スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
朝7時のトルコ中銀緊急会合結果を控えて
2014-01-29 Wed 04:00

CBRT

先日21日にトルコ中銀は市場の期待を裏切りトルコリラは大きく売り込まれた
外貨準備が比較的少ないと思われており、このまま中銀が無策だとトルコを皮切りに
新興国危機に発展し兼ねない事態になっていたので、慌ててトルコ中銀が臨時会合を発表した。

この後日本時間7時に発表する事になっている。
そんな時間の会合結果発表は怪しいと市場から睨まれて、大幅な利上げに加え
資本規制にまで踏み切るのでは、という観測が出たが
本日夕方にバシュチュ総裁
資本規制は選択肢に無いとし、深夜の会合開催理由も併せて説明した。
(政策委員の一人が米国から帰国する為に遅くなるだけとの事。)

なので選択肢は政策金利一本に絞られた。
トルコには政策金利と呼べるものが3つあるが、オーバーナイト(O/N)貸出金利がメイン金利だ。
(3つ → 指標レポレート、O/N貸出金利、O/N借入金利)
現状は7.75%で、2.25%引き上げて10.00%になるとの予想がコンセンサス
但し銀行等の予想にはかなりバラつきが有り(画像参照)、不確実性が高い
ロイターの記事だと予想レンジは125bp – 425bp (1.25% – 4.25%)となっている。
http://goo.gl/NR7a2x
通常メジャー通貨国であれば多くの銀行が予想を出し、ある程度はシナリオが想像出来るものだが、
やはり新興国の中央銀行という事で環境も勝手も違い、予想は立てにくい


予想通り2.25%の利上げとなれば、一旦は新興国危機は収まるとの見方が多い
その場合、既に会合結果を見越して買われているトルコリラがどうなるかは分からないが、
アルゼンチンやトルコを発端としたリスクオフで大幅な円買いに傾いたので、
10.00%の引き上げ+断固たる態度を示せばリスク資産高+円売りになるだろう
逆に決定内容が中途半端な利上げなど不十分な内容であれば、また円買いになりやすい

あと凡そ3時間後。
7時なので多くの業者でロールオーバーで、更にはスプレッドが著しく開きやすいが、
恐らく円相場にまで波及する事となるので、参加するのであれば注意して取引したい。



為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 指標 | コメント:2 |
<<来週の予定 - 米失業率とNFPはどう転んでも相場撹乱要因になりそう。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 今週の予定 - 新興国メルトダウン?>>
この記事のコメント
こんにちは
このリスクオフはいつまでつづくのでしょうか。。。日経は、14000円割れになるのでしょうか
2014-01-30 Thu 16:44 | URL | いま #- [内容変更]
Re: タイトルなし
正直なところ長いスパンのトレードはしないので中期的な見通しはサッパリ分かりません。
ですが今年前半~半ばまでには一度ドル円が90円台前半~半ばまで落ちる可能性はあると思います。
そうなると、ドル円との相関性を考慮して中期では一旦14000円割れも有り得るかも知れません。
2014-01-31 Fri 00:57 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。