スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
来週の予定 - 月半ばなのに忙しい週。FRB議長証言に参院選。
2013-07-14 Sun 13:16


7/15 (月) ※東京休場
11:00 (CN) 
 GDP、鉱工業生産、固定資産投資、小売売上高 - GDPへの注目がかなり大きい。
21:00 (US) 
 タルーロ理事講演 - Fed関係者の発言には未だ市場は過敏なので念の為。
21:30 (US) 
 NY連銀製造業景気指数小売売上高 - 前者は乖離が大きく、後者はより重要。難しい。
24:00 (EU) 
 アスムセンECB専務理事講演 - 先週、市場を混乱させた人物。なので一応。

7/16 (火)
 7:45 (NZ) 
 CPI q/q - 平均的に0.2、0.3%乖離する事が多く、NZDも動く事が多い。
10:30 (AU) 
 RBA議事録 - 前回、結果としてAUDが大きく下落した際の議事録。
17:30 (UK) 
 CPI y/y - 最近の英指標は素直に反応する事が多い、という印象。
18:00 (GE) 
 ZEW景況感 - 順張りはほぼ厳禁と言っても良い指標。大抵はすぐ反転する。
21:30 (US) 
 CPI - ブレは少ないが、ブレるとQE縮小への思惑から大きく動く可能性はある。
22:15 (US) 
 鉱工業生産 - 市場が荒れていなければ、0.7%程度の乖離でないと動かないか。
27:15 (US) 
 ジョージ・カンザスシティ連銀総裁講演 - 引き続きFed関係者の発言には注意を払いたい。

7/17 (水)
17:30 (UK) 
 失業率MPC議事録 - 声明を発表してGBPが大きく下落した際の議事録。要注意。
21:30 (US) 
 住宅着工件数、建築許可件数 - バーナンキ議長証言を控え、然程重要では無い。
23:00 (US) 
 バーナンキ議長証言 - 23時きっかりにテキストが出る。その後質疑応答も。
                                           ※21:30 事前公表に変更
 〃 (CA) 
 BOC会合 - 重要だが、バーナンキ議長の議会証言に世界は釘付けなはず。
24:15 (CA) 
 ポロズBOC総裁会見 - BOC会合の金融政策レポートに関しての会見。重要。
25:30 (US) 
 ラスキンFRB理事講演 - 理事にまで注意を払うかは悩みどころだが、注意して損はない。
27:00 (US) 
 ベージュ・ブック - 元々インパクトは弱い指標。無理に起きている必要は無い。

7/18 (木)
16:00 (EU) 
 アスムセンECB専務理事講演 - 今週2回目。この時点ではほぼ重要視されないとは思うが。
17:30 (UK) 
 小売売上高 - 最近は大幅にブレる事が多い。直近半年の平均振れ幅はなんと0.92(%)。
21:30 (US) 
 失業保険申請件数 - 多少動く程度だろう。
23:00 (US) 
 バーナンキ議長証言 - この日は上院に向けての証言。恐らくテキストは同じ。
 〃 (US) 
 フィラデルフィア連銀製造業景況指数 - テキストが同じであれば、こっちが注目される。

7/19 (金)
21:30 (CA) 
 CPI - カナダ指標は事前の動きに乗るだけ。

※7/21 (日) 参議院選挙



月の半ばでこれだけ忙しい週は珍しい
各種指標に相次ぐ要人発言、更には週末のG20に日本の参議院選挙。
短期的に大きく振り回される可能性が大きいので、リスクは抑えめにしてスキャル~デイに徹するべきだろう。

週の初めから中国のGDPが発表され、AUDJPYには大きく影響が出る。
中国指標ではあるが、リスクオフが円買いに波及する可能性はかなり高い
海の日で東京が休場な事から、一層突発的な動きには注意したい。

RBA議事録MPC議事録にも注意が必要。
今月のRBA会合でのAUD下落は、個人的にはEUR/AUDに引っ張られただけに見えた。
今回のRBA議事録も内容云々よりもEUR/AUDに引っ張られる形でAUD全体が動く事になるだろう。
BOEのMPC議事録は、カーニー体制になって初の、しかも声明で度肝を抜かれた際の議事録。
同氏の投票行動で大きくGBPが動くはずで、追加緩和や長期金利上昇に関しての議論も気になる

この週の市場の最大の関心はバーナンキ議長の議会証言だろう。
いつも通り、23時きっかりにテキストが流れその後質疑応答の運びとなる。
事前情報では、どれ程早いペースでQEを縮小させるのかという質問が出る可能性が高いとの事。
なのでテキストだけでは無く、質疑応答にも注目せざるを得ない。
最近はFed関係者の発言等で毎週大荒れとなっているので、また今回も派手に動くだろう。

最後に、7/21(日)には日本の参議院選挙が行われる。 ※投票にはなるべく行きましょう。
自公での過半数獲得は規定路線で織り込み済みだろうが、自民単独での過半数獲得はサプライズだ。
仮に自公で過半数ならば事実売りの可能性も高いだろうが、自民単独過半数は大きく円売りもある。
その次の週の早朝のマーケットで大きく動く事となるので、ポジションの持ち越しは注意したい
スポンサーサイト
別窓 | 来週の予定 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<投資本を買い漁る人に伝えたい事 - 続マーケットの魔術師より | 経済指標研究所 by 黒猫アイランド | 来週の予定 - まだ市場の関心はQE縮小の時期。FOMC議事録と議長講演に注目。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| 経済指標研究所 by 黒猫アイランド |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。