スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
トレードに役立つ第6感を鍛える。
2013-11-21 Thu 23:41

price

「FXを教えてくれ」と言われる事がたまにある。
そういう人には基本的に教えないし、関わろうとも思わない。

自分の勝手な意見だが、何かで成功したい、この道を極めたいと思う人は自分から進んでやるものだ
そして、そういった好きで自ら勉強し続けた人しか大抵成功しない


元々かなり頑固で好きな事は苦にならずずっと続けられる性格で、考え方は常にコンサバ(保守的)。
成功するのに近道は無いと思うし、まずは基本を学んでその道の王道を歩む、という考えで今まで来た。

例えば英語の習得ならば極力周りの環境を「英語」にし、発音はとにかくネイティブの真似をする。
FXでも、個人で成功している人では無くプロディーラーの真似をしてプロディーラーのように考える
更には出来る限りプロの環境、それも一世代前では無く今のプロの環境を研究し学び、揃える
かなり大変でコストが掛かる事も多いが、自分の中ではそれが王道だし正攻法だと思っている。

銀行やHF等のプロに比べればまだまだ未熟だし、そもそも教えられる立場でも無い。
が、仮に他人に教える事があったとしたら、自分の経験で役だった事を教えると思う
それが何かというと、「プライスアクションから学ぶ」という事だろう。

MT4_1

そもそもこんなロウソク足チャートでどれだけの事が分かるだろうか

ロウソク足とは、一定の期間内の四本値(始値、高値、安値、終値)を1つに表示したテクニカルに過ぎない。
例えば(5, 1, 3, 2, 1, 2, 3, 1, 2, 3, 2, 3, 4, 5, 7, 9, 7, 5)で終わったロウソク足があるとしよう。
始値と終値が同じという、十字線というやつだ。

だが中身を見ればその十字線にはもっと情報が詰まっている。
5から1に下落し、何度も1を試したが下には抜け切れず、最後の方に上を軽く試した、という足だ。
一旦執拗に下を試し、足の最後の方で上を試して上が軽かったとなると、次の足で上を試す可能性は高い。

MT4_2

この部分、特に最後の髭が多い5本の間にこんな言葉での情報があったらどう考えるだろう。
「何度も上値を試したが執拗に上値は抑えられ、段々と上値を切り下げていった」
こう言われたら、この後数本のロウソクでは陰線が出る確率が高いと思うのが自然では無いか。
だが実際、ロウソク足を見ただけでは全くその判断は出来ない。

MT4_3

極端な例を挙げれば、左のロウソク足チャートは長い足で見ればどちらも右になり得る
上のように、急落したが下が堅く結果的に全戻しした、というチャートと、下のように
急落したがその後すぐ大方戻した、というチャートでは全く意味合いが違ってくる
もし5分足で右のようなチャートがあれば、1分足に拡大してどちらか判断出来るだろう。
1分足でも5秒足等に拡大して見れはするが、かなり手間が掛かるし普通の人はやらないと思う。


そういった情報を見分けられるのが、ロウソク足がどう形成されたかという「プライスアクション」だ。
上に書いたような(5, 1, 3, 2, 1, 2, 3, ・・・ 5)といった経過には重要な情報が詰まっている
単に経過だけでは無く、プライスプライスの変動速度やその変化からも感じ取る事はある。


一番上の画像のようなプライスを凝視し続ける
それが自分がやった事で、今でも何とか生き残っている最大の理由だ。

1pipの変動も、0.1pips単位の変動も
そして何分も、何時間も、何日も何ヶ月も



自分の場合はそうやって段々とプライスアクションから何かを感じ取る事が出来た
それはプライスの癖のようなものでもあるし、相場の方向性のようなものでもある。
経験則でもあるし、友人には第6感だと言われた事がある。
とにかく、チャート上に表せない事が詰まっている事は確かだ

かなりスパルタだが、最低でも何ヶ月もずーーーーーーっと見続ければ何か得るものがあるはず。
(勿論これにも弱点はある。偏見が入りやすく、変動が少ないと情報が少なく読みにくい。)


結局のところ、何かを継続的に且つ狂ったように続けるしか第6感を鍛える方法は無いんだと思う
プライスで無くとも、テクニカルをずっと観察し続けてもきっと得るものはあると思う。
何事もローマは一日にして成らず、という事だ。


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 相場アプローチ法 | コメント:13 |
<<来週の予定 - 感謝祭もあり久々にほとんど何も無い週。現トレンドがそのまま続きやすいか。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 気の抜けそうな穏やかな週。FOMC議事録だけが波乱要因。>>
この記事のコメント
いい記事でした!(少なくとも私はこうゆう考え好きです

読んだ事無いのですが、この本、何度も好きなJ-Waveの番組で紹介されてて、気になっています。(関連して)
邦題はガサガサしてますが、原題は、"Blink"(解説で使われてるひらめきよりまばたきという意味合いが私は好きですが)と格好いい。
http://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC1%E6%84%9F-%E3%80%8C%E6%9C%80%E5%88%9D%E3%81%AE2%E7%A7%92%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%80%8D%E3%81%8C%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%84-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB/dp/4334961886
2013-11-22 Fri 00:03 | URL | miz #Xqm.Wvp. [内容変更]
個人投資家にはプライスアクション(笑)って思われそうですが、やっぱり言葉で説明出来ない事ってあるしそれがcriticalなんです^^;
その本、面白そうですね!電子書籍化の要望出しておきましたw凄い興味があります。
2013-11-22 Fri 03:09 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
こんばんは初コメさせていただきます、自分もトレーダーの端くれですが、黒猫さんは本当にトレーダーとして尊敬しています。
プロのトレーダーのように考えるとのことですが黒猫さんが参考にしている著書、トレーダーの方とかもしよろしければご教示いただきたいです。
2013-11-22 Fri 03:32 | URL | ぷるぷる #- [内容変更]
初めまして、こんばんは。

尊敬し参考にしている方々:
・水上さん http://www.gci-klug.jp/mizukami/
記事全てを読むのがオススメです。考え方が参考になります。
・西原さん http://www.fire-bull.info/ni/
Klugで連載時代から相場見通しと戦略に関してはズバ抜けてました。
・松崎さん http://londonfx.blog102.fc2.com/
リサーチ力が物凄いです。

参考になる著書:
続マーケットの魔術師、30年間勝ち続けたプロが教えるシンプルFX(西原さん)、使える売買システム判別法

面白かった著書:・The Big Short 世紀の空売り、金融大狂乱 リーマンブラザーズはなぜ暴走したのか、ライアーズ・ポーカー、ザ・クオンツ、ゴールドマン・サックス上下、ヘッジファンドⅠ・Ⅱ

参考にしている著書と面白かった著書は正直紙一重です。FXに関係ない事でも銀行やHFに関しての書籍には「プロはこんなに徹底しているんだ」「プロはこんな面白い発想をするのか」と感じる事が多く、結果的に参考になる事が多いかも知れません。
2013-11-22 Fri 05:03 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
勝ってる人に質問すると大体同じような回答が返ってきますね。経験則に基づいたトレードをしてると。
>>結局のところ、何かを継続的に且つ狂ったように続けるしか第6感を鍛える方法は無いんだと思う。

これに尽きると思います。


ところで黒猫さんは猫を飼っていて溺愛されているようですが・・・ウサギはどうですか?(・ω・)ウサギも可愛いですよ!「仰向けに寝るウサギの破壊力」で検索してみて下さい。


いつもツイッターでの情報発信感謝!
2013-11-22 Fri 07:33 | URL | 爺ぽじ #.wMK.8Ds [内容変更]
以前第6感とか言ってサーセンw
2013-11-22 Fri 08:11 | URL | ザマギ #- [内容変更]
>爺ぽじさん、
市場がランダムウォークであれば、それに打ち勝つのは経験則や第6感なのかも知れません。
動物全般好きですし、モフモフ出来る動物はもっと好きです(*´Д`)

>〇〇○さん、
ローソク足というかプライスの数字自体から読み取っています。誰でも、何度失敗したとしても何度でも這い上がって、人並み以上に努力を続ければいつかは成功出来るんだと思います。
良い言葉ですね^^ 僕もこのチャートはどっちにどの位行きたいのか、って感じ取れるよういつも頑張ってます。お互い頑張りましょう。

>ザマギさん、
よく覚えてたねwwwww
2013-11-22 Fri 14:33 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
初めまして、saru999さんの大阪オフ会に参加する窮鼠です。60代半ばのジジイですがよろしくお願いいたします。プライスアクションの考え方面白いです。私も裁量ではティックの動きを見ながらやっています。
2013-11-22 Fri 15:45 | URL | 窮鼠 #- [内容変更]
黒猫さん。はじめまして。
私はチャートを1年位前から1日約15時間くらい見続けておりまして、5月頃からやっと勝てるようになりましたが、9月からは負け続けております。
8月くらいまでは、1分足の形成過程を凝視することで上をつついたり、下をつついたりしていくのを感じとりながら、5~6割程度の確率ですが次の1分足が陰線になるか陽線になるかが、感覚的にわかるようになりした。
そして、利益出たら5~10pで利確して、逆にいったら即切り、それを繰り返すだけで1日30~100pipsほど積み上げておりました。
5月~6月くらいは1分足のボラがあって、1分足1本の高値と安値の幅で8pipsとか10pipsくらい動く足がドル円でも結構ありました。
その頻度が激減したのが原因で、今までの感覚が通用しなくなったのですが、黒猫さんは今までやっていた感覚が通用しなくなったというようなご経験はございますか。
もしもあったとすれば、通用しなくなったときはどのようにして壁を乗り越えられましたでしようか。
2013-11-22 Fri 17:22 | URL | 専業もどき #mQop/nM. [内容変更]
電子書籍化の要望なんて出せるんですねw
2013-11-22 Fri 22:00 | URL | miz #Xqm.Wvp. [内容変更]
>窮鼠さん、
初めまして、こんばんは。有難うございます。ティックにはやはり色んな情報が詰まっていますよね。


>専業もどきさん、
同じくティックを観察して次の足や近い未来の足を予測する事が多いですが、やはり5、6月以降はボラが縮小していてやりにくいです。ティック数も少なくなっているので読みにくいですね。

ボラの縮小というのは日常茶飯事です。特に去年の夏頃までは顕著でした。その頃上手くいかなくなり焦って余計深みにハマりそうでしたが、毎日の収益目標を半分にし、ワンショットの枚数も減らしました。
ティックを観察してプライスアクションで読み取る方法だとボラティリティが命なので、それに合わせるしか無いと思います。ボラが縮小すればそれに呼応してリスクも減らし、ボラがあるのをじっと待ち、その時が来たら思い切りリスクを取る。

結局はリスク管理と、待つも相場、という事でした。来年は絶対にもっとボラが上昇するはずです。その時まではリスクも収益目標も減らし、体力を温存してもいいのでは(^^)


>mizさん、
ワンクリックで出来ました。なので読みたい本を何冊も要望しましたww
2013-11-23 Sat 04:45 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
はじめまして
黒猫さんはじめまして。こんばんわ。
少し前の記事にコメント失礼します。

色々とテクニカルな方向ばかり検証をしてきたのですが、うまくいかずどういった努力をしていけばいいのか分からずにおりました。
しかしこちらの記事を拝見させていただきまして、このようにプライスの動きのみに着目をするという努力の方向性を教えて頂き、このような方法もあるんだと目からうろこでした。
早速プライスの動きのみに着目してなにか感じ取れるようにやっていきたいと考えました。
方向性を示してくださりありがとうございました。
2013-12-07 Sat 04:54 | URL | rainbow #- [内容変更]
Re: はじめまして
>rainbowさん、
こんばんは。結局のところ合っている手法や分析方法というのはその人の性格次第という側面が大きいと思います。ですが色々な物を試して損は無いのかも知れません。

個人的にテクニカルに関して思うのは、テクニカル自体、テクニカル指標だけを見るのは間違っているという事です。テクニカル派と呼ばれる人で成功している人は、テクニカルを通して相場を見れている人、という感覚です。MAがクロスしてMACDもクロスしたら買いで・・・というセットアップだけを追求するのであればEAと何ら変わりありません。EAというのは99%、過去のとある相場で通用しただけで、すぐに通用しなくなります。MAがこうなってMACDがこうなったら相場はこうなる可能性が高く、いつ値動きが出そうでどこまで動きそう・・・と、自分が使っているテクニカルを使い続けて自分なりの相場観を見出だせる事が大事です。
2013-12-07 Sat 22:04 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。