スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
日本とカナダの差。
2011-09-05 Mon 03:38


失われた20年の最中を彷徨っている日本と、片や安定して成長を続けているカナダ。
GDPで見れば日本は世界3位、カナダは世界11位で日本が上回ってはいるが、国力、違う言葉で
言うならば、勢いがある国として選ばれるのであれば、間違いなくカナダの方が勢いはあるだろう。
一体何が違うのだろうか。

州間の対立が度々あるものの、政治は安定しており、軍事力もまあまあ、経済の規模は比較的大きく
安定して成長しており、国土は世界で2番目に広く、その分資源も多く、教育水準は高い。
一方日本と言えば、常に政治不安、政治不信が付き纏い、軍事力はあるものの行動力は著しく制限されており、
経済力はあれど規模は目下停滞&縮小中(名目GDP)、エネルギー資源も乏しい。

学力=知識量というのであれば、学力は日本の方が上だろう。
実際、中高生の学習内容を見れば、日本の中高の方が、内容としては比較的難しいし、学ぶ時期も早い。
だが、応用力や発信力、論理的思考やIdentityの確立といった、教育の質については、カナダには勝てない。
カナダの高校を卒業する際ほとんどの州で、Provincial Examと言って、州立試験にパスする事が求められる。
だからこそ、公立高校のレベルはほぼ一定で、更にはかなり高い水準にある。
大学は国土の割に然程多くはなく、その分競争率も競争力も高い。
高校からダイレクトに大学に入るには、少なくとも10段階中8、または9は必要になる。(avr. ≒ or > A- in GPA )
その過程で脱落者も多いが、転入制も根付いていて、Community Collegeが補完している。
また大抵の場合は単位制が多く、履修さえすれば飛び級も簡単で、高校生でも大学のプログラムを受けれる。

上のProvincial Exam(BC州)と、日本のセンター試験を比較すると面白い。





特に数学や物理など、内容自体は日本のセンター試験の方が難しいかも知れない。
だが、設問の内容が全くと言っていい程異なるのが分かるかと思う。
センター試験はほぼ選択式なのに対して、Prov. Examは数学も含め20-50%程度は記述式になっている。
TOEFLでもそうだが、限られた時間でその場で与えられた物に対して、文章を書くというのが非常に多い。
Math 12のテストのように、公式表が付いていて、更には関数電卓の持ち込みもOK、ただし途中式も重要で
記述する問題もあるという、日本では考えられないようなテストがカナダでは当たり前になっている。
つまりは、知識を詰め込んだだけでは然程通用しない、という考え方なのかも知れない。

どちらが良いのか、というのは一概には言えないが、教育現場を見れば明らかだと思う。
高校から落第する生徒も結構居て、マリファナやタバコが高校生にも蔓延していはいるものの、
毎日、毎週課題を与えられて、毎日出席して勉強して、放課後は勉強をして週末には何時間も
課題に費やす、というのが当たり前のカナダの環境だと、生徒自身の勉強に対する姿勢も日本とは違う。
カナダでは高校、大学=出席をして課題を提出し、QuizやExamで良い点を取りつつ遊ぶ場、で、
日本の大学のように、受かって入学して、バイトして遊んで寝る場所、という認識はほとんど無い。
(勿論大学間での格差はあるだろうが。)
そもそも、大学=楽しいが辛くて過酷な場所というのが当たり前で、大学=サークル、ゼミ、遊び、では無い。

教育の過程で、自ら学んで積極的に授業に参加し、論理的に考え自分の意見を述べる、という事を学ぶ。
それを経験し、高校のハードな教育に耐え、難関な大学に入学し卒業するからこそ、その後社会に出ても
自ら学んで自分の意見を積極的に言い、またそれによってIdentityも確立されるのではないだろうか。
よく日本人は自分の意見が無いと言うが、本当に無いのか、それか学んで考えるプロセスが面倒なのだろう。
FXでも安易に他人に頼ろうとするから、詐欺紛いのセミナー屋が蔓延り、安易に手を出す人が増えている。
日本で投資が一向に普及せず、投資=博打、投資家=ギャンブラー、という社会的な認識が未だに有り、
更には投資関係のサイトはアフィリエイトや詐欺まがいのものばかりで、Forex TSDなどの建設的な
議論を出来るサイトがほとんど無い、というのは、そこらへんに起因しているのではないだろうか。

自ら学んで考えるプロセスに対して怠慢だから画一性を望むし、出る杭は打たれ、更に内向きになる。
そうやって教育分野で国力が衰退すれば、他の分野に波及するのは当然で、全体的に国力は落ちる。
経済は一向に成長せず、安易な言葉に騙されて政治家を選ぶ訳だから、当然政治も停滞する。
そうやって悪循環に陥っているのが現在の日本なんだと思う。
高校や大学で競争や落第があまり無く、甘えてても卒業出来る教育環境ならば、人が育つはずが無い。
教育面を抜本的に変えられる、強力なリーダーシップを持った政治家が出てこない限り、日本の復活も無い。


と真面目に考えた週末だったが、それよりも今日の17:28~のポンド相場の方が勿論気になるw
変化が歓迎されない日本で、そうそう日本の教育システムが抜本的に変わる事は無いだろうし。
それより、何回か意見を送っても返事の無いTim Hortons、いい加減日本進出考えて下さい(´・ω・`;)
CAD$1程度で飲めたあのカプチーノ、懐かしい・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<記念に・・・F**k you SNB | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 今まで試した海外業者・・・(デモ含む)>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。