スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 一転イベントに乏しい週に。ゆったり出来そう。
2014-09-19 Fri 17:07


(スコットランドは独立ならず。)

9/22 (月)
22:00 (EU) EU
 ドラギ総裁議会証言 - 今週のTLTRO入札がコンセンサスより遥かに低調だったので、注目したい。
23:00 (US) us
 中古住宅販売件数 – 10pips程度動けば良い方。

9/23 (火)
10:45 (CN) cn
 HSBC製造業PMI速報値 - 最近の中国指標は低調。20、30pips程度反応するか。
15:45 (FR) FR
 GDP改定値 - 一応。
16:00 (FR) FR
 製造業、サービス業PMI - 仏でもある程度乖離すれば10pips程度は動くかも。
16:30 (GE) de
 製造業、サービス業PMI - 以前よりはPMIで動かないが、20pips程度は動くか。
21:30 (CA) ca
 小売売上高 - 未だにカナダ指標は動く。

9/24 (水)
7:45 (NZ) NZ
 貿易収支 - 7月から一貫してNZDは売られ続けている。一応。
17:00 (GE) de
 IFO景況感 - 割りとブレ幅が大きい指標。だが最近はあまり動かない。
23:00 (US) us
 新築住宅販売件数 - 最近は住宅指標のブレが大きいが、反応は薄い。

9/25 (木)
11:30 (AU)
 スティーブンスRBA総裁講演 – 恐らく11時半解禁で原稿有り。
21:30 (US) us
 耐久財受注、新規失業保険申請件数 - 前者は前月大幅増の反動で大幅減予想。ブレやすい。

9/26 (金)
8:30 (JP) jp
 CPI - ドル円が109円と強いトレンドが続いているので、ちょっとした材料にも反応しやすい。一応。
21:30 (US) us
 GDP確定値 - 確定値なのであまり影響は無いか。
22:55 (US) us
 ミシガン大学消費者信頼感指数 - 確報値。余程ブレない限りは反応は無いだろう。


忙しかった週もあっという間に過ぎてしまい、来週からはまた落ち着いた相場に戻りそうだ
FOMC、SNB、スコットランド独立投票と振り返れば然程波乱という波乱は無かった
TLTRO入札が低調に終わった事でECBによるQE導入期待はくすぶり続けるだろうし、
独立が一旦無くなったもののスコットランドに対する懸念は今後も残るだろう。

そういった意味では、来週のドラギ総裁の議会証言は重要視されるだろうか
最近はECBがEUR高抑制の為のB/S拡大を強く意識しており、今月の会見ではTLTRO入札促進の為に
金利をそれぞれ10bpsずつ下げたと発言し、目標となるB/S規模にまで言及した。
だが蓋を開けてみれば市場予想の半分程度しか応札は無く、B/S大幅拡大→EUR大幅安は難しい
となると否が応でも市場参加者はQEというものを意識してしまう

まだ第一回入札が行われたばかりで、ABS等買い取りについても詳細はハッキリしていない。
今からQEを織り込むのは賢明とは言えないが、そこを勝手に期待して織り込むのがマーケットという物。
恐らくドラギ総裁は滅多な事は現時点で口にしないとは思うが、議会証言には注目してみたい。


他には単発的にイベントがあるだけなので、今週忙しかった分ゆったりとした週を過ごしましょう。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:1 |
<<今週の予定 - 先週の市場の動揺が続くかどうか。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | スコットランド独立投票結果はいつ出て、どうポンドに影響するのか>>
この記事のコメント
重ね重ね申し訳ありません…
探していたら見つかりました…

すみません。本当にすみませんでした!!

2014-10-05 Sun 16:17 | URL | 名無しさん #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。