スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
遅ばせながら・・・今週の予定 - 何と言っても日銀。日銀次第。
2013-06-11 Tue 12:17


6/10 (月)
 8:50 (JP) 
 GDP二次速報値 - 前期比(q/q)は+1.0%(予想+0.9%)、前年比はなんと+4.1%(予想+3.5%)。

6/11 (火)
---- (JP) 
 日銀政策決定会合 - 固定金利方式の共通担保オペの延長の有無が焦点。
---- (JP) 
 黒田日銀総裁会見 - 概ね16時20 - 40分辺りに出てくる。
17:30 (UK) 
 鉱工業生産 - 最近だと、ある程度乖離すれば20-30pipsの動きが出る。

6/12 (水)
17:30 (UK) 
 失業率 - 最近は英雇用統計で動くことがあまり無い気がする。

6/13 (木)
 6:00 (NZ) 
 RBNZ会合 - 据え置きは間違いない。問題は為替レートについての言及。
10:10 (NZ) 
 ウィーラーRBNZ総裁議会証言 - 予算委員会での証言。
10:30 (AU) 
 新規雇用者数 - 最近はAUD売りが盛んなので、バイアスは下、サプライズとなれば上。
21:30 (US) 
 小売売上高、新規失業保険申請件数 - 動いてもせいぜい20、30pips程度か。

6/14 (金)
22:15 (US) 
 鉱工業生産 - 米の鉱工業生産なので、0.7%程度乖離しないとほとんど無風かも知れない。
22:55 (US) 
 ミシガン大学消費者信頼感指数 - 今回は速報値。



何と言っても焦点はRBNZと日銀の金融政策決定会合

RBNZは外部からも住宅市場沈静化の為の利上げを進言されてはいるが、当人達の関心はNZDだろう。
為替を不用意に上昇させるような声明が発表される可能性は低く、最近のRBNZ介入実績や関係者の
発言からすれば、最高値付近から大分下がってきたにしろNZD安を意図する可能性は高い
が、マーケットもそれを十分に織り込んでいるので、少しでもトーンが弱ければNZD高になる事も
6時以降、断続的に数分間声明が入ってくるので注意したい。

今週の最大の感心は日銀による次の一手。
固定金利方式の共通担保オペの延長の有無が焦点となっている。
シナリオとしては、下記の3パターンが想定される。
延長なし → 日経暴落、クロス円暴落、総じて過度なリスクオフへ
2年以下に延長 → 想定の範囲内。最初のアクションは買いかも知れないが、事実売りも幅広く出るか。
3年以下に延長 → 市場の期待を上回る結果として、日経・ドル円共に急騰するだろうか。不透明。
一部ではあまりイベント視していないとの声もあり、どこまで反応が出るかは正直分からない。
相変わらず期待しているのは外人勢なので、それなりに失望も好感でも反応があるのかも知れない。

今回はすんなり追加措置無し、とはいかないので、発表時間は12時台後半~13時台前半だろうか。
また今回も発表時間が遅くなれば、何も出てないのに突然の急落や急騰があるかも知れない。


さて、あと1時間程度。 ← 書いてる間にもう出ました・・・・゚・(ノД`;)・゚・
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - 6月20日、D-day。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 今週の予定 - ECBとNFP。他にも盛り沢山。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。