スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
世紀の逆指標、ゴールドマン・サックスStolper氏の推奨トレード・予想を検証してみる - 前編
2013-10-11 Fri 18:34

【2003年8月7日】USD/CADショート
当時のレート:1.3958 売りレベル:言及無し
「3ヶ月以内にUSD/CADは1.38ドルへ」

AUG_2003

【2005年10月18日】USD/JPYショート
当時のレート:115.66 売りレベル:言及無し
「3ヶ月以内にUSD/JPYは105円へ」

「重要なポイントを抜けた後トレンドが加速しないのは投資家がドル円の上昇に賭けるのを止めた為」 
※この前週、IMMでは円ショートが一層積み増された

OCT_2005

【2008年2月7日】EUR/USDロング
当時のレート:1.4619 買いレベル:言及無し
「年末までに1.40ドルにまで下落する前に、短期間の内にEUR/USDは1.51ドルへ上昇する」
※その後3月19日には早々と、「今こそユーロを(対ドルで)売るべき」と発言。微妙なところ。

FEB_2008


【2009年3月12日】東欧通貨ロング?
当時のレート(USD/HUF):244.60 レベル:言及無し
「東欧通貨は十分に下落した」

MAR_2009

【2009年3月12日】JPY、CHFショート(USD/JPYロング、EUR/CHFロング)
当時のレート:USD/JPY 97.28、EUR/CHF 1.5298
「日本の不景気により、3ヶ月後の予想を1ドル=90円から100円に変更」

MAR_2009_JPY

MAR_2009_CHF


【2009年9月10日】EUR/USDロング
当時のレート:1.4582 買いレベル:言及無し
短期間の内にEUR/USDは1.50ドルへ

SEPT_2009


【2010年12月3日】EUR/USDロング
当時のレート:1.3414 買いレベル:言及無し
「ユーロを(対ドルで)買う良い機会だ」
※その後2011年6月半ばには、未だにユーロロング中だと発言。しかしその後9月からEUR/USDは大きく下落。

DEC_2010

 

※ここまではGSの為替アナリストとして。恐らく2011年1月からFXストラテジストに。



ゴールドマン・サックスのチーフFXストラテジストThomas Stolper氏といえば、業界きっての逆指標との噂だ。
Stop-outする事がとにかく多く、Stolper氏をもじって「Stolper-out」という言葉が作られた程だ。
直近でもドル円ショート@97.30、TP@94.00、SL@98.80(以上で1分足が?日足が?クローズした場合)という、
見事な逆指標ぶりをいかんなく発揮しており、基本的にこの人の逆のトレードを心掛ければ勝てる

気になったので、アナリスト時代の過去の推奨トレードや予想を検証したのが上記の画像等
Bloombergの為替ニュースで「”STOLPER”」とヘッドラインの完全検索をしただけなので、
本来ならばもっとソースがあるのだろうが、取り敢えず数値が明記してあるコメントを中心に抜き出してみた。

だが驚いた事に、2011年1月にFXアナリストからチーフFXストラテジストに昇格する前は、ある程度当たっていた。
明確に間違ったのは2005年のUSD/JPYショートぐらいだろうか。
数値が無いようなコメントも結構な割合で当たっていたので、チーフFXストラテジストへの昇格も納得出来た。


それが今は逆指標と持て囃され、実際に逆のトレードを心掛ければ結構な割合で勝てているとされる
顧客を嵌め込むと噂のGSだからなのか、それとも実際にチーフFXストラテジストになって腕が鈍ったのか。
常に予想を外し評判を失いつつ、推奨とは反対のトレードを行うとは正直考えにくい・・・。

Zerohedgeは毎回Stopler氏を追いかけているので、サイト内検索をすると最近の実績が分かるだろう。
それを参考にし、次回はチーフFXストラテジストとなった2011年1月からの推奨トレードを中心に見てみたい




為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:8 |
<<来週の予定 - 2週間半遅れてのNFP。影響は限定的か。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | Currenexが一層コストが安く、接続や約定もスムーズに。来週、新NDDが誕生。>>
この記事のコメント
いつもツイッターやブログでの情報発信ありがとうございます、参考にさせていただいてます。
大変興味深い記事でした、次回にも期待してます。
実はEUR/USDをショートにしてて、Thomas Stolper氏の年内1.38その後1.4という発言にびびっております(笑)
2013-10-11 Fri 18:59 | URL | えけこ3 #- [内容変更]
Re: タイトルなし
>えけこ3さん、

温かいお言葉有難うございます^^

米議会の問題だけは厄介ですが、その後予想通りTaperingに繋がればEUR/USDの上値は重そうです。
いつも通り、平常心でStolper氏の逆にポジションを構えて問題なさそうですね(笑)
2013-10-13 Sun 02:51 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
Re: タイトルなし
>Jさん、
こんにちは。業者ではなくBloombergのチャートなので、契約して月々料金を払わないと使う事が出来ません。
2013-10-15 Tue 14:23 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
情報ありがとうございます。
以前のブログから遡って勉強させていただいています。FXで勝ち続けている人は少ないので尊敬しています。
2013-10-16 Wed 21:04 | URL | Jun #- [内容変更]
10年以上働いたから分かりますがGSの予想は長期予想だとあたります。ただ、短期的には逆指標です。サブプライムのときもやはり客ハメが問題になりました。ちなみにメリル、モルスタもチーフアナリストの為替予想は逆指標ですね。チーフだと会社の意向通りの予想でしょうから。
2013-10-17 Thu 17:06 | URL | ten-kun #sIVvp/1E [内容変更]
Re: タイトルなし
>ten-kunさん、

大変参考になります。為替ならまだしも株に関しては一層ハメ込みが酷いのではないでしょうか。
つい先日、ドル円がGS・Stolper氏のストップ98.80円を抜けましたが、GSの顧客が逆に買い上げたなんて噂も出ましたね^^;
シティは割りと良い見方をしていると思うのですが、如何でしょう。やはり為替の世界だとドイチェ、シティ、バークレイズあたりが強いのでしょうか。
2013-10-18 Fri 14:29 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
突然のコメに返信ありがとうございます。

そうですねシティは私も好感持ってます。もとが投資銀行か、商業銀行かの違いですかね。

あとNFP予想記事面白かったです。bloombergなら指標の時間をずらす分析ができると思います。ただNFPに先行する指標ってないのかも(金利系の様な気はしますが)  雑感でした。
今後も楽しみにしてます。
2013-10-23 Wed 15:10 | URL | ten-kun #- [内容変更]
Re: タイトルなし
なかなか意見や批判を頂く機会がないので、プロの方々からコメントを頂けると非常に有難いです^^

確かシフト・・・出来ましたね。いつもやり方を忘れてしまうのですが(・ ・;)ちょっとは相関ありそうなローン指標は見つけたのですが、先行指標が無いとなるとやはりNFPは予想が限りなく難しいですね。

ブログ更新、頑張ります^^;
2013-10-26 Sat 01:56 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。