スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
※修正 来週の予定 - NFPは3月第2週で、大きな指標は無い。イタリア総選挙と日銀総裁人事、そしてバーナンキ証言。
2013-02-22 Fri 23:47


2/25 (月)
10:45 (CN) 
 HSBC製造業PMI速報値 - 製造業PMIなので注目度は高い。AUDに大きく影響。
25:55 (CA) 
 カーニーBOC総裁講演 - ロンドンの大学での講演。注目度は高くはない。

2/26 (火)
24:00 (US) 
 新築住宅販売件数、CB消費者信頼感指数 - 後者には少々反応しそう。
 〃 (US) 
 バーナンキFRB議長議会証言 - 半年に一度の議会証言。大きく反応するか。

2/27 (水)
18:30 (UK) 
 GDP改定値 - 改定値なので、そこまで動く可能性は低く、注目度も普通。
22:30 (US) 
 耐久財受注 - 最近の米指標はNFP以外で大きくは動かない。この指標も限定的か。
24:00 (US) 
 住宅販売保留 - 注目度は低い指標で、動いても10pipsか。
26:30 (EC) 
 ドラギECB総裁講演 - カトリックアカデミーで「欧州危機と中銀の役割」についての講演。

2/28 (木)
17:00 (SP) 
 スペインGDP確報値 - ほとんど影響は無いと思うが、念の為。
22:30 (US) 
 新規失業保険申請件数、GDP改定値 - 前回衝撃的な数値だったGDP。嫌でも注目される。
23:42 (US) 
 シカゴPMI - 3分前辺りに会員向けに発表。twitterで43分頃に出回る事も多い。

3/1 (金)
10:00 (CN) 
 オフィシャル製造業PMI - かなり注目。予想が50.4なので、50を下回れば相当印象が悪い。
10:45 (CN) 
 HSBC製造業PMI改定値 - 改定値なので動きは限定的だと思われる。
17:43 (IT) 
 イタリア製造業PMI改定値 - イタリア指標では滅多に動意付く事は無いが一応。
17:48 (FR) 
 フランス製造業PMI改定値 - 改定値だが、速報値の悪さが印象的だったので注目される。
17:53 (GE) 
 ドイツ製造業PMI改定値 - 同上。ドイツの方が注目度は高い。
18:28 (UK) 
 イギリス製造業PMI - 最近ポンドはこの指標を受けても動意は限定的なイメージ。
22:30 (CA) 
 GDP m/m - カナダのGDPではCADがほとんど動かないという印象。
23:55 (US) 
 ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 - 確報値なので、動いても5pips。
24:00 (US) 
 ISM製造業景況指数 - 大型指標だが、月初フローが入るであろう1日0時なので難しそう。



指標自体はそこまで大きな指標は無く、大きく乖離しなければ全体のリスクセンチメントに影響は無いか。
今週大きく動いたPMIの改定値中国指標米GDP辺りは動く可能性が大きいので、注意したい。

大きな材料と言えば、イタリア総選挙日銀総裁人事、そしてバーナンキ議長の議会証言
イタリア総選挙の投票は月曜日GMT14時(日本時間23時)迄なので、その後出口調査が続々出るだろう。
が、その結果としてどうユーロ相場が動くかのコンセンサスが無い
選挙結果自体は、無難に通過またはハッキリしないというのがコンセンサスなのだろうか。
よく分からないというのが大勢の見方な感じもするので、ユーロが動意付くかどうかも分からない。
また、このイタリア総選挙の注目度というのも日に日に下がっている感もある。
取り敢えずはベルルスコーニが返り咲きそうだったり、ハング・パーラメントならば多少売られるか

日銀総裁人事は対照的にコンセンサスがハッキリとしている。
武藤氏であればクロス円は売りその他であればクロス円の買い、特に岩田規久男氏なら大きく買い
武藤氏の場合でも副総裁に岩田規久男氏が提示される可能性もあるので、その点は注意。
日銀総裁人事を提示する1日前には報道が出るだろうか。
ヘッドラインで大きくクロス円が上下すると思われるので、固唾を飲んで続報を待ちたい。
勿論、国会中継で初めて明かされるようであれば、それは日本人トレーダーにとって大チャンス。
その可能性は著しく低いとは思われるが・・・。

最後にバーナンキFRB議長の議会証言だが、これは大抵24時きっかりに証言テキストが出回る
その後一通り証言が終われば質疑応答セッションに移り、議員からの質問に答える。
先日のFOMC議事録では大きくドル高に振れたが、これは投票権の無いメンバーの声を反映したとの声。
バーナンキ議長はハト派で、市場の期待をコントロールする為にハト派の内容を用意する事が予想される。
なので、基本の目線はドル安方向で待ち構えたいところだろうか。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - 穏やかな週。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 落ち着いた週。独の材料が多い。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。