スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - マーケットオープン時からギリシャ総選挙で波乱含みに。インタビュー本の再販についても。
2015-01-23 Fri 22:49

1/25 (日) GE
ギリシャ解散総選挙 - 急進左派連合、Syrizaが第一党になるのはほぼ確実か。

1/26 (月)
18:00 (GE) de
 IFO景況感 – ECBがQEを導入した為、しばらく欧州の指標では方向感に欠けそう。

1/27 (火)
18:30 (UK) gb
 GDP速報値 - 速報値なので大きく動きそう。但し、速報値でも英GDPはブレにくい。
22:30 (US) us
 耐久財受注 - 大きくブレる事はあるが、最近の反応は鈍い。
24:00 (US) us
 CB消費者信頼感指数、新築住宅販売件数 - 両方とももはや小粒な指標。

1/28 (水)
9:30 (AU) au
 CPI - RBAも利下げ観測が強い。CPI次第ではAUD下落が加速する事も。
28:00 (US) us
 FOMC会合 - まだ利上げを予想する銀行は無い。原油安やドル高が利上げを遅らせるかどうか、注目。

1/29 (木)
5:00 (NZ) NZ
 RBNZ政策金利 – CPIは弱く、早くもRBNZの次の一手は利下げだ、という声も。声明には要注意。
22:00 (GE) de
 CPI速報値 - 17時~各州のCPIが発表され、最後22時に独全体のCPIが公表される。
22:30 (US) us
 新規失業保険申請件数 - 動いても10、20pips程度だろう。
24:00 (US) us
 中古住宅販売保留 - 空気に近い指標。

1/30 (金)
8:30 (JP) jp
 CPI - 動くかは分からないが、非常に注目される。
9:30 (AU) au
 PPI q/q - PPIだが四半期に一度の公表なので、少しは動くかも。
19:00 (EU) EU
 HICP速報値 - QEを導入した為、下に振れても限定的になるはず。
22:30 (US) us
 GDP速報値 - 米GDPはかなりブレやすい。
  〃  (CA) ca
 GDP m/m - 米GDPと同時発表なので、やりにくいだろう。
23:42頃 (US) us
 シカゴPMI - 最近はあまり動かない。
24:00 (US) us
 ミシガン大学消費者信頼感指数 - 確報値。一応。


今年のボラは凄まじい。
水曜日の日銀会合で追加緩和が無いと簡単にドル円は100pips以上も下げ、BOC会合でまさかの利下げ
行われるとUSDCADは2時間半で330pips程も上昇し、GBPCADに至っては500pips超えの暴騰を見せた。
そして木曜日のECB会合で予想を上回るQEが導入されると、結果的にEURは急落。
EURUSDは330pips程朝まで下落が続き、今日もまた250pips程の下落を見せ、1.10は間近。
EURUSDやEURJPY、EURGBPまでもが先程セリングクライマックスの様相を呈した。
EURUSDは去年5月には1.40付近だっただけに、もうパリティが視野に入ってきたというのが信じられない。

このボラティリティで死なない為にも、リスク管理には気をつけましょう。
ちなみに、自分用にリスク管理の為に、3大格付会社の格付け発表日をまとめたもの (エクセル)
https://twitter.com/kuroneko_island/status/558553199108313089
自分の為だけに使っても勿体無いので、是非活用して下さい。


来週の注目はFOMCとRBNZ、そして何よりもギリシャ解散総選挙。

FOMCではドル高や原油安の影響が間違いなく議論される。
SNBやECB、BOCなど各国中銀が相次いで政策を変更する中、Fedも…という見方が出てきたのは間違い無い。
米国経済が堅調な中でQEにまで逆行する訳は無いが、利上げ時期先送りは十分にある。
いつも以上にFOMC声明には注意したいところ。

BOCが利下げをし、RBAも利下げが織り込まれており、RBNZも万が一はあるかも知れない。
次の一手は利下げだという声が早くもあり、99%無いとは思うが利下げの可能性は捨てきれない。
声明に変更がある可能性は十分にあり、FOMCと同様に注意したい。


ギリシャ総選挙は急進左派連合、Syrizaが第一党となる事はもはや既定路線
十分に織り込んでいるとは思えず、EURは引き続き大きく動くだろう。

投票〆切が日本時間月曜日午前2時で出口調査は直ぐ出てくる
集計結果は5時頃に出るだろうとの事。
恐らく、マーケットオープンの3時にEURペアはギャップオープンするだろう。
持ち越しは要注意。

尚、ギリシャは政権を組むのにまず第一党が3日間の猶予を与えられ、第一党が政権を樹立出来なければ
次は第二党が、そして第三党にその権利が与えられ、それでも無理なら出直し選挙となる。
政権が樹立出来た後も大統領の選出2/28には同国への支援が切れるので、交渉が必要になる
ここから1、2ヶ月は何度も何度もギリシャ問題が蒸し返される事になりそうだ


インタビュー本について。

先日は通販開始後僅か7分で130冊が売り切れとなり、有難うございました。
流石にここまで早く売り切れるとは思っておらず、ビックリでした・・・。
アクセス集中の為かクレジットカード決済のエラーが発生し、その間に売り切れた、との声があったので、
少々申し訳なく思い、あと300冊を増刷し再販する事に致しました
以下が詳細になります。

1243

・マーケットのニャ術師 vol.1 1,800円
・1月31
日 (土) 12時00分開始
・発送方法は全国一律なレターパック510
・1人2冊まで
・再販は未定 (今度はエラーが多発しても再販は未定です。)
・在庫数は300部
・前回と同じく、BOOTH (https://cattles.booth.pm/) にて発売
・クレジットカード決済はエラーが多いようなので、なるべく他の決済方法で
・BOOTHのシステム上、一週間以内の決済が無ければキャンセル扱い

12時になったら手動で商品を公開するので、それまでは見ても何もありません。
前回と同様、クレジットカード決済だとエラーが発生する恐れがあります
ですので、なるべく他の決済方法を利用頂くようお願い致します

上にも書いてありますが、決済期限は一週間になります
それを過ぎるとキャンセル扱いとなり、個別の対応は致しかねます。
住所の間違いが何件があったので、お気をつけ下さい。
ちなみにキャンセルが発生した場合は、夏コミに持ち込む分としてストックしようかと思っています。


何かあれば再度、ブログやtwitterで告知致します。
前回買えなかった方々、是非ご検討下さい!!

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:3 |
<<インタビュー本の再販を昼12時~、夜0時~の2部制に変更します。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - ECBウィーク。中央銀行を盲信してはいけません。>>
この記事のコメント
Re: タイトルなし
すいません、眠くてぼーっとしていました・・・。31日の土曜日です。ご指摘ありがとうございます。
2015-01-23 Fri 22:50 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
パリティと聞けば始めた頃を思い出します。
2015-01-25 Sun 01:02 | URL | #- [内容変更]
31日の土曜日、お昼ですか。。。(>_<)がーん、
その時間、仕事です。。。
なんか御本に縁がないのでしょうか?涙でてくる。。。
2015-01-27 Tue 09:22 | URL | moko #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。