スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ブローカー募集 ~ Currenex以外のECNプラットホーム
2011-07-03 Sun 12:54





個人投資家の間で有名なECNプラットホームといえば、間違いなくCurrenex。
確かに個人にも浸透するだけあって、ClassicもVikingも扱いやすいと思う。
けれども、流動性の面などでは、ECNシステムでは一番とは言えない点も多い。
例えば流動性の扱い(流動性の追加のしやすさ)や、システムの軽さ。
Classicは軽いとは思うが、接続が不安定な面が多いし、Vikingはトランザクションが多いと重くなる事もある。

そういった事に対応する為に、APIに繋ぐという方法がある。
が、Currenex Classicを採用している某業者は、APIを公開する気配が全く無い。
顧客対応も?だし、スプレッドと流動性も以前より悪いらしい。
LCG、PFG BEST、Hantec AUのCurrenex Classicは、とっくにあんな古いバージョンからアップデートしている。
他のブローカーも、未だにあのバージョンを使用しているところが他にあるかどうか。
散々言っても未だにOCOオーダーを実装しないとなると、システム運用だけで精一杯で、手が回らないか、
それか普通の低スプレッドのOTCシステムの方が利益が出るから、Classicの顧客はどうでも良いのだろう。
未だに低スプレッドで顧客を集め、マリー等で利益を出すしか脳が無い、本邦FX業界。
そのビジネスモデルが果たしていつまで続くかどうか。
業界取引高の上位数社は残るかもしれないが、8月以降のそういった業者各社の業績が楽しみなところ。

ECN=Currenexだけではなく、他にも色々ある。
EBS、Hotspot、Lucid、Liquidus、Integral、Fxall、LavaFX、BAXTER、360T、FX CONNECT・・・etc。
一時期人気だった?Hotspotはプラットホームとしては古いし使いづらい。
EBSは使った事がないが、見る限りは使いづらいタイプのプラットホーム。
EBS、Lucid、Luquidus、LavaFX、BAXTER、FX CONNECTあたりは、見る限り流動性もいまいち。

残るは2つ、IntegralとFXall。
IntegralはNord FXやFinFx、それにODLなんかが扱っている。
FXCMと合併予定のODLJが扱っているのかは不明。
Integralのプラットホーム(Power Trader?)は、かつてひまわり証券子会社のFX-ZEROが扱っていたものの、
せっかくのECNシステムをリテール向けにした残念なもので、レスポンスも約定もスプレッドも悪かった。
正式なIntegral社のECNシステム、True FXであれば、約定は早いし、システムはかなり軽い。
APIに繋ぐ事は勿論可能で、流動性もEUR/USDで0.4-0.7pipsで10mil.はある。
Currenexよりも条件もシステムも良い、今の世代のECNプラットホーム。
リテール向けブローカーは未だにCurrenexばかり扱っている。
(勿論例外はあるもので、ブローカーとの交渉次第でCurrenex以外でも取引出来るところもあるが。)
低スプレッドで客を集めるネオFXはまだ淘汰されるだろうし、どこか扱うところが出てこないだろうか。
公式のPartner Listには載っていない海外大手業者で、White Labelであればすぐにでも、手数料も
結構良い条件で日本に持ち込む事も出来ると仰っているところがあるので、今後をしっかりと見据えた
業者で、ある程度体力もあるのであれば、是非手を挙げて欲しいところ。

FXallは扱っているところは聞いた事がない。
vCAPというメジャーなECNは全て扱っている海外業者があるが、信頼出来るかどうかは分からない。
情報端末を提供しているQuickも扱っているみたいだが、それ以外は目ぼしい情報は無い。
ただし、銀行間でのシェアは結構あるようで、画像を見る限りは流動性が物凄い。
上の画像がFXallで、下がIntegralのTrue FX。
EUR/JPYがBest Offer/Bidが1.1pipsで流動性が10.0 mil. / 17.0 mil.
EUR/USDは0.2pipsで流動性は16.0 mil. / 22.0 mil.
USD/CADでさえ0.4pipsで10.0 mil. / 17.0mil.と、圧巻としか言い様が無い。
これで手数料が$40-$60/mil.程度であれば、凄い条件だと思う。
画像の掲載元のBeverly Hills Capitalというところが信頼の置けるブローカーかどうかは差し置いて。
FXallも、海外の実績のある大手業者のWLであれば、扱う事はすぐに可能だと思う。
(流動性については、どれ程出せるかは現在確認中。)

今後の税制や国際送金の手間を考えると、やはり国内で取引を行いたいところ。
先を見据えて、FXallを取り扱っても良いというブローカー、いませんか?
国内だと少ないパイの奪い合いだろうし、リテールブローカーでそんな優しいところ、有る訳ないかな・・・




スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大口向け・・・? | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | ついに、世界最高峰のMT4が日本にも誕生。 → 外為ファイネスト>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。