スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
UK CPI
2011-01-26 Wed 12:28


対象: UK GDP
予想: +0.5%
エントリー: -0.2%
結果: -0.5%
乖離: -1.0%

衝撃的な数字・・・。
+0.5%のプラス成長のはずが、寒波の影響でなのか-0.5%と、マイナス成長。
前年比で見ても1.7%で、今後の雇用統計なんかにも響きそう。
予想より-1.0%で出てきたGDPはここ最近記憶にない気がする。
リーマンショック後で、元々ブレが大きい米GDPで、最大1.4%の乖離幅。
元々ブレが少ないUKのGDPだと、0.5%がリーマンショック後で最大。

先週のCPIは前年比3.7%で、インタゲからは+0.7%乖離している状況。
このままだとスタグフレーションの懸念はかなり高まる可能性が。
そうなるとCPIの上ブレで→金利先高観には到底結びつかず、
CPI上ブレ → 長期金利上昇=英国債価格下落 → 財政懸念、景気腰折れ懸念 → ポンド売り
なんて複雑な反応になる可能性もあり、取引の観点からするとあまり好ましくはない。

MPCで何かあるとは思えないが、取り敢えずはポーゼン委員やらに注目か。
スポンサーサイト
別窓 | 指標 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<US FOMC Interest Rate on January 27th, 2011 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | AU CPI on January 25th, 2011>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。