スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今週の予定 - 新FRB議長テキストに、何が起こるか分からないBOEインフレレポート。
2014-02-12 Wed 04:42

2/10 (月)
8:50 (JP) jp
国際収支、貿易収支 - 少し遅れて小さなトレンドが出来る事が多い。

2/11 (火) ※日本休場
22:30 (US) us
イエレンFRB議長議会証言テキスト - 議会証言に先立ち公表。
24:00 (US) us
イエレンFRB議長議会証言 - 半年に一度の金融政策及び経済についての議会証言。Q&Aも。

2/12 (水)
---- (CN)
貿易収支 - 時刻は未定だが、過去の発表時刻からして大体11時前後、または12時前後。
17:15 (CH) ch
CPI - 動いて10pips程度。
19:30 (UK) gb
BOEインフレレポート - 予想はかなり複雑化しており、大きく動くだろうがどう動くか予想しにくい。
24:30 (EU) EU
ドラギECB総裁講演 - 事前原稿等は不明。利下げ期待が高まっているので注意。

2/13 (木)
9:30 (AU) au
失業率新規雇用者数 - 現在は一旦AUD買戻しが優勢になっている。
22:30 (US)
新規失業保険申請件数小売売上高 - 最近小売売上高はブレても0.3 – 0.4%程度。
24:30 (US) us
イエレンFRB議長議会証言 - 今度は上院の銀行委員会にて。恐らく・・・内容は先日と同様?

2/14 (金)
10:30 (CN) cn
CPI - 多少AUDが動くだろうが、20pips程度だろう。
15:30 (FR) FR
GDP速報値 - 仏GDPでは動いても5 – 10pips程度。
16:00 (GE) de
GDP速報値 - 独GDPも普段はあまり相場を動かす材料では無い。動いて20pipsといったところ。
19:00 (EU) EU
GDP - 一応。
23:15 (US) us
鉱工業生産 – 0.5%程度の乖離ではほとんど動かない。
23:55 (US) us
ミシガン大学消費者信頼感指数 – 速報値なので多少は動きそう。



遅くなりました m(_ _)m

さて、今週は英米の中銀総裁が主役の週
今年は今のところ、新たなテーマが降ってきたと思いきやすぐに沈静化してしまい、
全体としていまいちトレンドが出来ず、相場としては魅力にかけている展開。
そんな中、上記2つはトレンドが作られるキッカケには十分なり得る

まずは今日22時半にリリースされるイエレン議長の議会証言テキスト
基本的には前任者の立場を踏襲する形だと思われ、大幅なサプライズは見込みにくい。
勿論相場は反応するだろうが、雇用統計ほどのインパクトはないかも知れない。

自分の中ではイエレン氏はハト派な現実主義者という位置付け。
指名に際した公聴会では、モデルを用いた説明や一般論に終始していた
議長という立場には十分気を払っているという印象で、突拍子も無い発言が出る気はしない
だからこそ、彼女が新議長として選ばれたのだろう。
ただ、Q&Aセッションでは少し踏み込んだ発言が有るかも知れないので注意したい


問題はBOEインフレレポート
これはA or Bという明瞭な展開では無く複合的なアプローチになるだろうとの予想。


・現在の枠組みから、Fedのような各委員の金利見通しを点(dots)で示す形に切り替える ()
・賃金上昇率など広範な雇用関連指数を判断材料または目標として取り入れる ()
成長見通しの引き上げ、失業率予想の引き下げ (可能性:)
失業率目標を7%から引き下げる (中銀見通しの信頼性が落ちる為)

ハト派予想バークレイズ、ドイチェ、モルスタ、クレディスイス、BofAML
タカ派予想
JPモルガン(?)、シティバンク、RBS
※文章から読み取った印象。

というのが主な金融機関の予想。

Fedも同様だが、目標というのは中銀の綿密な予測を基にして設定されており
これを簡単に変更するという事は中銀の見通し自体当てにならないという事になる
となると、中銀が安易に目標を引き下げる事は無いだろうという予想が圧倒的だ

インフレレポートがどうGBPや英金利に影響するかはかなり意見が分かれている
最近はGBP高抑制姿勢が顕著になっている事もあって、全面にタカ派姿勢は無いだろう。
各委員の金利見通しをどう読み取るかは市場次第。
なので結局は、流れが出来た方に着いて行くしか無い。
ただGBP安になったとしても、最近の英経済を考えればそれは一時的だとの声もある。


何れにせよ、大きく動きそうなのでリスクは控えめに

 

※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 |
<<来週の予定 - トレンドレス相場はそろそろ終わりか。1995~1998年との奇妙な相似。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | efx(旧サザインベストメント)の新ECN取引システム (Currenex)・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。