スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ついに、世界最高峰のMT4が日本にも誕生。 → 外為ファイネスト
2011-06-22 Wed 21:15




いち投資家として、特に海外の事情を知る者として、実現したかった事。
海外のプロ投資家・法人向け一流業者のような、ECNのMT4を日本にも持ってくるという事。
レバ規制も本格的に始まる中、このまま業界が寂れていくのを見たくはなかった。
それで思いついたのが、海外にあって日本には無い、優良MT4システム。
およそ8ヶ月前に色々な業者、30~40社に声を掛けてみたが、あまりに現実は冷たかった。
最大手や、特にネオFX業者は何の返事も無く、何日経っても電話も無い。
現在のビジネスモデルが今後一層通用しなくなるのは明白なのに、真剣味が無い。
そもそも顧客の意見を聞いてくれる業者は数える程で、正直この業界の人は、あまりに無知。
どういった点で顧客が不満を持っていて、どんなサービスを待っているか、全然把握していない。
今後は成行き任せ、といった業者が大半で、これでは衰退の一方だな、と諦めていた。

結局、一言だけでも数社が返事をくれ、その中でたった一社真剣に話を聞いてくれたのが、外為ファイネスト。
Currenex Vikingを導入していて、ECNモデルなので利害の対立が無く、本社は香港で外資という事で、
社内の風通しも非常に良く、まだ大手業者では無いので、真剣味が他社とは格段に違った。
生き残りを掛けて導入すると確約してくれたので、自分としてもかなり真剣に向きあった。

単なるECNブローカーとしてMT4を導入する、という訳で無いのが凄い。
Currenexと掛け合ってくれ、約定速度を考えCurrenex公認でデータセンターを日本に置き、
Currenexのプライス(流動性も?)をブリッジでMT4に流す、という徹底振り。
MT4に少し詳しい人ならこの事実、また下記の画像がどれ程凄い事が分かるだろう。



平均12msという物理的な近さで、約定速度は今まで体験した中で最速。
オーダーの変更も実にスムーズで、デモ口座かと思う程。
スプレッドもかなり安定していて、更には要望通り通貨ペアも28種入れてくれた。
先程撮ったスクリーンショットだと、

AUD/CAD 2.2 pips  AUD/CHF 2.0 pips  AUD/JPY 1.0 pip  AUD/NZD 3.3 pips  AUD/USD 0.1 pip
CAD/CHF 2.3 pips  CAD/JPY 1.3 pips  CHF/JPY 1.4 pips  EUR/AUD 1.6 pips  EUR./CAD 1.2 pips
EUR/CHF 1.6 pips  EUR/GBP 0.4 pips  EUR/JPY 0.9 pips  EUR/NZD 4.7 pips  EUR/USD 0.4 pips
GBP/AUD 2.0 pips  GBP/CAD 3.1 pips  GBP/CHF 2.5 pips  GBP/JPY 1.8 pips  GBP/NZD 6.4 pips
GBP/USD 0.4 pips  NZD/CAD 2.3 pips  NZD/CHF 2.2 pips  NZD/JPY 1.7 pips  NZD/USD 0.6 pips
USD/CAD 0.8 pips  USD/CHF 1.1 pips  USD/JPY 0.4 pips

海外で50000ユーロ以上のプロ投資家または法人向けの業者と、同等以上の文句無しのスプレッド。
勿論手数料は外付けであるのだが、それを勘案しても世界最高峰の条件だと思う。
プライムブローカーとの話合いで長引いたりと、リリースが遅れていたのだが、出来上がると感慨深い。
仕事としてではなく、単にユーザーとして関わらせて頂いたので、非常に楽しかった。

ちなみに、条件では劣るものの、50万通貨コースだけでは無く、10万通貨、1万通貨コースも設けてくれた。
業界の人なら分かるだろうが、特にECNというのは色々なところでLiquidity ProviderやPrime Brokerへと
支払う手数料が掛かるもので、だからこそサイバーエージェントも当初は50万通貨が最低ラインだった。
そこのギリギリのラインで、何とか1万通貨コースも設けてくれたので、是非色々な方に使って頂きたい。
ちなみに、まだ変更の可能性があるものの、各コースの詳細は以下の通り。

50万通貨コース
→上記のスプレッド
→手数料は片道0.0035% (往復0.4~0.9 pips程度。ドル円だと今は0.56pips位。通貨によって異なる。)
→キャッシュバック検討中
→50万通貨以上は、51万通貨、52万通貨など、1万通貨単位で上下可能。

10万通貨コース
→上記のスプレッド
→手数料は片道0.005% (往復0.6~1.3 pips程度。ドル円だと今は0.8pips位。通貨によって異なる。)
→キャッシュバック検討中 
→10万通貨からで、1万通貨単位で上下。

1万通貨コース
→若干広げて固定するか、若干広げて可変か、現時点では不明。
→手数料は不明で、手数料内包式も検討中。

既に50万通貨コースは1ヶ月以上前からプレリリース段階。
10万通貨コースもあと数日でプレリリースが可能になる模様。
もしいち早く使いたい方は、外為ファイネストに是非問い合わせを。
恐らく黒猫アイランドのブログを見たと言えば、使わせてくれるはず。

それにしても、これ程のシステムと条件にするには、知らないところで多大な努力があったのだと思う。
香港の本社のCEOの方、それに日本の外為ファイネストの代表の方には頭が下がるばかり。
これで、日本でも本格的にシストレが流行り、貴社を筆頭に、FX業界もまた盛況になる事を願います。

完成祝いでその内また飲みに誘って下さい・・・(`・ω・´)



スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ブローカー募集 ~ Currenex以外のECNプラットホーム | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | UK BOE Minutes on June 22th, 2011>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。