スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今週の予定 - 一番楽しいはずの第一週目。NFP+ドラギ会見が同時刻。
2014-06-30 Mon 14:27

bandicam 2014-06-30 13-03-38-916
(下落トレンドが顕著なJPMorgan G7 Volatility Index。止まらない。)

6/30 (月)
18:00 (EU) EU
 HICP速報値 - 既に追加緩和パッケージが発表された後なので、注目度は今回から落ちる。
21:30 (CA) ca
 GDP m/m - 20、30pips程度動く可能性。
22:42 (US) us
 シカゴPMI - 大体42分頃。45分に一般向けに発表。
23:00 (US) us
 中古住宅販売保留 – 10pipsも動かないか。

7/1 (火) ※カナダ休場
8:50 (JP) jp
 日銀短観・大企業製造業 - 上振れ、下振れでどう円相場に影響が出るか不明。動きも少なそう。
10:00 (CN) cn
 製造業PMI - 大本営発表なので大きくはブレなそう。
10:45 (CN) cn
 HSBC製造業PMI確報値 - 確報値。ブレは少なく動きも少ないか。
13:30 (AU) au
 RBA会合 – AUDUSDは0.94台前半で微妙な位置。様子見姿勢に変化があるとは思えない。
16:55 (GE) de
 独製造業PMI確報値 - 確報値なのでほとんど動かないだろう。
17:30 (UK) gb
 製造業PMI - 最近は英指標すら以前と比べ動かないな、と感じる。
23:00 (US) us
 ISM製造業 - 最近の米指標は芳しくないが、それ以上にあまりブレが無い。
23:30頃 (NZ) NZ
 GDTオークション - 乳製品の入札イベント。これを受けてNZDが数十pips動く事も。

7/2 (水)
10:30 (AU) au
 貿易収支 - たまに10、20pips程度動く事も。
17:30 (UK) gb
 建設業PMI - 前月から若干の低下予想。動いたとしても限定的だろう。
18:00 (EU) EU
 PPI - 一応。
21:15 (US) us
 ADP雇用統計 - 基本逆張り目線で。市場から全く信用されていない指標。
24:00 (US) us
 イエレンFRB議長講演 - IMFにて。24時半までの予定。テキストはあるか不明。

7/3 (木)
10:00 (AU) au
 スティーブンスRBA総裁講演 - テキスト有りとの事。http://www.rba.gov.au/media/index.html
10:30 (AU) au
 小売売上高、住宅建築許可件数 - インパクトは前者が大きいが後者はブレが大きい。
10:45 (CN) cn
 HSBCサービス業PMI - ほとんど動かないだろう。
16:55 (GE) de
 サービス業PMI確報値 - サービス業PMIで確報値なので、一応独だけ。
17:30 (UK) gb
 サービス業PMI - 今の相場の救いである英指標。20~40pips程度の動きにはなるか。
20:45 (EU) EU
 ECB政策金利 – 100%据え置き予想。先月、ドラギ総裁が金利は実質的に下限だと言い放った。
21:30 (EU) EU
 ドラギECB総裁会見 - 注目はQEの有無になるだろうが、様子見姿勢に終始するしか無いだろう。
  〃  (US) us
 NFP失業率、貿易収支、新規失業保険申請件数 - 盛り沢山なので難しい。
23:00 (US) us
 ISMサービス業 - 20、30pips動けば上出来。
27:15 (EU) EU
 バイトマン独連銀総裁、ドラギECB総裁講演 - 独与党CDUのイベントにて。19:15 CET~。

7/4 (金) ※米休場
特に無し。


一応注目される指標、イベントが沢山ある第一週目
だが最近の相場を見ていると、大きく動く気がしない

RBAとECBは様子見だろう。
特段状況の変化があった訳では無く、政策を変えるキッカケも無い。
ドラギ会見ではQEの有無が焦点にはなるだろうが、現段階でヒントを与える可能性は低い。
今与えてしまうとユーロ相場が催促相場に陥るのを助長するだけだろう。
中銀の基本的な役割である、「時間を稼ぐ」事に終始すると思われる。

7月4日は米独立記念日の為、NFPは3日木曜日の発表に
ドラギ総裁会見、貿易収支、新規失業保険申請件数と同時刻だ。
5年ぶりの珍事となる。

マーケット参加者はNFPを受け一瞬トレードして、直ぐ様ドラギ会見を聞くのでかなり慌ただしくなる。
となると、NFPが予想の範囲内であれば一過性の反応になる可能性が高いのでは無いか。
同時刻だが、だからと言って今の低ボラ相場で2倍動く、という事は考えにくい


結論としては、今週も基本様子見でボラが上昇したとしても一時的なんだろう
W杯が終われば次は夏枯れ相場に
8月が終わるまでは相場が大きく動くという展望を全く描けない。

動かないからと言って一層レバレッジを掛ける事が得策とは思えず。
脇目でスクリーンを見る程度にするか、収益目標を下げるか、休むのが賢明なんだろう。
勿論低ボラ・トレンドレスという状況を活かしたトレード方法を持ちあわせていれば最善だが。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 |
<<来週の予定 - 低ボラ株高の流れが続くか。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - Taperingは粛々と行われそう。早期利上げが示唆されたUK(GBP)には注意したい。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。