スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 穏やかな週。
2013-03-09 Sat 11:01

3/11 (月) 米・加で夏時間スタート。
特になし。

3/12 (火)
18:30 (UK) 
 鉱工業生産 - 最近は然程動く印象が無い指標。
18:40 (SP) 
 スペイン6ヶ月物、1年物T-bills入札 - イタリアT-bill入札前の小手調べ。
19:10 (IT)  
 イタリア1年物T-bill入札 - 格下げ後初の債券オークションなので注目される。

3/13 (水)
19:10 (IT)  
 イタリア2年物、4年物、5年物、15年物国債入札 - 長期国債なので、要注意。
21:30 (US) 
 小売売上高 - 動いても20-30pipsだろう。米指標は特に動意が限定的。

3/14 (木)
 5:00 (NZ) 
 RBNZ会合 - 100%据え置き予想。だがNZ高への強い牽制には注意したい。
 9:30 (AU) 
 新規雇用者数 - 初動では動意が激しいが、2、3分したら途端に動かなくなる事が多い。
17:30 (CH) 
 SNB会合 - フロア変更を予想するエコノミストはほぼ皆無。
21:30 (US) 
 新規失業保険申請件数 - NFP後なので、動いても5pips程度だろう。

3/15 (金)
20:00 (EU) 
 LTRO返済額発表 - 初回以外はほとんど注目されていない。無視しても問題無い。
21:30 (US) 
 CPI、NY連銀製造業景気指数 - よく大幅に乖離する後者に注意。
22:15 (US) 
 鉱工業生産 - ±1%程度の乖離でやっと市場が動意付く。
22:55 (US) 
 ミシガン大消費者信頼感指数 - 速報値なので多少注目される。



前週と比べれば静かな週にはなりそう。

債券入札では、スペインはほとんど注目されていないが、格下げ後だけあってイタリアには注目。
T-bill(短期証券)は問題無いだろうが、長期国債の入札が不安視される

中銀の会合は、RBNZとSNB共に据え置きの予想
RBNZは先日Wheeler総裁が講演で強くNZD高を牽制し、介入の用意もあるとの発言でNZDが大幅下落。
その為政策金利自体は据え置きでも、否が応でも声明には注目が集まっている。
基本的には続落に注意しつつ、声明であまり踏み込んだ発言がなければすぐに買い戻されるリスクに留意。
SNBがフロアを変更すると見込んでいるエコノミストはほぼ皆無
若干名、預金(sight deposit)に課税をするのでは、と考えるエコノミストもいる事はいる。
メインシナリオは変更無しで無難に通過だろう。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - 黒田日銀、始動。(追記有り) | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | ※修正 来週の予定 - NFPは3月第2週で、大きな指標は無い。イタリア総選挙と日銀総裁人事、そしてバーナンキ証言。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。