スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
落合博満とトレード
2011-11-30 Wed 05:10


近年、西武の黄金期を支えた森祇晶以来の名将だったであろう、落合博満。
彼の名言はほとんど、トレードにも、仕事にも通ずるものがある。


    →ド派手なトレードよりも、当たり前に勝てるトレードや堅実な損切りを普通にやるのが一番。

    →自分の個性を知り、それにあったトレード方法をすれば良い。

    →ポジショントレードからスイング、デイ、スキャルピングまで全てをやる必要は無い。

    →トレードでは己が全てで、個人の場合は全ての事を能動的にやらなくてはならない。
    つまり、自分自身が指導者であり、選手。
    例え負け続けても大幅にアゲインストでも、自分のトレードを放棄せず責任を持ち、
    日頃からきちんと頭で考えてトレードする習慣が無ければならない。

    →知り合いでも、稼いでいる人=頭が良い・天才では無く、得てして能動的に実行する人が成功している。

    →頭で考える事も、リスクを想定する事も無くトレードする人は、ダメなトレーダー。
    一時大きく稼げても、それが長続きする事はまず無い。

    →理論武装しようが、稼ぐ事がトレードに置いて何よりの本質。
スキャルでも、デイトレでも、シストレでもトラリピでさえも、自分に合っていて成功すればそれが正解。
スプレッドを考慮してスキャルピングが如何に無駄な取引かを論じられても、それで成功すればそれが正解。

    →悔しい時に悔しいと思える心、失敗から学ぶ事、考える事が大事。



チャートを見たり、セミナーに行ったり、ブルームバーグを見ただけで、やったつもりになるのは実に簡単。
けれども、実はそういった便利な物が、トレーダーに必要な能動性と分析力の妨げになっている事が多々ある。
商材やセミナーに対して、どうやってエントリー・イグジットして、どう利益を上げるか、という100%固定化された
手法を求めるトレーダーが多いのは残念な事だが、実際重要なのはそこに至るまでのプロセス。
What for、When・Where at、Which currency pair、Why、そしてHow、という事。
(Whoは、個人投資家であれば自分しか居ないので省略。
例えば、何故この条件でエントリーするか、いつどこでエントリーするか、このインジケータは何の為のもので、
相場のどういった具合を現しているのか、どの通貨なのか、そしてどうやってエントリーをするか、といった具合。

考えるというプロセスは実に面倒なものだし、刻一刻と動いている相場ではその隙はなかなか無いし、
そもそも自ら考え、自身を律しながらトレードするという事は尋常ではない程疲れるものだ。
だけれども、それが成功への近道なのは落合氏が言う通り、間違えの無い事実。
たまに、何故ブログをやるかと聞かれる事があるが、僕自身も毎日毎日勉強の身で、天才とは違い
覚えが悪いので、こうやって文章にする事で考え、自らの物にしようという努力の一つという事でやっている。
それでも、なかなか身に付く物では無いから、継続的に反復するしか方法が無い。

最後に、また別の意味で納得し、実践しようと思った落合氏の名言と、2ちゃんねるの有名なコピペを。


超お金持ちで、顔もかなりいい男と3年近く付き合ってた。
ある日、大切な話があるといって呼び出され、「ついにプロポーズかな?」と胸をトキメかせたものの、
いつもは高級レストランなのに、その日はなぜかファミレス。
他愛もない話を少しして、彼が突然こう切り出してきた。
「実は事業が失敗して、かなりの額の借金を抱えてしまったんだ。」
幸せ一杯だった私の頭はパニックを起こし、それ以降の彼の言葉を全然覚えてないよ。
帰宅後、彼から電話があり、これからも変わらず付き合っていけるよね?と聞かれたけど、私はなんだか怖くなって
「今は私のことより事業を立て直すことに専念して欲しい」と思わず言っちゃった。
それ以降彼とは疎遠になり、結局別れてしまった。
それから2年くらいして、友達からその彼が結婚したのを聞いた。
それよりショックだったのは、彼の事業は順調そのもので失敗などしていないと聞いたことだった。
私もしかして試されてたのかな?(つд∩) ウエーン
好きだったのに、どーして支えてあげようと思わなかったんだろ。
でも、こんなのってヒドイよ!
スポンサーサイト
別窓 | 相場アプローチ法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Perhaps our paths will cross again. | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | ECB - Exclusive Credit Buyer>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。