スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - まったりとした月末。
2013-05-24 Fri 14:59

5/27 (月) ※ロンドン、NY休場
 8:50 (JP) 
 日銀会合議事録 - ほとんど動かないが、念の為。

5/28 (火)
23:00 (US) 
 CB消費者信頼感指数 - 最近はあまり動かない、という印象。

5/29 (水)
23:00 (CA) 
 BOC会合 - 最近のCPI低下、住宅市場のクールダウンからタカ派な声明は考えにくい。
26:00 (US) 
 ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演 - 最近はFed関係者の発言に一喜一憂する相場。

5/30 (木)
10:30 (AU) 
 住宅建築許可数 - よく大幅に乖離するので、念の為に。
21:30 (US)
 GDP改定値 - 変わらず2.5%予想。改定値だが、この週で一番大きい指標。
23:00 (US) 
 中古住宅販売保留 - 動いて5、10pips程度か。

5/31 (金)
 8:30 (JP) 
 CPI - 反応には乏しいだろうが、見ておきたい。
21:30 (CA) 
 GDP m/m - あまり反応は無いだろう。
21:45 (US) 
 ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演 - 投票権が無いので、影響力は限定的。
22:42 (US) 
 シカゴPMI - 10~20pips程度は動くかも知れない。
22:55 (US) 
 ミシガン大消費者信頼感指数 - 確報値。ほとんど動く事は無いか。



来週は今週と打って変わって、ほとんど指標が無い。
月曜は英米が休場という事もあり、今週の反動で静かな週になるだろうか

今週はFed関係者の発言で一喜一憂する相場だった。
来週はハト派のローゼングレン氏中立に近いピアナルト氏が講演を行う。
後者は投票権が無く存在感も薄いのであまり注目されないだろう。
ローゼングレン氏は今年から投票権が有り、かなりのハト派で、多少注目度は上がる

ディスインフレ傾向及び住宅市場のクールダウンから、BOCが文言をタカ派に修正する可能性は低い
コモディティー安もあり、どちらかと言うと文言の修正があるなばらよりハト派寄りになるだろう
利上げ開始時期も、エコノミストやプライマリーディーラー達は2014年Q4とまた予想を遅らせた
カナダドル高になる可能性は低く、発表前からの織り込みの動きで乗ってみると面白いかも知れない
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今週の予定 - ECBとNFP。他にも盛り沢山。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 議事録・PMIウィーク。そしてバーナンキ議長の議会証言+FOMC議事録。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。