スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 引き続き株価動向次第。
2013-06-22 Sat 13:37

6/24 (月)
17:00 (GE) 
 IFO景況感 - 事前バイアスが無い状態だとすぐ反転しやすい指標。
25:30 (US) 
 フィッシャー・ダラス連銀総裁講演 - Fedで最もタカ派。Fed関係者の発言には注意。

6/25 (火)
21:30 (US) 
 耐久財受注 - ブレが大きい指標。ここ2回は10、20pips程度の反応を見せている。
23:00 (US) 
 CB消費者信頼感指数、新築住宅販売件数 - 前者の方が影響が大きい。

6/26 (水)
21:30 (US) 
 GDP改定値 - 来週は米指標と米株次第でリスクセンチメントが決まりそう。要注意。

6/27 (木)
 7:45 (NZ) 
 貿易収支 - 10、20pipsは毎回動くが、スプレッドが固定で無いとかなり厳しい。
17:30 (UK) 
 GDP改定値 - 英GDPへの反応は大きいので、大きな値動きを期待したいところ。
21:30 (US) 
 新規失業保険申請件数、個人消費、PCEデフレータ - 小粒な指標ばかり。
23:00 (US) 
 中古住宅販売件数 - 動いても10pips程度。
25:30 (US) 
 ロックハート・アトランタ連銀総裁講演 - 中立~若干タカ派。

6/28 (金)
 8:30 (JP) 
 CPI - 反応はほとんど無いだろうが、念の為。
21:30 (CA) 
 GDP m/m - カナダ指標は最近大きな反応は無い。
22:15 (US) 
 ラッカー・リッチモンド連銀総裁 - 同氏もタカ派に属する。
22:42 (US) 
 シカゴPMI - 42分に電話会議等で会員向けに発表。すぐにtwitterで数値が出まわる。
22:55 (US) 
 ミシガン大学消費者信頼感指数 - 初動で10~15pipsの反応は出るかもしれない。
25:00 (US) 
 ピアナルト・クリーブランド連銀総裁 - 影は薄いが、Fed関係者の発言には要注意。
28:30 (US) 
 ウィリアムズ・SF連銀総裁 - ハト派。同氏もあまり注目視される事は少ない。



今週は、やはり予想された通りFOMCに振り回された週となった。
バーナンキ議長自身は慎重に発言していたが、FOMCで失業率やGDP見通しが上方修正され、
QE縮小時期や利上げ開始時期を否が応でも「早め」と市場が認識してしまい、市場は混乱した。
特にEM市場、EM通貨(EM = Emerging = 新興国)の動揺は激しく、急落する事となった。



ただ、唯一目を引くのは日経平均、TOPIX、JASDAQの日本の株式指数
世界の主要指数で週を通して上昇したのは、他にパナマと湾岸諸国の指数くらいしか無い。
この日本の株式指数がどう来週の市場全体のリスクセンチメントに影響するかは、興味深いところ。

来週の指標で注目したいのはGDP程度だが、ちょっとした失望が米株下落 → リスクオフに繋がる可能性も。
米株とリスクセンチメントに左右される週になるだろう。
あまり大きな指標は無いが、指標が大幅な下振れをした場合は特に注意したい。

指標以上に注意したいのはFed関係者の発言
少しでもQE早期縮小観測が台頭すれば大幅にリスクオフになる可能性は否定出来ない
その場合はEM通貨大幅下落(→オセアニア通貨に波及)、ドル買い、株売り、債権売り、コモディティー売りか。

先週、個人的なFOMC後の値動きの予想で見事に裏切ってくれたのは円だった
個人的にはリスクオフが円買いに波及すると予想したものの、結局USD買いがドル円急騰に繋がった
だが、ちょっとした局面でダウや日経先物が急落すると、円買いが発生するのは以前と変わっていない。
金融政策の明確な違いから、中長期で円売りには変わりないだろうが、今は難しい局面だろう。

来週リスクオフになったとしても、持続的な円買いが発生するかどうかは分からない。
特に対AUDや対EM通貨で大幅にドル買いが進んだ後なので、週初めは多少の反発も有るか。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - 米指標でFedによる混乱が収まるかどうか。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 6月20日、D-day。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。