スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 米指標でFedによる混乱が収まるかどうか。
2013-06-28 Fri 17:51


7/1 (月)
 8:50 (JP) 
 日銀短観・大企業 - 上振れで初動が円買い、その後円安など、複雑な動きになる可能性。
10:00 (CN) 
 中国オフィシャル製造業PMI - 一層中国経済への懸念が高まっており、反応は大きいか。
10:45 (CN) 
 HSBC製造業PMI - 上記と同様だが、改定値な分値動きは少ないだろう。
16:13 (SP) 
 スペイン製造業PMI - 余程乖離が大きくないと今はあまり注目されないだろう。
16:43 (IT)  
 イタリア製造業PMI - 同上。
16:48 (FR)
 フランス製造業PMI改定値 - 独仏は改定値なので、やはり値動きは比較的小さめに。
16:53 (GE) 
 ドイツ製造業PMI改定値 - ここ2ヶ月程はPMIの反応が鈍いように感じる。
17:28 (UK) 
 英製造業PMI - 最近、英指標は比較的反応が大きいというイメージ。
23:00 (US) 
 ISM製造業 - 今は何と言っても米指標。反応は大きいだろう。

7/2 (火)
13:30 (AU) 
 RBA会合 - 今のところ利下げ予想は3/28人。4大豪銀は据え置き予想もGSは利下げ予想。
25:30 (US) 
 ダドリーNY連銀総裁講演 - 今週、Fed関係者の発言はあまり影響は無かったが、一応。

7/3 (水)
10:30 (AU) 
 貿易収支小売売上高 - 中国経済への懸念を考えると、貿易収支もかなり重要。
16:53 (GE) 
 ドイツサービス業PMI改定値 - 改定値でサービス業なので、ほとんど影響は無いか。
17:28 (UK) 
 英サービス業PMI - 最近の英指標だとやはり20、30pips程度の反応が見込めそう。
21:15 (US) 
 ADP雇用統計 - 大体、毎回ある程度(20、30pips)の反応は見られるが、かなり戻しやすい。
21:30 (US) 
 貿易収支、新規失業保険申請件数 - 多少の反応はあるだろう。
23:00 (US) 
 ISMサービス業 - NFPとの相関性が高いISMサービス業・雇用指数には注目。

7/4 (木)
10:30 (AU) 
 住宅建築許可数 - ブレが激しい指標。その為、AUDに影響が出る事も。
20:00 (UK) 
 BOE会合 - 金利、QE枠共に100%据え置き予想。ほとんど動かないだろう。
20:45 (EU) 
 ECB政策金利 - refi金利、中銀預金金利共に利下げ予想は皆無。
21:30 (EU) 
 ドラギECB総裁会見 - 今回はあまり注目されていないが、いつも通り動きは大きいはず。

7/5 (金)
21:30 (US) 
 NFP失業率 - QE縮小の時期に大きく影響する為、かなり大きな動きが見込まれる。
 〃 (CA) 
 雇用ネット変化率 - また米NFPと同時発表。無視するしか無い。



一番動きが大きい、第一週目。
第3四半期の開始という事もあり、一層値動きが大きくなるかもしれない。

RBAは3/28人(11%)だけが利下げ予想
4大豪銀は全て据え置き予想だが、よく当たるゴールドマン・サックスが利下げ予想なのは気になる。
先月の会合から、未だにRBAは過度にハト派、という印象は拭えない。
少しでもハト派の程度が緩んだと捉えられれば、AUDが戻す事になるだろうが、最近一層中国経済への
懸念が高まった事は誰もが知る所で、経済の下押しに備え、一段のAUD安の為にハト派姿勢はブレないか。

英、欧州中銀は特段の変更が予想されていない。
今回からはカナダ中銀のカーニー氏がBOE総裁となるが、実につまらないデビューになりそう
ECBもマイナス金利やABS購入に関して、またイタリアがユーロ加盟の際にデリバティブ取引を利用して
対GDP比債務を圧縮したとの報道など、見どころはあるが相場を急変させるような材料は少なそう
ただ毎回のようにECBスタッフの見通し等で相場が動く事は間違いないので、絶好のスキャル機会にはなる。

月曜日には3ヶ月に一度の日銀短観が発表されるが、これまた難しい動きになりそう
短観(大企業)が良ければ普通は円買いとなるが、株高への思惑ですぐに反転・円安になる可能性も。

米指標も同様で、NFPが良かったとすればQE早期縮小観測が醸成され米株が崩れるかも知れない。
また、上振れで米債利回りが高騰し、それが米株に悪影響を及ぼし、リスクオフで円買いの可能性もある。
どちらにしろ、円絡みはなかなか手が出しづらい事は確か

NFP上振れ = 米債利回り高騰・QE早期縮小観測 = USD買い

この図式がすんなりと当てはまるのはドル円以外のドルストレートになりそうで、
EURGBPAUDNZDあたりをトレードするのが無難ではないだろうか。
特に、RBA会合やECB会合で金利先安感が出てくれば、それらの通貨でUSD買いが良いのかも知れない。

先月のNFPはとにかく訳の分からない反応で、大幅に上昇したかと思ったら一転95円割
その後95円割れ~最初に上昇したポイントまでの2倍の値幅を戻す事となり、結果3円近い値動きとなった。
(一番上のチャートを参照。)
今回はそこまで複雑な動きは出ないとは思われるが、NFP上振れや下振れがどうQE縮小観測に
結びつき、それが特にドル円に影響するのかは市場のみ知るところなので、覚悟して臨みたい。
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週の予定 - まだ市場の関心はQE縮小の時期。FOMC議事録と議長講演に注目。 | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - 引き続き株価動向次第。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。