スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
IG証券のラダーOP、ワンタッチOPを組みわせて利益を得る方法
2013-09-19 Thu 13:48

前々からIG証券のオプションには興味があったので、FOMCというビックイベント大きく動く事を前提に初めて取引をしてみた。


【想定】
・NFPや最近の冴えない米指標からして予想以上のTaperingは考えにくい
・最大でもQE縮小がコンセンサス通り100億ドルの米国債のみ購入ペース減額
・2013年GDP予想の下方修正を下方修正するなどハト派な内容に
・結果的に現状のトレンド続行=株高、ドル安
・往って来いになろうとも、ドル安方向の往って来いの可能性が高い
・ただし裸買いでは無く、方向性が外れた際に保険も掛けておきたい


最近の米指標を鑑みて、コンセンサス通り100億ドル/月の減額かそれ以下としか考えづらく、織り込み済みの結果通りになった場合はドル安トレンドが続行すると見た。
それに加え、一部では未だに100億ドル以上の減額予想や失業率の引き下げ観測もありGDP予想などのハト派な内容もあって結果ドル安となる可能性が高いと予想

結果として、QE3導入時のような往って来いになりつつもドル安トレンドを予想

QE3 EURUSD (2012_9_13)

FOMC数分前のペイアウト率は以下の様なものだった。

EUR/USDレート = 1.3370辺り
EUR/USD ワンタッチ @ 1.3440ロング ペイアウト:59.2*
EUR/USD ラダー @ 1.3320 ショート ペイアウト: 71.8 (8時〆)

1.3440に一度でもタッチすれば、0.1 lot × (100 – 40.8)* = 5920円の利益 or 4080円の損
8時の時点でEUR/USDが1.3320以下であれば
0.1 lot × 71.8 = 7180円の利益 or 2820円の損

eur

つまりはオプションのロングストラングルのようなものにしてみた。
シナリオとしては、下記の4パターンが発生しうる。

①. 1.3340に一度でもタッチし、朝8時の時点で1.3320以下にはならない → 5920 – 2820 = +3100円
 → 実際にはQE縮小が無いと分かった時点で1.3320以下の可能性はほぼ無くなった
   1.3450辺りまで上昇した際ににEUR/USD ラダー @ 1.3320は 10 / 90くらいで推移しており、90で 
   転売し損を確定出来た = -1000円。
   なので差し引きはワンタッチの5920円 – (1000円 × (90-71.8)) = +4100円

②. 1.3340に一度でもタッチし、朝8時の時点で1.3320以下に → 5920 + 7180 = +13730円

③. 1.3340にはタッチせず、朝8時の時点で1.3320以下に → -4080 + 7180円 = +3180円
 → この場合はドル高トレンドなので、①のように0になるのを待たずにワンタッチOPを転売して少し利益を多く出来る。

④. 1.3340にはタッチせず、また朝8時の時点で1.3320以下にならない → -4080 - 2820 = -6900円
→ これは想定レンジ内に収まるというシナリオなので、そもそもロングストラングル自体が間違いだった事になる。


正直なところ、OPにはまだ不慣れなのでこの取引が最善だったかは分からない。
前提が大きく動く、という事なので④ならばそもそも選ぶ指標とこの取引が誤っていたという事だ。
起こりうる可能性が高いのは①か③、①であれば自分のシナリオ通り、③ならば大穴シナリオだ。
②が起こる可能性は限りなく低く、割の良い宝くじが当たった程度で、戦略とは無関係だ。

②の可能性を排除しなければ、リスクリワードレシオは6900 : 13730 = 1.99となるが、非現実的
②を排除し、途中での転売をしなければ6900 : 3180 =  0.46となり、決して良い数値では無い


ちなみに、FOMC数分前にEUR/USDが1.3370付近だった頃に8時〆ラダーのみでロングストラングルを組んだならば、

EUR/USDレート = 1.3370辺り
EUR/USD ラダー @ 1.3420ロング ペイアウト: 27程度
EUR/USD ラダー @ 1.3320ショート ペイアウト: 71.8

EUR/USDが8時の時点で1.3420以上 = 7300 - 2820 = +4480円
EUR/USDが8時の時点で1.3320以下
= 7180 - 2700 = +4480円
EUR/USDが8時の時点で1.3320~1.3420の間で推移
= -2700 - 2820 = -5520円

となり、最大損失:最大利益のリスクリワードレシオは0.81に。
途中で可能性が低い方を転売すれば、リスクリワードレシオも1:1に近い値にはなるだろう
だが、戦略としては魅力に欠けるし8時まで待たなければならないという制約がある


ラダー+ワンタッチOP基本ドル安方向か、サプライズがあれば大きくドル高方向というシナリオがある
ラダーのみのストラングルは、どちらかに大きく動くだろうという漠然としたシナリオでしかない。
仮に自分なりのシナリオ・戦略があれば、リスクリワードレシオに関わらず前者の方が有利な気はする。
つまり、シナリオ(相場観)・戦略があるかないかでストラングルの組み合わせも変えるべきなんだろう

ほぼ実現の可能性が0に近い方のOPは転売する事で損失を軽く出来る
色々と想定してみないと分からないが、ストラングルにスポットFXを加える事も考える必要があるだろう

こうして改めて復習してみると、オプションというものはなかなか奥が深い。
まだまだ研究する必要がありそうだ。




為替・FX ブログランキングへ
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 |
<<これからも専業個人トレーダーとして生きていくのだろうか。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | QEやツイストオペを導入した際の各通貨の反応をおさらい。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。