スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
UK BOE Minutes on April 20th, 2011
2011-04-20 Wed 18:17


政策金利の票決は6-3(6-2-1)、量的緩和拡大の票決は8-1と、予想通りの結果に。
ECBに次いでの利上げも一部見込まれていたものの、「政策金利の引き上げが(消費者)信頼感に
影響する」などのハト派な文言が目立ち、10秒程度の小康状態の後に下落基調に。

取り敢えず40p程下落の後、Fiboの38.2%、28.6%、抵抗線、支持線にそれぞれ挟まれながら、
三角保ち合いを形成し、その後はやはり売り先行で下にブレイクし、更に20p程の下落。
次のFiboに移行の後、23.8%をこなして38.2%に収束する展開。
やはりFibonacci Retracementは心理が激しく交錯する相場では非常に優秀。

その後はスペイン国債オークションの好調な入札結果もあり、リスク先行ムードに。
指標相場が落ち着く目安の30分後辺りの結果としては、SMA(75)、Fiboの61.8%に落ち着く展開。

最近は英指標と豪指標くらいしか楽しみが無い。
(豪指標は参加者が少ないので売買が交錯し辛く、あまり好きではない。)
米指標は予想の範囲内が多く、加指標は動意が無い事が多い。
リーマンショック以前の、指標でガンガン動いていた頃が懐かしい(´;ω;`)
スポンサーサイト
別窓 | 指標 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一流の中央銀行とBOJ(笑) | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 相場の変動の影に - 中国投資有限責任公司(CIC)は・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。