スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 第2週目はまったりと。
2013-04-05 Fri 23:35

4/8 (月)
 8:50 (JP) 
 貿易収支 - 予想から大幅に乖離する事は少なく、普段は動意は薄い。

4/9 (火)
 8:15 (US) 
 バーナンキ議長講演 - 弱いNFPを受けて、少し注目しておきたい。
 8:50 (JP) 
 日銀政策決定会合議事要旨 - 動くとは思わないが、日銀新体制発足後初なので一応。
10:30 (CN) 
 CPI、PPI - 最近は中国物価指標で大きく動く事は少なくなった。
17:30 (UK) 
 貿易収支、鉱工業生産 - 後者は先月大幅下振れし、GBP/USDは10分で70pips下落。

4/10 (水)
11:00 (CN) 
 貿易収支 - 概ね11時前後。 → https://twitter.com/kuroneko_island/favorites
18:10 (IT)  
 イタリアT-bills入札 - T-billsなので無視しても問題無い。
27:00 (US) 
 FOMC議事録 - 最近は毎回ドル高の反応。50pips程は動く。

4/11 (木)
10:30 (AU) 
 新規雇用者数 - 相変わらず毎回大きく動く指標。だが初動以外は鈍い。
18:10 (IT)  
 イタリア3年債入札 - 先日の目標未達でユーロが結構大きく売られたのは記憶に新しい。
21:30 (US) 
 新規失業保険申請件数 - NFP後で著しく反応は鈍くなるだろう。

4/12 (金)
21:30 (US) 
 小売売上高 - 最近の傾向を考慮すると、30pips動けば上出来。
22:55 (US) 
 ミシガン大消費者信頼感指数 - 速報値。多少は動くか。



BOJやECB、NFPといった忙しい週を終えて、2週目は落ち着いた週に
程々に指標があるが、市場の注目は円相場の行方に注がれる事になるだろう。

注目したい指標と言えば、FOMC議事録になるだろうか。
ここ何回かは大きく動いた覚えがあり、毎回ドル高に振れていたはず。
非常に弱かった3月分のNFP後初のバーナンキ議長の講演もあるが、材料が出るかどうかは不透明。

イタリアの債券入札があるが、3年物国債の入札には注意したい。
前回の長期債入札では目標額に届かず、それがユーロ下落の引き金となった
未だに政治不安が続くイタリアなので、再度目標未達は有り得る事。
18時に行われ、結果の発表は凡そ10分後になるので、それを受けてどうユーロが動くか、注目。



それにしてもバーナンキ議長って・・・プードルみたいで癒し系。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - ミサイルはいつ射ってくれるのか。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 中国PMI、RBA、BOJ、BOE、ECB、NFP・・・と盛り沢山。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。