スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
とある大手のCurrenex Classic
2011-10-13 Thu 21:21


NYのCurrenexのデータセンターまでは平均335msで、今Currenex Classicの通信速度見たら860ms(笑)
どれだけこれで損させられてるんだろう。
そもそもデータセンターまで335msで、倍以上になるって何が悪いんだか。
335msもびっくりで、TTLの初期値が225として、ルータを16台経由してると335msも掛かるものなの・・・かな?
そこらへんはこういった事には詳しく無いので、全然分からない(´・ω・`;)
極東の島国へのCurrenexのインフラはまだまだ未発達。
(今後近いうちに劇的に改善する可能性有り。)

せめてAPIでも許可してくれれば良いのに、何故許可もせず、OCOすら実装しないのか。
とプログラマーに聞いた所、詰まる所はやましい事があるんじゃないか、と(笑)
APIでアクセス出来れば、API無しでのレートと比較し、その会社がどんなmanipulationをしているかが分かる。
手数料無料の裏側にあるものがバレるから、APIも出さない、というのは一番しっくりと来る説明。
OCOですらプラットホームに備えられないのは、単なる怠慢以外何も無い。

最近増えているECN、特にECN-MT4だが、実際は様々な工作がしてあるケースが多い、とも聞く。
ECNだからと言って、安易に信頼出来るとは言えない。
外為ファイネストは、どこの銀行からどんなプライスで出ているかも見せてもらっていて、
全て包み隠さず話してくれるので、Currenex Viking、MT4、その他も色々と頑張ってほしいところ。
特に50万通貨コースは最上級のコストを誇るので、是非ブリッジ等の改善を図って頂きたい。
今後の一層の躍進に期待。

蚊帳の外な感じのディールFXは、いまいちターゲット層が分からない。
Currenex Vikingで固定スプレッドにしているのは凄いと思うが、それならばCurrenexにする意味が無い。
更には数量も300万通貨までで、一部の大口客に取っては大変不便。
300万通貨まででECNでは無くOTCならば、多分クリック証券やDMM証券の方が有利だと思う。
ディールFXをどんどん劣化させた意味が全く持って理解出来ない。
一言で言うならば、誰得?

最近は新規参入が無いので、是非既存の業者には頑張って頂きたい。
知恵を出せばまだまだ顧客が望むサービスで実現出来るものはあると思う。
・・・リスク取って稼いでる業者は、半年後、一年後に一体何社が残っているのだろうか。


スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<久々にときめいた | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 水面下では着々と危機は進行中。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。