なんですか?

最近ドイツの経済指標良くなってきたのに、ドイツ格下げだと、ギリシャの話と相まって、またユーロ危機に逆戻り?

ユーロ相場は下がったり上がったりで忙しい日が当分続きそうですね。
(値幅が取れていいですけど。。。)
2015-03-27 Fri 02:22 | URL | MIMI #- [内容変更]
始めまして!
twitterとブログで有益な情報いつも拝見させてもらってます!!

3大格付け会社による格付け発表日DLして壁に張り日別カレンダー書き込んでいます!

殆んどが日本時間日付け変わりの土曜の夜ですよね。

あとのってないECBの格付け発表とかも調べまくりました!(過去の発表日時カレンダーに書いたりして)

4,5年前までは為替がメインだったのでそうゆう情報調べまくってたんですが、ここ数年は株がメインになってましてブログやtwitterで為替の情報仕入れています!

ながながすいませんでした!今後もツイート等楽しみにしてます(≧∇≦)
2015-03-27 Fri 06:30 | URL | call #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。