スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
これからも専業個人トレーダーとして生きていくのだろうか。
2013-09-22 Sun 04:59


相場に追われていない週末になると時々考えに老けってしまう。

これからもずっと個人で専業トレーダーとして生きていくのか。
そうやって生きていきたいのか。



相場では毎日違う事が起きて、毎日変化に富んでいて飽きはしない。
あと数ヶ月で専業8年目に突入するのにも関わらず、未だに毎日勉強の日々だ。
未だに間違える事は多々あるし、同じような失敗を繰り返しては反省ばかり。
本当に専業1年目から進化しているのかと疑ってしまう事の連続だ。

だが、飽きが来ない=同じような充実感が以前と変わらず得られている訳では無い。


デモ口座で数ヶ月間取引して20歳になったその日、ライブ口座を開設して実際に取引を始めた。
確か最初にトレードしたのはAUD/JPYだったと思う。
その頃はレバレッジが最大100倍だったので、某大手FX会社でいきなり10枚を取引した。
初心者にありがちな、MACDがクロスしていて値頃感から買ってみた、というような取引だっただろうか。
数十pips逆行してパソコンの画面を凝視するしか無く、精神的にもの凄い疲れたのは覚えている。

その後も断続的に負けた。
一番その頃に覚えている取引が、RBNZが金利を引き上げた際のNZD/JPYの取引だ。
FX WAVEで数分遅れた情報を、いち早く入手したと勘違いして、これまた金利引き上げ=買いだと勘違いし、
NZD/JPYを調子に乗ってレバレッジ200倍を最大限有意義に使い、100枚も買った。

そして急落した。
卒倒しそうになり、何とか死ぬ前に決済しようと、覚悟を決めて決済ボタンを押した。
が、ずっと注文中と表示され、全く決済が通らない。
昔は様々な業者が行っていた、ディーラーズチェックの対象になっていたらしい。

そして、ものの見事に死んだ。
一回の取引で100枚で70pips以上も負けて、見事に原資が1/3になった。
キーボードを叩いてマウスを投げたのはその時が最初で最後だったかも知れない。
正直もう生きていく事が出来ないと思ったし、それ以降の数ヶ月、何回『自殺』の二文字が頭を過ぎった事か。
当時、アルバイトを辞めて、大学も休学して退路を断った自分が哀れでしょうがなかった。
今振り返ってみると、単なる糞ガキトレーダーだ。



しかし、諦めなければやがて運は向いてくるもので、一回の幸運な取引を境に順調に原資を回復した。
その年の終わりにはギリギリ8桁のプラス成績を残す事が出来た。


その頃のFX業界と言えば、サーバーダウンは当たり前で、業者間でサービス内容に大きく差があったものだ。
外為どっとコムのタイマー注文、ユニコム系のタイムクオート、CMSの逆指値保証・・・etc。
トレーダーにとって、リスクを限りなくゼロに近づけて利益を生み出す様々な方法があった。
時はまだFX成長期で、安全に地道に原資を増やす事が出来た環境だったのはかなりの幸運だったのだろう。
また、専業1年目の新米トレーダーには山ほど学ぶ事があり、1日20時間PCに張り付いて勉強した事もあった。
正攻法でも邪道な方法でも、勉強をすれば利益を生み出せるようになる事ばかりで、とにかく毎日が必死だった。

今の時代にFXを始めたトレーダー達は、スプレッドは狭くとも大変だろうな、と思う。
当時はドル円のスプレッドが3銭で手数料無料でさえ最高クラスの条件だった。
が、上記のような使い方次第では比較的安全に原資を増やす方法があり、恵まれていたとつくづく感じる。
更にはレバレッジ規制などは無く、ISM製造業で50pips、70pips動くのは当たり前。
ポンド円の一日の値幅が100pips未満だと逆に驚いてしまうような時代だった。


それが今ではどうか。
スプレッドの驚異的な低下やECNの普及で、低コストでフェアに取引出来る環境は手に入った。
一応、安定的な利益は出せていて、普通に生活は出来ている。
ただ、何か物足りない。



確かに相場に飽きはしない。
突如キプロスショックのような事は発生するし、歴史に残る相場も何回かはこの目で見てきた。
が、相場を如何にして攻略するか、という事には慣れてきてしまったという事は否めない。
来週はどうなっていて、どういう結果でそれからどんなシナリオが生まれ、どんな展開になる可能性が高いか、という事を理解するのに時間は掛からなくなった。
それが相場を理解するという事だし、経験の賜物には間違いないだろう。
だが充実感が無い。

昔からテレビや父親の背中を見て、普通のサラリーマンにはならないと口にしていた生意気な子供だった。
高校からはバイトでお金を貯めてフラっと海外に行ったりと、やりたい事をやってきた人間だった。
好奇心が強いせいで、とにかくやりたい事だけをやってきた人生だったので、親も苦労したと思う。
FXに出会ってからは、その可能性と奥深さに魅了され、とにかく一筋で突き進んできた。
最初の頃、特に原資を回復してからは、毎日新鮮な事だらけで、レートが動かない土日が退屈でしょうがなかった。

それがいつからだろう。
土日は土日でゆっくりと休むのが良いと考えるようになり、早く月曜日になって欲しいとは思わなくなってしまった。
もう若いとは言われない年齢のせいかも知れないが、相場やFXに対しての熱意が薄れたのは否定しようがない。
もしかしたら比較的平穏な相場のせいかも知れないし、今寝る前にこれを買いているからかも知れない。
が、それでも早く月曜日になって欲しいとは思えるようにはならない気がする。


元プロディーラーの本や記事を読むと、第一線からは40歳位までには皆退く、と言われている。
自分もいつまでこうやって継続的に利益を出せるかは分からないし、いつかの時点で必ず衰えは来るだろう。
こんなくだらない事を書き綴っている時点でもう衰えが来ている、と笑う人がいるのかも知れない。

上には上が居るし、機関投資家とはレベルの差が有り過ぎるのは確かで、まだそんな弱音を吐くのは早いだろう。
「マーケットの魔術師」に登場するような超一流プレイヤーとは天と地ほどの差がある。
とは言え、個人投資家として学べる事、アクセス・取引出来るものというのは、機関投資家とは雲泥の差だ。
ドル円ATM 1-mo implied volを買い、LIBORを買い、ABX指数を空売りし、サブプライム証券のCDSを買い、T-billを買って長期債を売り、90円ストライクのドル円 6-mo プットOPを買うなんて事は、個人ではそうそう出来ない。
出来たとしてもせいぜい、大手海外業者でT-billを買って長期債を売る程度だろうか。
正直なところ、個人で手が届く範囲の事で、1年目のように脇目も振らずに熱意を注げるような事は無くなってしまった。


お金が要らないとは言わない。
生活するにはお金が掛かるし、将来子供が出来たら子供の望む学校の学費を払える親で有りたいと思う。
だが現状としては、日々暮らせてたまに美味しいものを友人達と食べれれば満足だ。
そもそもお金が目当てなら、ある程度満足出来る額に到達した時点で止めて、悠々と暮らしているだろう。
一握りしか成功せず、多くは儚く散ってゆくFXというものを子供や知人に勧めたりはしない。
それでも一度出会ってしまったが最後、今も毎日飽きずに続けているし、昔は楽しくてしょうがなかった。
だがあの時の充実感はもはや無い。

色々と振り返ったり、取り留めもないこんな文章を書いても特に心象に変化がある訳でも無い。
何かこの現状を変える為に、行動を起こさなくてはいけないのだとは思う。
それが結婚なのか、就職なのか、それともどこか新天地で新しい事を始めるべきなのだろうか。

探り探り歩んでいくしかないのだろうが、何か変化を起こさなければいけない時期なのは確かなのだろう。


・・・中二病の糞ガキの文章、程度に受け取って下さい。

スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:9 |
<<外為オンラインの新タイプ注文、「オフセット注文」はSaxobank証券のバニラOPと比較して手数料が安いのか。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | IG証券のラダーOP、ワンタッチOPを組みわせて利益を得る方法>>
この記事のコメント
えっと・・・嫌味ですかw
黒猫さんは稼ぎ過ぎなんですよ!

自分なんか30後半から初めて5年位で
やっと億ったけどもう40過ぎ
若さが羨ましい(´・ω・`)
2013-09-22 Sun 07:46 | URL | ロップ #- [内容変更]
Re: タイトルなし
>ロップさん、
スイマセン(´;ω;`)
僕は丁度良い年齢の時に良い時代に当たっただけなんでしょうね。
年齢に関係なく、平等に挑戦出来るところが相場の良いところだと思います。

ロップさんは30後半から相当努力されたからこその結果でしょうし、そんな生き方をしてみたいです(^^)v

>oo****さん、
相場に年齢は関係なくとも、人生には節目節目で色々な心境の変化があるものですね。
人間としてはまだ20後半の若輩者なので、貴重なご意見有難うございます。

やはり結婚して子供が出来る事で、仕事にやり甲斐を感じるだろうし、義務感も生じるのでしょうね。
独り身でフラフラしているからこそ、こんなバカみたいな悩みを抱えているのかも知れません。
そう考えると、まだまだ人としてやる事は沢山ありそうです^^;

最初に高校生の時にシドニーに行ってからもう10年以上が経つので、一度行ってみたいんです。
その際には是非、お隣にも立ち寄らせて下さい\(^o^)/
2013-09-22 Sun 12:05 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
>l***さん、
拙い分析ばかりですが、少しでもお役に立てると嬉しく思います。
その長い間ずっと諦めずに挑戦し続けてきた事、素晴らしいです。
僕も見習わないといけませんね。

いえいえ、色んな方の意見を聞けたらと思いふと記事を書いてみたので、どんなコメントも有難いです。
悩んだ時に、全く違う人生を送っている方々から自分とは違う視点で意見を聞けると、勉強になります。
知人も早5年程無職で、景気は上向いているとはいえ未だに仕事は簡単には見つからないのでしょうね。
僕のようにとは言いませんが、時には弱音を吐いてみて下さい。
少しは気分が晴れるだろうし、きっと意見をもらって頑張ろう、と思える事もあるはずです。
そして、気楽になって頑張りましょう(^^)

猫命(`・ω・´)
2013-09-22 Sun 12:26 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
単なる私の思いつきですが、1か月ぐらいアメリカ旅行とかしてみたらいかがでしょう?
大学(ビジネススクール)のファイナンスの授業も登録すれば見学させて貰えますよ。
雰囲気だけでも察することは可能だと思います。

まあ、それで何がどうなるのかっていうのは全く分かりませんが、黒猫さんと同じぐらいの年代の人がいるので、何か刺激になるかもしれません。
2013-09-22 Sun 18:49 | URL | ゴーヤ #- [内容変更]
全資産を僕に下さい。そしてまた50万円ぐらいから始めれば刺激的な日々がすごせると思うよ。
2013-09-23 Mon 08:19 | URL | ザマギ #- [内容変更]
いつも拝見させてもらっています。助かって
います。

悩んでるときはまず動いてみるのも手で
すよ!お金に余裕をもって自分の興味ある
分野を小さな事から始めてみるというのも
新鮮で面白いと思います。

もちろん畑違いに飛び込む時は信頼できる
仲間であったり、知識を持った人が必要
になりますが。。

なんだか上から目線みたいですみません。
これからも応援しています。
2013-09-23 Mon 09:49 | URL | hiderin #iTEDnMME [内容変更]
>ゴーヤさん、
ビジネススクールは面白そうですよね!
その内海外の色んな国を長期で周ってみたいとは思っています。
確かに同年代の頑張っている姿は励みになりますね(^^)

>ザマギさん、
c(`・ω´・ c)っ≡つ ババババ

>hiderinさん、
確かに悩む前に行動あるのみ、ですよね。
幅広く興味を持って、実際に色々やってみるときっと面白い事が沢山ありそうです。
アドバイス有難うございます!
2013-09-24 Tue 00:48 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
今月虎の子15万の口座飛ばした俺が通りますw
何していても充実感なんて段々と得ることは難しくなってくるよねえ。正確に言えば、充実感を得られる期待の上で行動しているだけで、結果充実感を得られるかどうかはわからない人生ですわ。ひたすら消化試合のように時間を浪費している事も少なくないし、何も得られず出来ずにそのまま死んでいくだけなのかなあと最近思うようになりましたわ。
かと言って何が幸なのか不幸なのかもわからないし、答えはなさそうなので困りますねw
2013-09-24 Tue 12:38 | URL | てぃみ #Y17400wE [内容変更]
>てぃみさん、
相場も歴史も幸せも、それぞれの認識次第だもんね。充実感を得られるって前提で行動して裏切られた結果だったり、怠慢や加齢でどんどん負のスパイラルに入るのが総合的に歳を取るって事なんじゃないかなぁ。
やっぱり口座飛ばしても、次もダメが前提じゃダメだと思います(`・ω・´)諦めなければいつかは運が向くもんだよ!
2013-09-25 Wed 01:14 | URL | 黒猫アイランド #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。