スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
スコットランド独立投票結果はいつ出て、どうポンドに影響するのか
2014-09-17 Wed 19:55

まず、投票締め切りは日本時間19日朝6時
一番重要なのは、いつどのような形で投票結果が出てくるのか、という事。
だが情報としてかなり不確定な部分があり、現段階でも確信を持っては未だ言えない。

今の段階で判明しているのは、
・正式な出口調査はどこも行わない
・テレビなどが投票締め切り後独自に結果予想を発表する事は有り得る
・スコットランドの32地区が集計結果を発表すると予想される時間帯はバラバラ

(Huffinton Postの記事)

という事。
ノース・ラナークシャーなどは現地時間午前2時、アバディーンは現地時間午前6時頃と予想されている。
それを日本時間に直すと19日午前10時~14時
19日は日本時間朝6時の投票締め切り~14時、15時頃まで気が抜けないという事になる。


さて次はどう短期~中長期で相場に影響が出るのか、という点。
今のところ独立が可決される可能性は大体2割程度といったところ。

某外銀が行ったサーベイによると、やはり独立可決の可能性は20%程度
否決となった場合、その後1ヶ月でGBPが横ばいで推移との予想が35%、
上昇する/分からないとの予想が25%となっており、積極的に買われる事は無さそうだ。
僅差での否決がコンセンサスであって、また将来いつかの時点で再度蒸し返される可能性が
非常に高いので、積極的にGBPを買いたいと思う市場参加者はあまり居ないのだろう

以下は様々な銀行のエコノミストやストラテジストの意見。

【JPMorgan】
・独立可決の場合、数週間で6-7%の下落は可能
・投機筋は本格的にGBPショートでは無い為、否決された場合は3-4%程度の上昇に留まるだろう
・独立否決の可能性60% vs 可決40%

【BNP Paribas】
・否決の場合、モデルはGBPがUSDとEURに対して最低でも1-2%上昇する余地があると示唆

 

【Citigroup】
否決ならばGBPUSDは1.6500付近へEURGBPは0.79以下へ
・独立可決の場合、GBPUSDは1.6000以下へ大きく売られるだろう
GBPUSDは1.56もしくはそれ以下に下落する可能性は排除出来ない

【Morgan Stanley】
・可決された場合は向こう12ヶ月でGBPUSDは1.46に向けて下落する可能性

 

【Nomura】
・可決となれば数日でGBPは5-10%する可能性


【Commerzbank】
・長期的に見て貿易加重でGBPが4%以上下落する事は考えにくい
・短期的にはGBPにとって有害な影響


独立可決の場合のシナリオを書いているところが少ないが、否決された場合は一時的に
1.65-1.67
可決された場合は一日に3%程度で中期で5-10%の下落といったところか。

スコットランド独立投票に関してよく引き合いに出されるのが1995年のカナダ・ケベック州の独立投票
1995年10月30日に投票が行われ、恐らく開票31日に集計結果が出た。
Forexliveの記事  FXStreetの記事

bandicam 2014-09-17 19-38-02-013

そして否決となり、その日にUSDCADは高値1.3725 → 安値1.3345と380pips(-2.77%)もの値幅に。
GBPは現在ロングポジションがほとんど整理された事もあり、ケベック州独立投票結果は参考になりそうだ。
可決ならば1日で3%程度、値幅にするとGBPUSDで最大で400、500pips程度の下落になるだろうか
その後の不透明感が強い為、否決された場合の上昇幅はそれよりマイルドになると思われる。
200、300pips程度、GBPUSDで1.6500~1.6700辺りまで戻すのがやっとだろう。
CitigroupやBNP Paribasの見方は参考になる。


さて、あと48時間後には既に結果が判明して大きく動いているはず。
出口調査の件もyes/noに関してもかなり不透明感が強いが、逐次情報をアップデートして臨みたい。



為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 相場分析・アノマリー | コメント:6 |
<<来週の予定 - 一転イベントに乏しい週に。ゆったり出来そう。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 今週の予定 - 予定がみっちり詰まった週。これ程忙しい週はなかなか無い。(更新)>>
この記事のコメント
こ、このタイミングでこの更新……
イケメンすぎるでしょ…

「相場の神」の噂は本物ですね…
2014-09-17 Wed 20:03 | URL | #WO.8kER. [内容変更]
神なんて恐れ多いです^^;
この世界はモンスター揃いなので、自分なんてまだまだです。
2014-09-17 Wed 20:20 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
ご謙遜なさらなくても(笑)
それにこのブログに命を助けられた人も多いはずです。
僕もその一人ですし。

いつか黒猫アイランドさんのメルマガ配信が出来るのを楽しみにしています。

追記:2ちゃんねるでは「無敗の王」と呼ばれてました(笑)

では、失礼致します。
2014-09-17 Wed 20:33 | URL | #x7SNgv4U [内容変更]
スコットランドの記事ありがとうございます。
とても参考になりました。

ここで一つお伺いしたいのですが、
このポンド円の上昇を見ていると独立反対を織り込んでるのかなと思うのですが、黒猫さんはどのようにお考えですか?

2014-09-18 Thu 21:36 | URL | たま #- [内容変更]
Re: タイトルなし
>たまさん、
週末の世論調査で賛成が反対を明確に上回りポンドが大きく窓開けし下で始まった時にマーケットはかなり悲観的になり織り込む形でポンドが下落しましたが、その後の各種調査で後が続かなかったので消極的な買戻し、またはロングになったのだと思います。銀行等の予想を見ても基本は独立反対予想なので多少の短期ポンドロング構築もあるのかもしれません。
2014-09-19 Fri 06:57 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
今のところ反対派がリードしていますね。

この後の動きにも注意しながらチャートを見ておきたいと思います。

有難うございました!
2014-09-19 Fri 12:38 | URL | たま #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。