スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ECBに10月NFP。週後半に掛けて慌ただしくなりそう。USDジリ安基調は消滅。
2013-11-02 Sat 04:30

CPI vs EURUSD
緑:EUR/USD 白:(US CPI y/y - EU CPI y/y)。
EUR/USDが上昇するとユーロ圏のCPIの上昇が鈍るという事がよく現れている。

11/4 (月)
9:30 (AU) au
小売売上高 - ここ半年は乖離しても-0.5%。なので乖離が限定的で動きも限定的になる可能性。
11:00 (US) us
フィッシャーDAL連銀総裁講演 - 「経済と金融政策の見通し」について。事前原稿有り、Q&A有り。
14:30 (JP) jp
黒田日銀総裁講演 - 大阪経済4団体共済懇談会における挨拶。
16:45 (JP) jp ※17:15
黒田日銀総裁会見 - 16時45分に会見予定だが、ヘッドラインに流れるのは17時15分頃の予定。
17:48 (FR) FR
仏製造業PMI改定値 - 改定値で影響力は低いが、念の為。
17:53 (GE) de
独製造業PMI改定値 - ECB理事会を控えているので、欧州の指標には多少過敏になっているはず。
25:40 (US) us
パウエルFRB理事講演 - 「先進国経済の金融政策と新興国経済」について。事前原稿有り、Q&A有り。

11/5 (火)
6:00 (US) us
ローゼングレンBOS連銀総裁講演 - 事前原稿有り、Q&A有り。
12:30 (AU) au
RBA会合 - 現状は様子見。今の為替レートであれば、A$高への牽制も強くはないか。
18:28 (UK) gb
サービス業PMI - 先月はロイター予想中央値が60.0、ブルームバーグは60.5で結果60.3と複雑な結果だった。
19:00 (EU) EU_lgflag
PPI m/m - 先日のCPIが予想より-0.4%と追加緩和を想起させる数値に。なので一応PPIにも注目。
22:30 (EU) EU_lgflag
ドラギECB総裁講演 – “European meeting of CHild and Youth FInance Int’l”での講演。期待薄?
24:00 (US) us
ISMサービス業 - 引き続き10月分の米指標に関しては注目度が高い。
27:15 (US) us
ラッカーRM連銀総裁講演 - 事前原稿は不明。

11/6 (水)
6:45 (NZ) New_Zealand_lgflag
失業率雇用者数増減 q/q - 四半期に一度なので動く。
7:00 (US) us
ウィリアムスSF連銀総裁講演 - 詳細は不明。
9:30 (AU) au
貿易収支 - たまに動く。
17:53 (GE) de
サービス業PMI改定値 - サービス業で改定値だとほぼ動かないか。
18:30 (UK) gb
鉱工業生産 - 鉱工業生産は最近の英指標の中でも上下どちらにでもブレやすい。バイアス無し。
27:10 (US) us
ピアナルトCLV連銀総裁講演 - 事前原稿有り、Q&A無し。

11/7 (木)
21:00 (UK) gb
BOE会合 - QE枠増額は現時点で全く無し。市場の視線は13日のインフレレポートに。
21:45 (EU) EU_lgflag
ECB政策金利 - refi金利カット予想が台頭してきている。据え置きでもLTRO示唆の可能性があり、買いにくい。
22:30 (US) us
新規失業保険申請件数GDP速報値 - GDPはQ3速報値。翌日のNFPもあり、両方共注目されるだろう。
  〃  (EU) EU_lgflag 
ドラギECB総裁会見 - かなりハト派な内容が予想される。LTRO実施や示唆の可能性も十分にある。
27:50 (US) us
スタインFRB理事講演 - 事前原稿有り。10月18日の講演と同じような内容らしいので重要視されないだろう。

11/8 (金)
11時ごろ (CN) cn
貿易収支 – AUDやJPYを動かす材料に。大体11時前後、たまに12時頃になる時も。
22:30 (US) us
NFP失業率、その他 - 10月NFPへの関心は非常に高い。中期的な材料になり得る。
  〃  (CA) ca
雇用ネット変化率 – NFPと同時発表なので影が薄い。
23:55 (US) us
ミシガン大学消費者信頼感指数 - 速報値。
26:00 (US) us
ロックハートATL連銀総裁講演 - 経済の見通しについて。事前原稿有り、Q&Aも有るとの予想。
5:30 (US) us
バーナンキFRB議長講演 - IMF主催のフォーラムにて。「危機への政策対応」がテーマ。


再びFED関係者の講演が多いが、今週もほとんど材料視されなかった
ポジションを抱えていなければあまり注意しなくても問題が無いだろう。
バーナンキ議長のIMF主催のフォーラムでの講演も材料になるとは考えにくい。

注目はやはりECBとNFP・米失業率だ

ECBはrefi金利の引き下げ・引き下げ示唆、またはLTROの実施・示唆がある可能性が著しく高い
年初から特に南欧諸国を中心にディスインフレ傾向が顕著だったが、遂に欧州全体にまで波及してきた。

eucpi

これで政策対応が今まで無かった事自体が不思議だったが、ここまで来るともう動くしか無いだろう。
中銀預金金利のマイナス化に関しては先日ノボトニー・オーストリア中銀総裁が強い抵抗を示した
確かECBの先行指標とも言われる男で、この人の意見は頭に入れておくべきだろう。
今のところブルームバーグでは3/68行だけ7日理事会での利下げ見込んでいる
(政策金利であるrefi金利を0.5%から0.25%への25bp引き下げ予想。)
だがRBSは中銀預金金利がマイナスに引き下げる可能性も排除出来ないとしている
限界貸出金利に関しては50bp引き下げの声も有り、少々不透明。
インパクトとしてはrefi金利、中銀預金金利のマイナス化より小さいか。

利下げが無かった場合、またあった場合でも新たなLTROが示唆・実施される可能性は高い
実際そうなった場合は追加緩和=EUR安の反応となるだろうか
中銀預金金利のマイナス化にまで踏み込めば相当なインパクトが有り、EURは大幅に崩れるだろう
既に高値からは大分下がったが、EUR高に関しても注意はしておきたい。


この後6時に米失業率と相関性の高い自動車販売台数が発表されるが、各社個別の結果はパッとしない。
ほとんどが予想を下回る売れ行きとなっており、自動車販売台数も予想を下回る事となるだろう。
一部の銀行が予想するように0.3%上振れして7.5%となる可能性も否定出来ない
NFPもムーディーズは10万人程度となる可能性に言及しており、一時的な落ち込みの可能性は高い
NY連銀製造業景気指数の雇用指数9月7.53→10月3.61ポイントへと落ち込んだ
これからして10月NFPの更なる増加ペース鈍化は避けられないだろう。
もう一つNFPと相関性の高いISMサービス業・雇用指数は火曜日発表。

ちなみに、NFPと米失業率の集計方法が書いてある面白い記事があった。
これを見ると両方共予測なんて不可能に思えてくるが・・・http://goo.gl/Wu8o1m
ただNY連銀指数、ISMサービス業の雇用指数とは相関性が高いのは確か。
http://kuronekoislandfx.blog.fc2.com/blog-entry-253.html

シカゴPMIやISM製造業に見られるように、民間にはあまり政府機関閉鎖の影響が無かったのかも知れない
そう市場が判断すればNFPの下振れ、失業率の上振れの影響は最小限と見られ、反応が一時的な可能性も
12月発表の11月分のNFPが今回のNFPのショックを吸収するとの見方も有る。
余程ショッキングな数値でなければ、引き続き10月分の米指標の結果を見定める事になるか。


FOMCでは政府機関閉鎖について触れられず、FEDは年内Tapering開始の可能性を残した
それによって今週前半までのUSDジリ安基調は消滅したと言って間違いない
FOMC前日のUSDショートのアンワインド~FOMC~EU CPIショック一気にUSD高に目線が移った
NFPが予想程度、または小幅な下振れで済めば更なるUSD高へと繋がる可能性は頭に入れておきたい。


※ざっと予定を組んでいるだけなので、時間が間違っていたり予定が抜けている事があります。
 その場合はコメントやtwitterで御連絡を頂けると助かります。→ @kuroneko_island


為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:2 |
<<ひと昔前はこんなに値幅があった。何故最近は値幅が小さいのか。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 海外FX業者での取引は本当に雑所得扱いで最大50%の税金が課せられるのか。>>
この記事のコメント
素晴らしいブログですね
初めまして。
ブログを拝見させてもらいましたが、
実に勉強になりました。
これからも頑張ってください。

欲を言えば、特定の注目通貨ペアの考察が見たいと思います。
2013-11-04 Mon 14:28 | URL | 幸福賢者 #- [内容変更]
Re: 素晴らしいブログですね
有難うございます。
テクニカル分析は一般的なものしかしませんが、たまには個別の通貨ペアの考察もしてみます。
2013-11-04 Mon 18:51 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。