スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
中東レートに御注意を → Forex-markets.com
2011-10-31 Mon 21:44


2ちゃんねるの市況2で噂されている、いわゆる中東レート。
解説だと何故かAbu Dhabi市場のレートと言われている代物。
何故か土日は大人気(笑)

土日のギャップについて、どういう根拠があって生成されているのかが未だに分からない。
中東では土日も市場が開いているから、という理由だけで、特段材料が無かったドル円が下オープン。
中東市場でそこまで下がったから、と言うだけでオープンレートが決まる訳でも無いだろうし。
土日に持ち込まれた大口のリーブオーダー+中東の需要だけ?
レートの生成方法は各行違うと思うが、一体どういう根拠に基づいているんだろうか?

ただ、このForex-markets.comが中東のAbu Dhabi市場のレートだという根拠は一つも無い。
Contactのところからメールを送ってみると、案の定Return Mailで返ってきた。
更には表記のスペイン・バルセロナの住所を見てみると、



Regusという名の古いビジネスホテルらしい(笑)
ここのwhoisを見ると、訪問者は圧倒的に日本人が多いらしい。
サーバーはアメリカ。
別のwhoisを見てみると、Hamilton, BE・・・・BE?
Bermuda=イギリス領バミューダ島(笑),
もはやこれ以上の追求はいらないだろう。

最後に、Contributorの欄を見ると、一層怪しさが分かると思う。
RTFX = Realtime Forex
MBT = MB Trading
WBLT = Windsor Broker
UBSW = UBS
DRES = Dresdner Kleinwort
NORD = 多分Nord FXかNord Markets
EUAM = Tenfore Synthetic Symbol
MIGF = MIG Financial SA
SAXO = SAXO Bank

上記の面々は、中東とは全く関係無く、なんらかの形でECNに関わりのある業者に見える。
となると、もし土日にレートが変動しているのであれば、それらの業者のリーブオーダーを反映しているのか、
それか単に遊び程度のつもりで変動させている、程度のレートとして考えた方が良いのではないだろうか。

慣れ親しんだ中東レートだったが、結局は都市伝説だったなんて・・・。

最後に、土日のレート生成について信頼の出来る情報求めてます。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゲオルギオス・アンドレアス・パパンドレウ | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | Credit Crunch後のクロス円とバブル崩壊後の日経平均>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。