スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - ドル円が正念場を迎えてるのは間違いないが・・・果たしてブレイク出来るのか。
2014-05-22 Thu 15:36

bandicam 2014-05-16 22-24-33-984

5/19 (月)
特に無し。

5/20 (火)
17:30 (UK) gb
 CPI y/y – 30~50pipsは動きそうなイメージ。

5/21 (水)
8:50 (JP) jp
 貿易収支(通関ベース) - いつも少しトレンドが出来る。
---- (JP) jp
 日銀政策決定会合 – 100%据え置き予想。
15:30 (JP) jp
 黒田日銀総裁会見 - 大体いつも想定通りの無難な回答に終始するので動く事はほぼ無いか。
17:30 (UK) gb
 MPC議事録小売売上高 - 両方共動く指標なのでかなりやりにくい。
24:00 (US) us
 イエレンFRB議長講演 - ヤンキースタジアムでニューヨーク大学の卒業セレモニースピーチ。
27:00 (US) us
 FOMC議事録 - 最近はFedの利上げ時期に関して市場は敏感。動きそう。

5/22 (木)
10:45 (CN) cn
 HSBC製造業PMI速報値 - 20、30pips動きそう。
16:00 (FR) FR
 PMI速報値 - 仏でもPMIの速報値なら10、20pipsは動く事も。
16:30 (GE) de
 PMI速報値 - ユーロ圏で一番重要な独のPMI速報値。追加緩和への思惑にも繋がるか。
17:00 (EU) EU
 PMI速報値 - ユーロ圏全体のPMIはほとんど注目されないが一応。
17:30 (UK) gb
 GDP改定値 – ブレれば30~50pipsは動きそう。
21:30 (US) us
 新規失業保険申請件数 - 動いて10、20pipsといったところ。
  〃  (CA) ca
 小売売上高 - 米指標と同時だが、CADペアに限ってはこちらの方が注目されそう。
23:00 (US) us
 中古住宅販売件数 - 動いて10pips程度。

5/23 (金)
15:00 (GE) de
 GDP改定値 - 改定値なのであまり注目はされないか。
17:00 (GE) de
 IFO景況感 - あまり長続きはしない指標。
21:30 (CA) ca
 CPI - 単独での発表なので、EURCADが牽引すれば30pips程度はUSDCADが動くか。
23:00 (US) us
 新築住宅販売件数 - 住宅指標はほとんど動かない。


水木にまとまって指標があるだけで、指標予定だけを見ればあまり期待出来ない週になりそう。
ただし米株や米債、日経、金銀は今日~来週初頭辺りがサイクル的には変化日に当たるみたいだ。
材料に乏しいからといって今年はsell in May~が無いと高を括っていては足をすくわれかねない。

イエレン議長の講演は原稿はあるものの、内容的には全く期待出来そうにない
黒田総裁はいつも通り、質問には想定通りの回答をするだけだろう。
同じような単語ばかりを使うので見ていてつまらない。
日銀政策決定会合に関してはどう反応するかという予想が難しい


現状では100%据え置き予想となっており、追加緩和が行われる気配は無い。
だが常に一部の外人勢が追加緩和を見込んで居たりして、若干の失望は出る。
けれども市場は円ショートを大して抱えておらず、現状維持後の発表後に大幅円高になる気配は無い。
市場は発表後の円高を見込んでいるが、全員が全員、発表後の円高までを想定している

その結果、前回は発表後に一瞬下げてすぐにスクイーズされ結果円安という動きになった
日銀政策決定会合での据え置きという結果を受け円安は想像出来ないが円高も見込みにくい。
追加緩和期待も若干剥落してきている事だし、軽く上下に動いてレンジ継続だろうか。


但し、ドル円相場は重要なポイントに差し掛かっている事には間違い無い。

・日足200SMA 101.21
・月足転換線 101.01
・昨年6月~今年1月高値38.2%戻し 100.99
(・2月に異様に買い支えられた水準 100.80辺り)
・年初来安値 100.76
・週足50SMA 100.66

果たして何度もレンジブレイクに失敗したのに今回はブレイクなるのか。
目先はジリジリ円高傾向なのは疑いようが無いだろうが、そのパワーがあるかどうかは別。
市場は特に、本邦勢からの異様な買いが入っていた100.80辺りの水準は忘れていないだろう。
未だにボラティリティは遡れる範囲で過去最低圏にあるので、こまめな利確を心掛けたい。



※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:2 |
<<来週の予定 - 4月分本邦CPIが発表に。他にはロクな指標が無い週。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 米指標ラッシュ。BOEインフレレポートがメインになりそう。>>
この記事のコメント
黒猫さん こんにちは
いつも、記事ありがとうございます。

>指標予定だけを見ればあまり期待出来ない週

についてお伺たいのですが
この1文の意味は

 FXはその週を指標をみて、
 投機筋が仕掛けてくるかどうか をみて
 ボラが発生しそうだ
 故にトレードチャンスがありそうだ


っていうことなのでしょうか
2014-05-20 Tue 20:11 | URL | Y君 #mQop/nM. [内容変更]
Re: タイトルなし
>Y君さん、

仰る通りで、重要指標の前には投機筋が思惑から売買したり、投機筋だけでは無く様々なところがポジションを軽くしたりして動きが出やすく、また指標結果後には結果次第で様々な金融機関・個人がトレードをするのでボラが上昇しトレードの機会が生まれやすくなります。ボラ=収益機会です。
2014-05-20 Tue 22:06 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。