スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 中国PMI、RBA、BOJ、BOE、ECB、NFP・・・と盛り沢山。
2013-03-29 Fri 14:27


4/1 (月)
 8:50 (JP) 
 日銀短観 - 最近動いた記憶は無いが、念の為注意。
10:00 (CN) 
 中国製造業PMI - 公式PMI。10 - 30pipsは動くと思われ、トレード機会も十分ある。
10:45 (CN) 
 HSBC製造業PMI - 公式PMIの後なので、インパクトは薄いもやはり10 - 20pips程度動くか。
23:00 (US) 
 ISM製造業 - 先月の反応からすると、10pipsは動くか、というところ。

4/2 (火)
12:30 (AU) 
 RBA会合 - 現状では28/28人=100%据え置き予想。今は然程材料視されていない。
16:13 (SP) 
 スペイン製造業PMI - スペインは目下注目度が低い。
16:43 (IT)  
 イタリア製造業PMI - イタリアはユーロ圏の中でも不安視されているので、少々注目。
16:48 (FR) 
 フランス製造業PMI改定値 - 仏PMIの改定値なので、余程ブレなければ反応は薄い。
16:53 (GE) 
 ドイツ製造業PMI改定値 - 独PMIには要注意。下ブレだとECBの利下げへの思惑も。
17:28 (UK) 
 製造業PMI - 最近の英指標は一方的に下げたり、という事が多く難しい。

4/3 (水)
21:15 (US) 
 ADP雇用統計 - 相変わらず市場からの信頼度は低いが、多少は動きが出る指標。
23:00 (US) 
 ISMサービス業 - 元々あまり動かない指標。

4/4 (木)
 9:30 (AU) 
 住宅建築許可数、小売売上高 - 後者のインパクトが強いも、前者はよく乖離するので注意。
---- (JP) 
 日銀政策決定会合 - 緩和はほぼ織り込み済み。sell the factになりやすい。
---- (JP) 
 黒田日銀総裁会見 - 概ね16時20分 - 40分に会見内容が出回る。初めての会見なので注目
16:53 (GE) 
 サービス業PMI改定値 - 火曜日と同様に西、伊、仏のサービス業PMIもあるが独だけで十分。
17:28 (UK) 
 サービス業PMI - 先月は少しの上振れでかなり動いた。上ならサプライズで動きが大きいか
20:00 (UK) 
 BOE会合 - 現状32/35人=91%据え置き予想。PMIが悪くも据え置きならば、多少上か。
20:45 (EZ) 
 ECB会合 - 現状50/51人=98%据え置き。だが一部で利下げの思惑があるのは確か。
21:30 (US) 
 新規失業保険申請件数 - NFP前日なので多少注目度は高い。
 〃 (EZ) 
 ドラギECB総裁会見 - 利下げ討議の有無やキプロスについてなど、かなり注目されている。

4/5 (金)
21:30 (US) 
 失業率NFP - 予想中央値は現在195k。概ね100k台後半の予想が多い。
 〃 (CA)
 雇用ネット変化率 - またまた米NFPと同時発表。手が付けられない。



今週とは打って変わって、来週は毎日何かしらの材料がある。

中国にしろ欧州各国にしろ、PMIは今の相場で一番動きが期待出来る指標
欧州各国のPMIは改定値ではあるが、ドイツやフランスのPMIでは動くだろう。
特に独PMIは下振れがダイレクトにECB利下げ懸念に繋がる可能性もあり、注意してトレードしたい。

RBAは先月の会合や議事録からして、今月は何か動きが出るような環境ではないだろう。
BOEも3月の議事録で3-6での否決で変わりなかったので、4月にいきなり追加緩和、という状況でも無い

日銀は100%と言っても良い程追加緩和が見込まれている
が、黒田氏が日銀新総裁に決まってから今までの円相場は、追加緩和への期待で下値が限定されていた。
その為に、余程インパクトのある決定がなされない限りは、sell the factで円買い戻しになるだろう。
しかし逆の逆で、相場参加者が一様にsell the factで待っていれば、調整も浅くなるのかも知れない。

問題はECB
98%の確率で金利据え置きではあるが、シティバンクはキプロス情勢を鑑みて利下げもある、との事
BofAMLは公式には据え置き予想だが、やはり予防措置的な利下げがあるかも知れない、と。
その場合は独PMIが大きく関わっていて、独製造業PMIが50を下回っていれば可能性もあるらしい。
しかし先月のECB会合やノボトニー中銀理事などの発言からは利下げの必要性は感じられなかった
据え置き予想とは裏腹に、一部の利下げ予想及び、利下げへの思惑からのユーロ売り、それから
実際に利下げが無く据え置きだった場合のユーロ買い戻しのリスクには十分留意したい。

スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - 第2週目はまったりと。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - イースター前の聖金曜日を控えて流動性が細る週に。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。