スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 日銀会合は波乱無しか。イエレン議長の半期に一度の議会証言。
2014-07-11 Fri 21:16

7/14 (月)
特に無し。

7/15 (火)
10:30 (AU) au
 RBA議事録 – 確かこの時AUDUSDは0.94台で、数日後にスティーブンス総裁から警戒する発言が出た。注意。
12時頃 (JP) jp
 日銀政策決定会合 - 追加緩和期待は限りなく小さい。地合が悪くなければほとんど動かない可能性も。
15:30 (JP) jp
 黒田日銀総裁会見 - 恐らくどこかがライブ中継するはず。だが想定問答のやり取りで終わる可能性大。
17:30 (UK) gb
 CPI y/y - 2013年辺りから英物価指数はEUや独CPIに連動中。低下圧力が強い。
18:00 (GE) de
 ZEW景況感 - 逆張り目線で臨むべき指標。多少は動くものの、あまり材料視される事は無い。
21:30 (US) us
 NY連銀指数小売売上高 - 前者の方が乖離する事が多く、後者はインパクトが強いがあまりブレない。
23:00 (US) us
 イエレンFRB議長議会証言 - 半期に一度の議会証言。恐らく時間通りにテキストが出て動く。

7/16 (水)
7:45 (NZ) NZ
 CPI q/q - 毎回0.1、0.2%の乖離はある。
11:00 (CN) cn
 小売売上高鉱工業生産、固定資産投資、GDP - GDPが一番重要。大本営発表なので大きくぶれる事は考えにくい。
17:30 (UK) gb
 失業保険申請件数失業率 - 2013年半ばからの英雇用市場の改善は目覚ましい。
21:30 (US) us
 PPI - 一応。
22:15 (US) us
 鉱工業生産 - 動いても10、15pip程度だろう。
23:00 (US) us
 イエレンFRB議長議会証言 - 今日は下院で。ほぼ間違いなく前日とテキストは同一。
  〃  (CA) ca
 BOC会合 - 市場予想は2015年Q3まで据え置きで変わりない。EURCADがいつものようにリードする展開だろう。
27:00 (US) us
 ベージュブック - ほとんど動く事は無いので、わざわざ起きている必要は無い。

7/17 (木)
18:00 (EU) EU
 HICP改定値 - 改定値。予想通りであればほとんど動かないだろう。
21:30 (US) us
 新規失業保険申請件数、住宅着工件数、建築許可件数 - 動いても20pips程度。
23:00 (US) us
 フィラデルフィア連銀製造業景気指数 - 最近はNY連銀指数程ブレなくなった。動きも限定的だろうか。

7/18 (金)
21:30 (CA) ca
 CPI m/m - まだカナダ指標への反応は良い。スキャルでインするチャンスは十分ありそう。
22:55 (US) us
 ミシガン大学消費者信頼感指数 - 速報値。あまり大きくはブレない指標なので、20pips程度が限界だろう。


今週は少しだけボラティリティが上がったように感じられた一週間だった。
ただ来週もそのボラティリティが継続するとも思えないのが辛いところ

日銀会合に関しては、市場の追加緩和期待は現状ほぼゼロなので失望も何も無いだろう。
結果発表後に無理矢理円高に振らされる可能性はあるが、強烈な円高になるとは考えにくい。
但し、USDJPYが101円ブレイクに近い位置にあった場合は据え置き発表にかこつけて無理矢理トライする可能性も

イエレン議長の議会証言は重要だが、つい先日FOMCがあったばかりで特段変化は無いだろう。
23時丁度にテキストが出て、それで少し相場が動いて終わり、の可能性が高い。
一応Q&Aセッションも有るが、イエレン氏は無難に回答する人なので相場が動意付くとは思えず。

bandicam 2014-07-10 10-58-33-670

ところで、米ドル/香港ドル(HSDHKD)は7月に入ってからほぼ下限の7.75で推移している
M&AやIPOで香港ドルに対する需要が増しているのが原因と言われているらしい。

過去に幾度もペッグ下限にタッチしてきたが、その度に香港金融監督局(HKMA)は防衛してきた
2009年なんかは半年程も下限で推移する事があったが、2010年には一時7.80ブレイクするまでに戻った。

現在の通貨制度の崩壊=香港経済の混乱に直結するので、当局は間違いなく防衛するだろう
米金利先高観からUSD需要が増すであろう9月、10月、もしくはそれ以降まで最悪覚悟する必要はあるが、
限りなく低いリスクで数十~数百pipsを稼げるチャンスなように思える。
資金効率はかなり悪いがこれ程までにリスク・リターン比率が良い取引は滅多に無い


勿論、最悪の自体は常に想定しなければならないが、興味のある方は是非。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:4 |
<<来週の予定 - 米国指標ウィーク。FOMC、GDP速報値、そしてNFP。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 低ボラ株高の流れが続くか。>>
この記事のコメント
こんばんは~。

15日火曜日なのですが、
18時からカーニーさんの発言ありませんか
(゚ー゚*?)

私のみてる指標サイトだと書かれていまして・・・

何のことについての発表かご存知でしょうか?
カーニーさん動くから怖い・・・@@
2014-07-14 Mon 00:24 | URL | ぽに #- [内容変更]
Re: タイトルなし
>ぽにさん、

こんばんは。その財務委員会での証言はBOEメンバーが金融安定化報告について行うもので、金融政策に関しての言及の可能性は低いかな、と思い除外してしまいました。が、ポンド高に関しての質問が出る可能性はあるし、何があるか分からないので一応注意した方が良いですね。
2014-07-14 Mon 01:21 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
ありがとうございます!

今日はイエレンさんの発言もありますし、ボラのないドル円も動いてくれればな〜と思います。

また、宜しくお願いします(^o^)/
2014-07-15 Tue 12:26 | URL | ぽに #- [内容変更]
こんばんは!

「今週の予定」記事はおやすみですかな?
(・w・;)アセアセ…

とても参考にさせていただいてるので、
お時間があるとき更新していただけると
嬉しいです!
2014-07-23 Wed 14:17 | URL | ぽに #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。