スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
専業トレーダーとは何か。実際どうやってファンダ分析をトレードに活かすのか。
2013-11-26 Tue 05:31



よく言われる話。
ファンダメンタル分析はよく分からない。
ファンダメンタル分析なんて無駄でテクニカルで十分。
ファンダメンタル分析をしてもどう活かすか分からない。

そりゃあそうだろう。
ファンダメンタル分析の本なんて大した物は売っていない
(例外として最近読んだ西原宏一さんの本は良かった。)
体系立った学習法なんてものもありはしない。
目の前に教科書を何冊も置かれ、一人で一から極めるようなものだ

だがそれでは話が終わってしまう。
それに正直、自分の見通しに意見をぶつけてくれる人は常に欲しいと思っている。
なのでファンダメンタル分析の活かし方を実例を挙げて紹介してみたい


まず先に一つ、良いスレがあったので紹介。
「外国為替トレーダーだけどなんか質問ある?」
http://kabooo.net/archives/28848866.html

スレ主は銀行の為替デリバティブのトレーダー(ディーラー)らしい
以前のブログにも書いたが、初期の学習に於いて最善の方法は成功者を真似する事だ
それも本当のプロを探し出して真似をする事
個人的にそれは銀行やHFのディーラーだと思っている。
良いレスを下に抜粋してみた。

>プロはいろんな数字に出やすい数字には多めに、出にくい数字には小さめにかけます
エッジを見極め、リスク量を調整する

>最初は仮想トレードやらされましたよ
>で、なんでここで買い(売り)なんだとか理由聞かれてそれに答えるみたいな
トレードの際は常に相場に理由付けをする

>だからこそ考えるのが楽しいんですよね
>世の中のいろんな出来事が為替に影響してて
>たとえば去年の震災の時なんてこの震災が為替にどう影響するかなんて
>その瞬間は誰も考えてないわけですよ
>で、みんなが日本はやばいから円安だ!なんて言ってたら実際は円高に進んだりなんかして
>そういう頭の休まる暇のない日常が楽しいというか、相場の事を考えない瞬間がないのが楽しい
>非トレーダーの金融関係者が日経新聞読んでるときにはもうその情報は古いんですよね。
>そういう先を行く感覚がやめられない。
基本中の基本は楽しむ、楽しめるという事。
 更には、好き好んで自ら先を予想する事が大事。

>たとえば、この前大きく為替が動いたのは日銀の政策決定会合
>「政策決定会合でこんな発表がありました」これは僕にとって意味のない情報
>「政策決定会合でこんな発表があるだろうな、というとみんなはこう考えて値動きはこうなるだろうな」
>という自分の考えが意味のある情報
イベント後にから情報を分析して頭に入れるのではファンダメンタル分析をしているとは言えない。
 相場を動かすファクターを事前に考え、それに大してどういった値動きが発生するかを考えるのが本当の分析。
 

一言でまとめると、自らアナリスト、ストラテジスト、そしてトレーダー(ディーラー)になる必要があるという事だ。
①アナリスト:相場や相場を動かすファクターを分析する。何がこれまでに起こり、何が起きそうかを予想する。
②ストラテジスト:その上でどういう戦略を取るか決定する。
③トレーダー:実際に相場でトレードをする。

(それに加えて実際にはリスクマネージャーの役割も果たす必要がある。)

専業個人トレーダーというのはこれを全て一人でやる必要がある。
これを全て一人で出来、更には楽しめてこそ一人前の専業トレーダーというものだと思う。
だからこそかなりハードルは高いし、ずっと生き残っている専業トレーダーなんてごく僅かな訳だ。


さて、次は実際ファンダメンタル分析をトレードに活かす方法。
先週実際に自分が行ったトレードを基に紹介してみる


まずは相場を動かしそうなイベントの予定を整理する。
 http://kuronekoislandfx.blog.fc2.com/blog-entry-260.html
例) 18:05 (AU) au スティーブンスRBA総裁講演 - テーマが「豪ドル - 30年の変動制相場」
 
そしてイベントからどういう風な動きが出やすいかを予想する。
例) 最近A$高牽制が繰り返され、A$はその度に下落している
   この講演のテーマからしてA$高に強く言及する可能性は高い
   RBAのウェブサイトを見ると、事前原稿は有るとされているので18時5分きっかりに通信社にヘッドラインが流れる。
    (The text of the speech will be available under embargo → 18時5分に原稿が解禁になる)
   となると市場参加者は直前、特に18時頃からAUD売りのマインドで攻めてくる可能性は高い
   だが最近は何度もA$高牽制がされ、市場参加者もそれを見越してA$を売る可能性は高い
   となると事実書いが出やすくなる可能性も高くあまり18時5分になった後あまりホールドすべきでは無い
   寧ろ底堅さを見せるような状況次第では事実書いに乗ってドテン買いをすべき

当日、実際にトレード。
例) 18時頃から実際にA$が下げ始めたので、18時5分を前にショート
   18時5分きっかりに通信社からヘッドラインが出て、AUD/USDは1分で23pips下落した
   ヘッドラインを見ている暇は無いので取り敢えず事実買いへの警戒感からショートを利益確定、少額ドテン
   髭が13pipsもあり、実際に事実買いはある程度発生していたと思われる。
   ヘッドラインの抜粋をtwitterでチェックし、「A$安の為の為替介入にはオープン」との発言からロングは早期利確
   一旦様子見で、先程の安値を割って更に下落したところでA$が底堅いのを確認して、A$買い回転でスキャル

AUD

何故このトレードを行ったか。
単にそこにエッジ(優位性)がハッキリとあり、理由付けが出来るトレードだったからだ
一番エッジがあった18時~のショートの枚数が一番多く、ドテン買いやその後の買い回転主体のスキャルは少なめに。
18時~のショートも、万が一18時5分に一転買われるリスクを考慮して、1秒程度で捌ける枚数にはしておいた。
(でも実際、毎回こんなに上手くいく事は無い・・・。)



これがファンダメンタル分析から戦略を練り、実際にトレードを行った一例
要はイベントという一瞬、もしくはトレンドという短期~中期でエッジを見出し、リスクを調整しつつトレードするという事だ
自分の中ではこれが基本中の基本であって、トレードの核になっている。

スキャルピングにしろデイトレードにしろ、そこにファンダメンタル分析を活かす余地は大きい
テクニカル分析は否定しないし、寧ろ両方を活かせれば最善だろう。
自分はテクニカル分析には疎いので、SMAや一目均衡表から重要なポイントを判断する程度にしか使えていない。

一から学ぶのであれば頭が真っ白になるだろうし、1日2日で理解出来る事では無いと思う。
だが一度やるべき事を覚えればあとは毎日毎週少しずつ積み重ねさえ怠らなければぐっと楽になる。
(一点協調したいのはこれが全てでは無いという事。慣れてきたら自分の方法を見つけられるはず。)


基本を抑えたら後は応用だが、応用を考える頃には自分であれこれ考えて出来るようになるだろう。
なので最後に参考にしているサイトやブログ、メルマガだけ紹介しておきたい。

・Klug http://www.gci-klug.jp/
・Reuters http://jp.reuters.com/
・Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp
・WSJ http://jp.wsj.com/home-page
・DailyFX 経済指標発表予定 http://www.dailyfx.co.jp/market/calendar-detail.html
・Market Win 24
・ロンドンFX http://londonfx.blog102.fc2.com/

・西原宏一のシンプルFXトレード http://www.fire-bull.info/ni/
・週刊 本石町日記 http://foomii.com/00016

・twitter (ReutersやBloombergの端末に匹敵する程価値のある速報性に優れたツール。)



為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 相場アプローチ法 | コメント:18 |
<<来週の予定 - 中銀会合×4にNFP。19日FOMCまでの流れを左右する週に。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 感謝祭もあり久々にほとんど何も無い週。現トレンドがそのまま続きやすいか。>>
この記事のコメント
考えなくても駄目だし
考えすぎても駄目だし
なかなか難しいですね・・・
2013-11-26 Tue 08:03 | URL | ロップ #- [内容変更]
前記事のコメント欄に紹介されてた水上さんのコラム面白そうですね!
これから全て読んでいきたいと思います。
しかし、例え良いものだとしても有料情報は…何か繋がりがあるのではなどと警戒してしまいます。
2013-11-26 Tue 10:23 | URL | 降旗 #- [内容変更]
>ロップさん
刻々と変化する相場に如何に早くスマートに対応するか・・・永遠の課題です(- -;)

>降旗さん
水上さんのコラムは個人的に随分と参考にしました。
疑う目を持つのは良い事だと思います。
しかし有料=全て悪という図式でフィルターを掛けるのは一番勿体無い事です。
例えば西原さんのメルマガは10日間の無料期間もありますし、本石町日記さんのメルマガはバックナンバーが見れますし、お金を掛けずに判断は出来るはずです。
疑う前に何でも試す姿勢は大事だと思っています。
2013-11-26 Tue 10:55 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
めちゃくちゃ詰め込んだ末にシンプルに絞るのが、
様々なトレーダーの共通点のように感じます。
情報は溢れまくっていて、無料有料含めピンキリなので、選択は難しいですよね。
良し悪しも合う合わないもあるし、詐欺もあるし(笑)
そんなにたくさんの情報を買ったわけではないですが、有料のほうが収入につながる率が私の場合、今のところは高いです。
クソみたいな商材もあったのでそういうのは自分の判断力のなさを嘆いておきました。
基本、有料かつ詳細が抽象的(お試しや、レビュー等がない)だと、怪しげと疑ってるんですけどね。

黒猫アイランドさんのここはgoodです。……(´ω`)。
毎週メモして参考にさせて貰ってます。
2013-11-27 Wed 08:02 | URL | ミココロ #F9ckFCGU [内容変更]
いつも勉強させて頂いております。
テクニカルとファンダの融合をここまで追求されていることに感服します。
2013-11-27 Wed 10:53 | URL | ppppn333 #- [内容変更]
コモディティや株価指数等は取引なさらないんですか?
この調子でいけば一人マクロヘッジファンドになれそうな。
2013-11-28 Thu 16:12 | URL | #- [内容変更]
http://www.gci-klug.jp/mizukami/2011/05/14/012562.php
今、ここまで読ませて頂きました。
改めて、良いコラムを紹介してくださりありがとうございます。
とても興味深く、勉強になります。
コメント欄は貴殿でしょうか ∀゚)
2013-11-29 Fri 14:26 | URL | 降旗 #- [内容変更]
>ミココロさん、
詐欺も多いし、良い商材やメルマガでも確かに性格に合う合わないがありますよね。
多くのトレーダーの場合、ノウハウが分かってきて結果効率が上がり、シンプルな事に集約される事が多いのかと思います。

>ppppn333さん、
融合が出来ているかは分からないですが・・・頑張ります^^;
テクニカルに関しては、下の方々が凄いです。
Forex Watcherさん http://www.forexwatcher.com/elliojpn.htm
やまはFXさん http://blog.goo.ne.jp/yamahafx
2013-11-30 Sat 14:26 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
一人マクロヘッジファンドは目標なのですが、1日20時間働かないといけなくなりそうなので・・・(-_-;)今はゆったりまったりやってます。
2013-11-30 Sat 14:29 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
>降旗さん、
水上さんのコラムからは、相場とどう向き合うか、という事に関して学びました。
こんな良いコラムが埋もれてしまっていて、本当に残念です。
・・・恥ずかしいのでノーコメントです(*´Д`)

>u***さん、
ドル円の110円辺りは、あくまでも2014年の目標値として考えています。
株価指数に関しては素人なので、申し訳ないのですが明確には回答出来ません。あくまでもドル円との兼ね合いでいうと、大体1ドル上昇=288円日経が上昇という展開で今まで来たので、110円が目標として日経は来年に17500~18000円辺りまでの上値余地があるのかと思います。勿論ドル円以外にも変動要因があるので、何とも言えないのですが…。
ダウは一層難しいのですが、次の目標は2007年高値~2008年安値の138.2%戻しである17150ドル辺りでしょうか。ただTaperingを控えて難しそうですね。
2013-11-30 Sat 14:44 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
堀内昭利氏の"市場の神々"を読んでいたところ、p190に下記のような記述がありました。既にご存じかもしれませんが・・・
「中山茂君が新人を教育するのに、ただひたすらロイターのスクリーンを眺めさせていたというが、それは正しい。下手な解釈よりスクリーンが発しているものを肌で感覚的につかめるようになることがディーラーとしての初歩だろう。」
職人芸とかartの話に近くなるので、分からない人にはどうやっても伝わらないことも多々ありそうですが、やはりこう言う側面は極めて重要なのだと思いました。
2013-12-16 Mon 21:06 | URL | #- [内容変更]
2013-12-16 Mon 21:06のコメント、本来は"第六感"の記事に寄せるべきコメントでした。失礼しました。
2013-12-16 Mon 21:31 | URL | #- [内容変更]
Re: タイトルなし
> 堀内昭利氏の"市場の神々"

チャーリー中山さんとの対談本は読んだ事があるのですが、これは知りませんでした。あの中山さんがそんな新人教育をしていたとは・・・。やはり無機質なスクリーンから何か感覚を掴むというのは、とんでもない事に聞こえますが大事なんでしょうね。良い情報有難うございます。
2013-12-17 Tue 15:21 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
こんにちは。はじめまして。
黒猫さんにこの記事のことで、どうしても聞きたいことがあります。
それは「事実買い」という用語が具体的にはどういうことなのか、よくわからなかったのですが(頭悪くてすいません)、
例えば、こういうものが事実買いだということみたいな具体例をよかったら教えてください。
お手数かけますが宜しくお願いします。
2014-07-14 Mon 20:04 | URL | みけ #8iCOsRG2 [内容変更]
黒猫さんではありませんが、代わりに返信します。

みけさんへ。
噂で買って、事実で売る
http://goo.gl/PzcNmH
2014-08-26 Tue 11:53 | URL | トル猫 #Z5GHyyj6 [内容変更]
Re: タイトルなし
大分お返事が遅くなってしまい申し訳ないのですが・・・
http://kuronekoislandfx.blog.fc2.com/blog-entry-263.html
http://kuronekoislandfx.blog.fc2.com/blog-date-201401.html
http://blogs.yahoo.co.jp/kuroneko_island_nya/15512205.html#15558739
具体例としてはこのようなものでしょうか。
そのイベントまでに十分に織り込む動きが出て、イベントで予想通りの結果になった場合にポジションを手仕舞う動きが出る、という事です。
2014-09-10 Wed 01:07 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
こんにちは、とても参考になるブログで助かっています。

情報ソースにtwitterを利用されているとのことですが、おすすめのフォロー先を良ければ教えていただきたいです。
2015-01-07 Wed 07:52 | URL | #- [内容変更]
Re: タイトルなし
トレードスタイルや外国語の可否によって随分と違って来るとは思いますが、フォロワー数が多い方々がフォローしている人達、また金融関係者がフォローしている方々は全体として参考になるかと思います。
2015-01-12 Mon 02:35 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。